アロエの花ってどんなの?特徴・開花時期から花言葉や効能まで紹介!

アロエの花ってどんなの?特徴・開花時期から花言葉や効能まで紹介!

日本でも昔から食用・薬用として馴染みの深いアロエは、冬になると茎に赤やピンクの花が咲くため、近年は観賞用としても人気があります。そこで、気になるアロエの花の特徴や色、開花時期や咲くための条件、花言葉や効能までを詳しくご紹介します。

記事の目次

  1. 1.アロエってどんな花?
  2. 2.アロエの花はいつ咲く?
  3. 3.どんな色の花が咲く?
  4. 4.アロエの効能
  5. 5.アロエの花言葉
  6. 6.終わりに

アロエってどんな花?

Photo byLoggaWiggler

観葉植物として人気のアロエが花を咲かせることは、あまり知られていないかもしれません。実はアロエの花が咲くことは珍しく、長く育てていても咲かせたことがない人もいます。そんな珍しいアロエの花の秘密を紹介します。

約500種類の原種がある

Photo by salchuiwt

アロエには、約500種類の原種があります。多肉植物に分類されるアロエには、大きく分けると「観賞用アロエ」「食用アロエ」「薬としてのアロエ」の3つがあります。葉の形や色などはアロエの種類によって違いますが、効能や使い方も種類によって変わります。たくさんの種類があるアロエは、基本的にどれも育てやすく初心者にもおすすめです。しかし、種類によっては上級者でもうまく育てられないアロエがあります。

日本で有名なのはアロエベラとキダチアロエ

Photo bysarangib

南アフリカを中心とした砂漠や草原などで広く見られるアロエは、気候が全く違う日本でも古くから人気があります。薬用効果があるアロエは日本で「医者知らず」と呼ばれているため、昔はどの家庭でも庭でアロエを育てていました。

原産地は南アフリカ

Photo by 8og

アロエの原産地は南アフリカです。南半球に位置しており、日本とは季節が真逆です。一年を通して紫外線が強いですが、冬は防寒着が必要なほど気温が下がります。自然豊かな国で、日本の気候とかなり違います。ただしアロエは比較的寒さに強く、豪雪地帯のような厳しい寒さでなければ直接土に植えて育てられます。水はけのよい土で育てることを心がければ、あまり手をかけなくても順調に育つのです。

不滅の植物

Photo byfamhud

アロエの性質の特徴を一言で説明したのが「不滅の植物」です。南アフリカの強い紫外線にも、厳しい乾燥にも負けない強靭な生命力があります。太い茎の中にはたっぷりの水分を含んでいるため、乾燥が激しい砂漠でもたくましく成長します。しかも種類によっては高さ20mまで成長するアロエもあり、不滅の植物の理想ともいえるでしょう。

アロエの花はいつ咲く?

Photo byrawpixel

アロエの花は、いつが旬なのかが分かりにくいため、実際に見たことがある人も少ないのです。そこでアロエの花がいつ咲くのか、咲くための条件は何かなどを分かりやすく説明します。

開花時期は冬

Photo byFree-Photos

さまざまな種類があるアロエの一般的な開花時期は冬です。日本で昔から人気のあるアロエベラやキダチアロエは、12月~3月に開花時期を迎えます。

苗の状態で咲くことはない

Photo bymarcegaral

アロエの花が咲くのは、茎の先端部分です。したがって、苗の状態で花が咲くことはありません。なお、アロエの花が咲かせるためには、少なくとも高さが50cm以上になるまで育てる必要があります。

2.5cm以上の茎が開花の条件

Photo by ume-y

アロエの花が咲くための条件には、茎の太さも関係します。種類によっても違いがありますが、茎の太さが2.5cm以上にならないとアロエの花は咲きません。

関連記事

Article Ranking