コニシキソウとは?その特徴・見分け方や雑草としての駆除方法をご紹介!

コニシキソウとは?その特徴・見分け方や雑草としての駆除方法をご紹介!

ガーデニングや雑草駆除をしたことがある人なら、夏になると驚くほど繁殖しているコニシキソウを見付けたことがあるのではないでしょうか。その成長は早く四方八方に広がり、あちこちにはびこるコニシキソウ。類似種との見分け方や雑草としての駆除方法をご紹介します。

コニシキソウとは

コニシキソウは、北アメリカ原産の1年草で、学名Euphorbia supina(Euphorbia maculata、Chamaesyce maculata)のトウダイグサ科二シキソウ属の植物です。明治時代に渡来し、現在では日本全域の道端や畑、庭でよく見られます。種子で繁殖し、6月~10月の暑い時期に活発に成長します。

コニシキソウの特徴

コニシキソウの1番の特徴は、地面を這うように四方に枝分かれして広がる姿です。その枝分かれする茎には、1cmほどの小さな楕円形の葉が対になって根元からいくつも連なっています。また、茎の色が赤色で葉の中央には赤紫色の斑点があるのが印象的です。茎の先端付近の葉の付け根に紫がかった小さな花を複数付けます。

コニシキソウの花

コニシキソウの花はとても小さく、花弁がないので肉眼では見付けにくいのですが、雌雄異花の植物で、雌花には3本に分かれた雌しべがあり、その下に蜜腺があります。雄花には雄しべが1本あり、その先端に花粉を付けています。受粉して花が果実になると、小さな丸い実がたくさん付くので果実の方が見付けやすいかもしれません。

コニシキソウの見分け方

コニシキソウには、とてもよく似た類似種が存在します。日本在来の二シキソウやコニシキソウと同じく外来種のハイニシキソウ、アレチニシキソウなどがありますが、どちらも1年草で初夏から秋口にかけて成長、開花し実を結びます。また、根元から枝分かれして四方八方に伸び、茎には対になる葉が並ぶという同様の特徴を持っています。しかし、葉に注目するとその違いが見えてきます。

二シキソウ

二シキソウは、日本の在来種で、葉には斑点もなくコニシキソウよりも少し大きいサイズの類似種です。茎は地面に張り付かず、放射線状に広がった茎は斜め上に立ち上がります。葉の形もコニシキソウよりも長い楕円形をしているので、すぐに違いが分かります。さらに大型でよく似たものに「オオ二シキソウ」があります。

ハイニシキソウ

ハイニシキソウは、熱帯アメリカ原産でコニシキソウと同様に地面を這うように四方に広がる類似種です。コニシキソウよりもひと回り小ぶりで、葉は歪んだ卵型や長円形をしています。コニシキソウにあるような斑点はなく、この斑点の有無で簡単に見分けがつきます。また、コニシキソウとは違い、青みのある葉の色をしているので見付けやすい種類です。

アレチニシキソウ

アレチニシキソウの葉は、楕円形でコニシキソウとよく似た形状をしています。ハイニシキソウの亜種(生物学上、独立した変種とまでは区別しがたいもの)として分類されることが多く、よく見ると、この2種には茎や葉の裏側に毛が生えていて、コニシキソウとの違いは、この特徴的な毛でも判断ができます。また、アレチニシキソウにも葉の斑点はありません。

のイメージ
除草剤を使わずに庭の雑草を生えなくする方法9選!効果的な方法はどれ?
庭の雑草にお困りですか?除草剤を使えばもちろん効率的に雑草防除ができますが、なかには除草剤を使用することにやや抵抗がある方もいるではないでしょうか?そんな方々に向けて、この記事では、除草剤を使わずに家の周りの雑草対策ができる方法をご紹介します。
ボタニ子

ボタニ子

つぎのページではコニシキソウ生態の秘密を紹介していきます!

関連記事

Article Ranking