雑草図鑑(13選)イネ科など夏〜秋によく見る雑草の特徴・見分け方!

雑草図鑑(13選)イネ科など夏〜秋によく見る雑草の特徴・見分け方!

秋になると道端や庭に生えている雑草は穂がでたりと姿がかわってきます。皆さんは普段見るけど、それがどんな雑草の種類どのくらい分かりますか?この記事では秋に見かけやすいイネ科の種類を中心に特徴と見分けるポイントについて解説していきます。

記事の目次

  1. 1.はじめに
  2. 2.雑草の見分け方のポイント
  3. 3.よく見る雑草の種類図鑑①オヒシバ
  4. 4.よく見る雑草の種類図鑑②メヒシバ
  5. 5.よく見る雑草の種類図鑑③アメリカスズメノヒエ
  6. 6.よく見る雑草の種類図鑑④シマスズメノヒエ
  7. 7.よく見る雑草の種類図鑑⑤ネズミノオ
  8. 8.よく見る雑草の種類図鑑⑥メリケンカルカヤ
  9. 9.よく見る雑草の種類図鑑⑦ニワホコリ
  10. 10.よく見る雑草の種類図鑑⑧セイバンモロコシ
  11. 11.よく見る雑草の種類図鑑⑨ススキ
  12. 12.よく見る雑草の種類図鑑⑩オギ
  13. 13.よく見る雑草の種類図鑑⑪ダンチク
  14. 14.よく見る雑草の種類図鑑⑫エノコログサ
  15. 15.よく見る雑草の種類図鑑⑬チカラシバ
  16. 16.まとめ

はじめに

セイバンモロコシ

暑い夏が終わり涼しい秋がやってくると、道路わきの雑草たちに変化が訪れてきます。冬に備えて休眠するもの、秋に彩りを添えるもの、夏の勢いが衰えて枯れていくものと、その姿はさまざまです。今回はその中でも、穂が特徴のイネ科雑草に焦点をあわせて、秋によく見かける雑草種について紹介していきます。

ボタニ子

ボタニ子

いつもみかける雑草の名前を知れるチャンスだね!!

雑草の見分け方のポイント

イネ科草本類の植物は、葉っぱが縦の葉脈しかない単子葉で、太い根っこがないひげ根であり、一般的なお花ではなく穂をつける植物です。比較的、他の植物と区別がつけやすく、穂や葉の形状的特徴を覚えておけば見分けが付けられます。ここでは、種類の特定をするためにおさえておくポイントについて解説します。

見分け方のポイント①穂の形

イネ科は春もしくは秋になると、出穂して小穂をつけだします。穂の見分け方のポイントは以下のとおりです。

茎からの枝分かれ方で見分ける

穂が付く茎(花茎)から、どのように枝分かれして穂がつくかで種類を見分けられます。花茎に直接つくもの、円柱状や円錐状など立体的に枝分かれするもの、平面上につけるものなどあります。

小穂についた毛で見分ける

麦
Photo byMabelAmber

小穂につく毛のことを芒(のぎ)といい、一部のイネ科雑草のもじゃもじゃ感を醸し出すのに一役買っています。ある種とない種がはっきりしているため、見分ける重要な要素になります。

見分け方のポイント②葉

イネ科の葉は、一見同じような形に見えますが、以下のポイントを踏まえれば区別しやすくなります。

葉脈で見分ける

イネ科雑草の真ん中の葉脈(主脈)は、白くがはっきりしたものや、ほとんどわからないものがあります。また、葉の表面がテカテカと光沢があるかどうかも種類によって異なります。

葉耳で見分ける

草耳

葉っぱと茎のつなぎ目部分を葉耳といい、この部分に細い毛が生えていることがあります。特定が難しい雑草はこの毛があるかないかで見分けることができます。

見分け方のポイント③茎

イネ科雑草の茎は、穂が出てない時に雑草を特定するのに役立ちます。難しそうですが、以下のポイントは比較的初心者でも分かりやすいです。

茎の形で見分ける

断面

イネ科雑草は根っこに近い部分の茎の形でふたつに分けられます。手で触って丸みを帯びたものと、平べったいものがあります。花茎は、丸いことが多いため間違いに注意してください。

地下茎で見分ける

地下茎

イネ科雑草は、地中に這わせた茎(地下茎)をつくる種類と株をつくり叢生する種類がいます。上から見て円上に葉や茎がでていれば株をつくる種類です。穂が列をなして地面からでている場合は地下茎を出す種類であることが多いです。

よく見る雑草の種類図鑑①オヒシバ

オヒシバ

基本情報

学名 Eleusine Gaertner
英名 Goosegrassグースグラス
分類 オヒシバ属
形態 一年草
開花期 8月~10月
分布 本州・四国・九州、全世界の暖地

特徴

オヒシバは草丈20~50cmほどの道端などいたるところで見かける夏の雑草です。別名「力草」といわれ、株をつくると手ではなかなか抜けないたくましい雑草です。踏みつけに非常に強く、グラウンドや道にも平気で生育する、雑草魂の言葉どおりの植物です。オヒシバの仲間には幻の雑穀として利用されているシコクビエがあります。

オヒシバとは?その特徴や防除方法をご紹介!食べることはできる? | BOTANICA
夏の代表的雑草であるオヒシバ。オヒシバは非常に繁殖力が高く、道端や公園などのあらゆる場所でみかける雑草です。この記事では、オヒシバという雑草の特徴やよく似ているメヒシバとの違い、茂ってしまったときの対策、そしてオヒシバの食用についてまとめています。

見分け方

オヒシバ拡大

オヒシバは枝を斜め上向きに2~6個つけ、風で裏返った傘の骨組みのような形になります。小穂は、枝の片側に2列に連なってついてるため、穂を上からみるとゴカイやワームなどの節足動物のようにみえます。

よく見る雑草の種類図鑑②メヒシバ

メヒシバ

基本情報

学名 Digitaria sanaginalis
英名 Fingergrassフィンガーグラス
分類 メヒシバ属
形態 一年草
開花期 7月~11月
分布 北海道から九州、全世界の温帯から熱帯

特徴

メヒシバは、道路脇や空き地では必ずといってもいいほど見かけるやや背の低い雑草です。先ほど紹介したオヒシバに比べると、ほっそりとした印象を受けるため、メヒシバと呼ばれるようになりました。メヒシバにはしっかり根を張る力強さはありませんが、地上に地下茎をはわせて生息域をどこまでも広げるしたかかさがあります。庭の芝生に発生すると、手による抜き取りだけではすぐに再生するため、完全駆除には除草剤や防草シートをしないといけません。

メヒシバとは?その特徴や防除方法をご紹介!食べることはできる? | BOTANICA
メヒシバはどこでも見かける雑草です。きっとみなさんも目にしたことがあるでしょう。そんな、しつこい雑草として有名なメヒシバの生態や駆除方法、意外な一面など、くわしくご紹介します。足もとの雑草から、植物の深い世界を知ることができますよ!

見分け方

メヒ芝

メヒシバの穂は針のような形状で夏から秋の時期に見られます。オヒシバと似たような枝分かれですが、オヒシバと比べると小穂の大きさがとても小さく、茎の形が丸みを帯びていることで区別できます。また、オヒシバが株をつくるのに対して、メヒシバは地下茎をつくる点もことなります。

コメシバとの見分け方

コメヒシバ

メヒシバの小型種にコメシバがあります。メヒシバ同様に夏から秋に穂を出しますが、30cmほどの背の低い小型雑草です。穂について写真で確認すると、メヒシバは花茎の異なる位置から枝分かれしているのに対して、コメヒシバは花茎の同じ位置から枝分かれしているのがわかります。また、枝の長さもメヒシバよりも短いです。

ボタニ子

ボタニ子

オヒシバとメヒシバの違いはわかったかな?続いて、③アメリカスズメノヒエ

関連記事

Article Ranking