10月に植える・植えられる野菜6選!秋に植えるのが最適な秋植え野菜は?

10月に植える・植えられる野菜6選!秋に植えるのが最適な秋植え野菜は?

涼しい日が増える10月は、害虫被害も少なく野菜を育てやすい時期です。暑くないので作業もしやすく、家庭菜園をスタートさせるにもぴったりです。10月に植える野菜は、寒い時期に味わえる冬野菜が増えます。プランター栽培も可能なので、ぜひチャレンジしてみてください。

記事の目次

  1. 1.10月に植える・植えられる野菜について
  2. 2.10月に植える・植えられる野菜①ソラマメ
  3. 3.10月に植える・植えられる野菜②小カブ
  4. 4.10月に植える・植えられる野菜③ラディッシュ
  5. 5.10月に植える・植えられる野菜④春菊
  6. 6.10月に植える・植えられる野菜⑤ハクサイ
  7. 7.10月に植える・植えられる野菜⑥ニンニク
  8. 8.10月も野菜の栽培を楽しもう!

10月に植える・植えられる野菜について

出典:写真AC

10月に植え付けることができる野菜はあります。しかし、10月に種や苗を植えたりしたあとは、晩秋に向かって気温が下がっていく一方です。植え付けの適期から遅れてしまうと、気温が低くて十分に成長できないまま冬を迎えますので、まずは、10月に栽培する上で、抑えるべき点を解説します。

植え付け適期を守る

Photo byjag2020

まずは、10月の気候でも栽培できる野菜の種まきや苗の植え付けをしましょう。同じ野菜の中でも遅い時期に植えられるものもあるので、植えるタイミングに合わせて品種選びするようにい注意が必要です。

防寒対策をする

10月に植える野菜は涼しい環境を好む野菜が多いです。しかし、真冬の寒さや霜に当たると弱ってしまうものもあるので、マルチやビニールトンネルなどの防寒対策が必要です。防寒対策をしっかりすることで、栽培期間も長くなるので、手間は掛かりますがぜひ施してください。

10月に植える・植えられる野菜①ソラマメ

ソラマメは春を代表する野菜ですが、植えるのは10~11月の秋です。半年ほど栽培し、5~6月に収穫期を迎えます。ソラマメは鮮度が落ちやすいですが、家庭菜園で育てれば新鮮な状態で食べれます。新鮮なソラマメはクセもなく美味しいので、ぜひ味わってみてください。

科目 マメ科
連作障害 あり(3~4年あける)
発芽適温 15~20℃
生育適温 15~20℃
適正土壌酸度 pH6.5~7.0
植え付けの間隔 30~40cm

ソラマメの栽培カレンダー
時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
種まき
防寒
追肥
支柱立て
整枝・摘芯
収獲

育て方のコツや注意点

種まきの時期を守る

ソラマメの苗は、小さなうちは耐寒性がありますが、大きくなると耐寒性が劣ります。そのため種を早くまきすぎると、冬を迎えたときに大きく成長しすぎていて、冬を越せなくなります。種まきの適期は地域によるので、園芸店などで確認し、必ず適期に種まきをしましょう。

アブラムシ対策をする

ソラマメには、春先にアブラムシがつきやすくなります。植え付け後に、寒冷紗か防虫ネットを掛けてアブラムシの飛来を防ぎましょう。万が一被害にあった場合は、早めに市販の殺虫剤をまいて対処してください。また背丈が70cmほどになったら、茎の先端を摘み取ることで、先端付近のアブラムシを除去できます。

アブラムシの退治・予防対策!花や野菜から駆除するための方法を紹介!のイメージ
アブラムシの退治・予防対策!花や野菜から駆除するための方法を紹介!
アブラムシは花や野菜などの植物に寄生する害虫で、ウイルス病を媒介するので、植物へさまざまな被害をあたえます。また、アブラムシは種類の多い害虫でもあります。この記事では、そんなアブラムシの予防対策と、アブラムシを退治・撃退するための方法を紹介します。
アブラムシに効く殺虫剤18選!ローテーションに便利な薬を系統別に紹介のイメージ
アブラムシに効く殺虫剤18選!ローテーションに便利な薬を系統別に紹介
植物の芽やツボミをダメにする、しつこいアブラムシに効く殺虫剤を、薬の働き別に18種類紹介します。アブラムシに農薬の効果が出ないのは「薬剤耐性」ができるからです。系統別に2〜3種類の殺虫剤を使う、アブラムシに特化した「ローテーション散布」について解説します。

プランターでの簡単な育て方

ソラマメは背丈が高くなるので、プランターで育てる場合は安定感のあるものを用意しましょう。ベランダの手すりなどに支柱を固定すると、より安定感が増します。またソラマメの種子は野菜の中でも高価なので、プランターで少量栽培する場合は、苗を購入するのがおすすめです。

ソラマメの栽培方法!植え方から管理の仕方や収穫方法・時期まで解説!のイメージ
ソラマメの栽培方法!植え方から管理の仕方や収穫方法・時期まで解説!
ソラマメを家庭菜園などで育てたことはありますか?ソラマメは、家庭菜園での栽培ができる手近な野菜のひとつです。育て方もそれほど難しくはなく、冬から始められる家庭菜園でもあります。そんなソラマメの育て方、植え付け、管理方法や収穫後の保存方法などを紹介します。

10月に植える・植えられる野菜②小カブ

小カブは栽培期間が30~50日と短く、家庭菜園初心者の方にも簡単に育てられます。9月頃から種まきシーズンに入り、年末頃まで収穫できます。春にも栽培できますが、秋の方が害虫の被害が少ないので育てやすいです。小カブには各地方の伝統品種が多いので、お気に入りの品種を選んだり、複数の種類を育てたりするのもおすすめです。

科目 アブラナ科
連作障害 あり(1~2年あける)
発芽適温 15~25℃
生育適温 15~25℃
適正土壌酸度 pH6.0~6.5
種まきの間隔 1~2cm

小カブの栽培カレンダー
時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
種まき
防虫ネット
追肥
収獲

育て方のコツや注意点

間引きながら育てる

小カブは種を密にまいたほうが生育がよくなりますが、成長とともに間引きが必要になります。隣同士が触れ合うようになったら段階的に3回ほどに分けて間引きをしましょう。小カブの茎は折れやすいので、残す株の茎を傷めないように注意して間引いてください。

収獲適期を見極める

小カブは収穫時期が遅れると裂果したり、スが入ったりするので適した時期に収穫しましょう。直径5~6cmで収穫するものが多いですが、品種によって少しずつ違うので種袋の説明文を確認しておいてください。成長速度には多少バラツキがあるので、適したサイズになったものから間引くように収穫していきます。

プランターでの簡単な育て方

小カブをプランターで育てる場合は、なるべく底面積の大きなものを選ぶとたくさん育てられます。また、少し多めに種まきをして、間引菜を利用すると、スペースの有効活用にも繋がります。種をまいた後は、防虫ネットでプランターごとおおって害虫対策をしてください。

かぶ(蕪)の旬な時期はいつ?カブの栄養や効能も併せてご紹介!のイメージ
かぶ(蕪)の旬な時期はいつ?カブの栄養や効能も併せてご紹介!
身近な野菜として季節を問わず1年中スーパーで販売されているかぶ。本来の旬の時期はいつなのでしょうか?このページではかぶの旬の時期はもちろん、栄養と効能についてもご紹介します。効率よく栄養をとれるおすすめのレシピや食べ方も知ることで、かぶを美味しく食べましょう。

10月に植える・植えられる野菜③ラディッシュ

ラディッシュは別名「二十日大根」と呼ばれる通り、栽培期間がとても短い野菜です。実際には30日ほど掛かりますが、真夏と真冬を除いて栽培可能で、育て方も簡単なので家庭菜園初心者の方におすすめです。カラフルな品種が多いので、複数栽培して調理すると料理の彩りがよくなります。

科目 アブラナ科
連作障害 可能
発芽適温 15~30℃
生育適温 15~30℃
適正土壌酸度 pH5.5~6.5
種まきの間隔 1~2cm

ラディッシュの栽培カレンダー
時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
種まき
追肥
収獲

育て方のコツや注意点

害虫対策をする

ラディッシュはアブラナ科の野菜なので、アオムシなどの害虫被害を受けやすいです。10~11月になると涼しくなり、害虫の活動も少なくなりますが、しっかりと害虫対策を施しましょう。種をまいたあとに防虫ネットを張ると簡単に被害を防げます。またレタス類や春菊などのキク科の野菜と混植すると、忌避効果を期待できます。

ズラしまきをする

ラディッシュは成長が早く、1度に種まきをすると、一気に収穫時期がきてしまいます。収穫が遅れると裂果したり、スが入ったりして食味が落ちてしまいます。そのため、少しずつ時期をズラして種をまくと、長い間収穫し続けることができるのでおすすめです。

プランターでの簡単な育て方

ラディッシュは少ないスペースで栽培できるので、プランター栽培に最適です。プランターのサイズも問わないので、自宅の栽培スペースに合わせて選びましょう。また、根や葉もそれほど広がらないので、他の野菜のプランター内でも育てられます。1度にたくさん消費することも少ないので、少しずつ隙間を見つけて育ててみてはいかがでしょうか。

ラディッシュ(ハツカダイコン)の育て方!プランターと露地栽培ではどちらが育てやすい?のイメージ
ラディッシュ(ハツカダイコン)の育て方!プランターと露地栽培ではどちらが育てやすい?
赤くまんまるで可愛いラディッシュは、別名ハツカダイコンとも言われます。ラディッシュ(ハツカダイコン)は育て方も簡単です。収穫まであっという間で、連作障害も少なく家庭菜園でも人気の野菜です。今回はプランター、露地栽培(地植え)での育て方をご紹介します。

10月に植える・植えられる野菜④春菊

春菊は夏を除いて長い期間栽培ができますが、一番おいしいのは香りが高くなる秋から冬にかけてです。9月ころから種まきが可能ですが、10月頃に種をまいたものは寒さに当たり特に美味しくなります。年末頃まで収穫可能で、お鍋の季節にぴったりの野菜です。

科目 キク科
連作障害 なし
発芽適温 15~20℃
生育適温 15~20℃
適正土壌酸度 pH6.0~7.0
種まきの間隔 15cm

春菊の栽培カレンダー
時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
種まき
追肥
収獲

育て方のコツや注意点

種まきの方法

春菊の種子は、光発芽性種子といって発芽に光が必要です。種をまいた後に土を厚くかけすぎてしまうと、種子に光が当たらずに発芽しません。そのため種まき後は、うっすらと種子が隠れる程度の土をかけて発芽を待ちましょう。

収獲と追肥

春菊の収穫は新芽を摘み取る方法と、株ごと抜き取る方法があります。摘み取って収穫すると、その後に脇芽が伸びてきて繰り返し収穫できるので、家庭菜園ではおすすめです。長期間収穫をするために10日に1度、追肥として液体肥料を施しましょう。

プランターでの簡単な育て方

春菊は小さなプランターで育てられるので、ベランダなど省スペースの場所でも栽培可能です。害虫の被害もほとんどないので、間引きと追肥以外はほとんど手間がかからず、初心者の方にもおすすめです。春菊はチョウチョウなどの害虫が嫌がる香りがするので、他の野菜のプランターの隣に置くと、害虫予防に繋がります。

シュンギク(春菊)の育て方!種まきから収穫までの栽培のコツをご紹介!のイメージ
シュンギク(春菊)の育て方!種まきから収穫までの栽培のコツをご紹介!
独特の香りが特徴で、天ぷらや鍋として親しまれるシュンギク(春菊)。病害虫に強く育て方も簡単なので、家庭菜園で栽培しやすい野菜の一つです。今回は種まきから収穫までの栽培日記を通して、シュンギク(春菊)の育て方とその魅力についてご紹介します!

10月に植える・植えられる野菜⑤ハクサイ

ハクサイは、鍋物には欠かせない日本の冬野菜の代表です。8~9月頃に苗作りを開始し、9~10月に植え付けて11月頃から収穫が始まります。ハクサイは畑で長く保存ができ、必要な時に収穫できるので家庭菜園にぴったりです。品種を選べば、春先まで保存できるものもあります。

科目 アブラナ科
連作障害 あり(3~4年あける)
発芽適温 20~25℃
生育適温 15~20℃
適正土壌酸度 pH6.5~7.0
植え付けの間隔 40~50cm

ハクサイの栽培スケジュール
時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
種まき
植え付け
防虫ネット
追肥
収獲

育て方のコツや注意点

種まきの時期

ハクサイの栽培は、低温に向かう時期におこなうので、気温が低くなる前に十分生育させることが大切です。しかし、早く種まきしすぎるとモザイク病などにかかりやすいですし、遅すぎても結球しません。必ず地域や、品種にあった時期に種まきをしましょう。

収獲について

家庭菜園では、野菜を1度にたくさん収穫しても食べきれないことも多いですが、ハクサイは畑で長期保存が可能です。ハクサイが成長し、結球したら麻ひもなどを使って外葉でハクサイを包むように縛ってください。こうすることで、霜が降りても耐えられるので長期保存が可能です。品種にもよりますが、1か月程度をめどに収穫しましょう。

プランターでの簡単な育て方

一般的なハクサイはボリュームのある野菜なので、プランターで育てる場合は大きなものが必要になります。そこで、あまり大きくならないミニハクサイやタケノコハクサイと呼ばれる品種を育てると、狭いスペースでも栽培可能です。また、プランター栽培の場合は苗ではなく種を植えてそのまま育てられます。種まき後に防虫ネットを張ってしまえば、害虫対策も容易です。

白菜の育て方!種まきから収穫まで初心者向けの栽培ポイントを解説のイメージ
白菜の育て方!種まきから収穫まで初心者向けの栽培ポイントを解説
白菜は冬の鍋料理や、漬物やキムチなどにも欠かせない野菜です。葉物の栽培は難しいイメージがありますが、ポイントさえおさえれば家庭菜園でも楽しむことができます。種まきから、土作り、水やり、収穫まで初心者向けの白菜の育て方や栽培のポイント・注意点などを解説します。

10月に植える・植えられる野菜⑥ニンニク

ニンニクは様々な料理に利用できる万能野菜です。普段スーパーで見かけるのは鱗茎と呼ばれる部分がほとんどですが、家庭菜園で育てれば葉や花茎なども食べれます。9~10月に植え付けて翌春に収穫しますが、病害虫の被害はほとんどなく、手間もかからないので空いたスペースなどに植えておくと何かと重宝します。

科目 ネギ科
連作障害 なし
発芽適温 20~25℃
生育適温 15~20℃
適正土壌酸度 pH5.5~6.5
植え付けの間隔 15cm

ニンニクの栽培カレンダー
時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
植え付け
追肥
葉ニンニクの収穫
花茎の収穫
収獲

育て方のコツや注意点

防寒対策

ニンニクはほとんど手間がかからない野菜ですが、マルチを敷いて防寒対策はしっかりと施しましょう。市販されている玉ねぎ用の穴あきマルチを利用すると、予め15cm間隔で穴が開いているので植え付けも行いやすいです。マルチには雑草を抑える効果もあるので、雑草処理の手間も省けて一石二鳥です。

葉ニンニクとニンニクの芽の収穫

春先に、鱗茎ができる前の若い葉茎を利用するのが葉ニンニクで、その後花蕾ができた花茎を利用するのがニンニクの芽です。葉ニンニクは無理に収穫しなくても大丈夫ですが、花蕾をそのままにすると、栄養が取られてしまって鱗茎の肥大に影響がでるので、早めに摘み取りましょう。3つを味わえるのは家庭菜園ならではですので、ぜひ収穫してください。

プランターでの簡単な育て方

ニンニクは狭い間隔でも植え付けられるので、プランターでの栽培に向いています。秋に植え付けてしまえば、収穫するまでほとんど管理が必要ないので、空いたスペースの活用にもなります。複数のプランターで、ジャンボニンニクや紫ニンニクなどいろいろな品種を栽培するのもおすすめです。

ニンニクの収穫ガイド!収穫時期の見分け方や収穫後の保存方法を解説!のイメージ
ニンニクの収穫ガイド!収穫時期の見分け方や収穫後の保存方法を解説!
栽培方法が簡単で家庭でもよく作られるにんにくですが、正しい収穫時期をご存知でしょうか。この記事を読んで太った美味しいにんにくを収穫しましょう。保管の仕方にもコツがありますので、収穫時期とともに保存方法を知って長く楽しんでください。

10月も野菜の栽培を楽しもう!

10月は9月に比べると、植えられる野菜がやや少ないですが、寒さに当たって美味しくなる秋冬野菜が多いです。また寒くなる11月以降は、植えられる野菜は一気に減ってしまいます。10月中になるべく多くの秋冬野菜を植えておくと、冬の間もたくさんの新鮮な野菜を収穫できます。ご自身の好みに合った野菜を、ぜひ育ててみてください。

YUJI
ライター

YUJI

多肉植物や塊根植物が大好きです。最近では無農薬での野菜作りにもはまってます!

関連記事

Article Ranking