メヒシバとは?その特徴や防除方法をご紹介!食べることはできる?

メヒシバとは?その特徴や防除方法をご紹介!食べることはできる?

メヒシバはどこでも見かける雑草です。きっとみなさんも目にしたことがあるでしょう。そんな、しつこい雑草として有名なメヒシバの生態や駆除方法、意外な一面など、くわしくご紹介します。足もとの雑草から、植物の深い世界を知ることができますよ!

記事の目次

  1. 1.メヒシバとは
  2. 2.メヒシバの駆除方法は?
  3. 3.メヒシバの意外な一面は
  4. 4.メヒシバは食べられる?
  5. 5.まとめ

メヒシバとは

メヒシバ

メヒシバはイネ科メヒシバ属の一年草で、日本全土に分布する、ごく身近にみられる雑草です。庭や畑、校庭、空き地、道端など、日当たりの良い場所ならどこにでも見ることができます。先端に数本の細い穂が放射状に伸びる、小型のイネ科植物ですが、大きいものは80センチほどになります。漢字では「雌日芝」と表記し、オヒシバよりも優しい姿から名づけられています。

メヒシバの特徴

メヒシバ成長点が非常に低い場所にあり、そのため上部だけを刈りとっても容易に再生します。また、メヒシバは他感作用(アレロパシー)を持ち、ほかの植物の成長を阻害して、その場所を占有します。メヒシバの種はいっせいには発芽せず、時期を変えて発芽するため、一度種が落ちると長期間にわたって発芽時期が続くことになります。非常に繁殖力の強い植物だといえます。

畑や芝生の強害草

その特徴から、非常に勢力の強い雑草として知られ、畑や芝生を管理するうえで、厄介な強害草と評価されています。日当たりさえよければあらゆる土壌に適応し、乾燥にも強く、上部を刈っても再生するため、一度生えると駆除が難しくなります。夏場に急激に成長し、あっというまに他の植物を押しのけ、占有してしまいます。

メヒシバの仲間と見分け方

オヒシバ

イネ科オヒシバ属の一年草で、名前の「雄日芝」はメヒシバより雄々しいことから名づけられ、メヒシバと対になっています。日当たりを好み、メヒシバと同じような場所に生育します。見分け方としては、その名の通りオヒシバのほうが強靭で、メヒシバが容易に葉が切れるのに対して、オヒシバは茎葉を引きちぎるのにかなりの力を必要とします。穂も、オヒシバのほうが平たく大きい穂をつけます。

コメヒシバ

メヒシバと同じくイネ科メヒシバ属で、メヒシバの近縁種です。見分け方としては、姿形がメヒシバによく似ていますが、高さが10~50センチと小型です。また、メヒシバが日当たりのいい場所で生育するのに対し、コメヒシバは弱い日光を好みます。

アキメヒシバ

アキメヒシバはイネ科メヒシバ属で、メヒシバの近縁種です。見分け方としては、メヒシバに姿形がよく似ていますが、アキメヒシバはその名の通り、秋に穂が出るので見分けができます。また、アキメヒシバの穂は赤紫色を帯びています。

メヒシバの駆除方法は?

草刈り
Photo by naka_hide

芝生や農地、庭を管理するうえで厄介な強雑草であるメヒシバですが、有効な駆除の仕方はあるのでしょうか。ここではメヒシバの除草方法をいくつかご紹介します。

根ごと抜き取る

メヒシバは成長点が非常に低い場所にあるため、上部だけ刈りとっても容易に再生し除草できません。見つけしだい、手に負えなくなる前に根から抜き取りましょう。また、抜き取ったメヒシバからは種が落ちます。落ちた種からまた生えてきますので、除草後はきれいに掃除することが必要です。

液状の除草剤を使う

すでに多く生えてしまっている場合や、抜き取ることで芝生や植栽の根を傷つけるような場合、あるいは広範囲な場合には、やはり除草剤を使うのが効果的です。それも、できるだけ成長初期段階で使用するのが賢明です。大きくなりすぎると効果がうすい場合も多いからです。

メヒシバに効果的な除草剤

速効除草剤 2L 147-220

参考価格: 980円

出典: Amazon
Amazon980円

すでに生えてしまっているメヒシバには、葉や茎に散布するタイプの液状除草剤が有効です。グリホサート系の除草剤は、葉から吸収されて根まで枯らします。また、散布した部分しか枯らすことがありません。

芝生の場合は

芝もメヒシバも、どちらも同じイネ科の植物です。芝生の中にメヒシバが入り込んでしまっている場合は、イネ科雑草用の除草剤は使えません。芝生専用の除草剤を使いましょう。除草剤の種類は様々で細分化されていますから、説明書をよく読んで、どの植物に有効なのかを確認しましょう。

土壌処理剤を使う

(まとめ) フマキラー カダン除草王 オールキラー粒剤 3kg 1本 【×2セット】

参考価格: 11,746円

出典: Amazon
Amazon11,746円

除草剤の中でも、顆粒状の土壌処理剤は、雑草が発生する前の段階で土にまくことで、種子の発芽を抑制します。つまり、雑草をそもそも発生させないタイプの除草剤です。毎年、雑草が大発生して悩まされている場合にはとても効果的です。メヒシバが発芽する前の早春や秋口に施せば高い効果を期待できます。

土壌処理剤の注意点は?

  • 土壌処理剤の場合は周囲に植えている植物まで枯れてしまうことになります。樹木や田畑、花壇のまわりでは、使わないようにしましょう。
  • 近隣の敷地に影響が及ぶこともあります。周囲の環境にも気を配りましょう。
  • 芝生には使用できるものとできないものがあります。説明書をよく読んで選ぶようにしましょう。

防草シートを使う

萩原工業 グランドバリアクロス(GBC) 防草シート(厚さ0.5mm) 幅1.5m×50m巻 【人気 おすすめ 】

参考価格: 12,724円

出典: Amazon
Amazon12,724円

メヒシバは、除草してもまたいつのまにか発生してしまう厄介な雑草です。メヒシバを発生させたくない部分には、防草シートを敷くのも効果的です。日光を遮り、発芽をさせません。除草剤と併用することで、より効果を高めることができます。除草した後に防草シートで覆いましょう。

のイメージ
防草シートとは?種類やメリットと、選び方・敷き方をご紹介!
暑くなってくると店頭に並ぶ、夏の必需品になった防草シート!夏にぐんぐん伸びる雑草を防ぐ防草シートの使い方や選び方、使うことでのメリット&デメリットを分かりやすくご紹介します。炎天下の中、体力を使う草抜きタイムを有効時間に変更しましょう!
ボタニ子

ボタニ子

次のページでは、メヒシバの、雑草以外の一面を紹介するよ!

関連記事

Article Ranking