多肉植物の増やし方!増やすために大切なポイントを方法ごとに徹底解説!

多肉植物の増やし方!増やすために大切なポイントを方法ごとに徹底解説!

多肉植物は、豊富な種類とかわいい形で大人気のインテリアとなっています。多肉植物は手がかからない植物ですが、増やし方も簡単です。多肉植物の増やし方のポイントやコツを、葉挿し、挿し木、株分け、水挿しなど方法ごとに解説します。

記事の目次

  1. 1.多肉植物は魅力的!
  2. 2.多肉植物の増やし方の基本知識
  3. 3.多肉植物の簡単な増やし方①葉挿し
  4. 4.多肉植物の簡単な増やし方②挿し木
  5. 5.多肉植物の簡単な増やし方③水挿し
  6. 6.多肉植物の簡単な増やし方④株分け
  7. 7.まとめ

多肉植物は魅力的!

出典:筆者撮影

多肉植物はそれぞれに個性的なかわいい姿をしています。お気に入りの多肉植物を買い求めたら、育てるだけではなく増やしてみるのもおすすめです。多肉植物のさらなる魅力に気づき、もっと多肉植物が好きになるかもしれません。

多肉植物とは

出典:筆者撮影

多肉植物は茎や葉が肉厚で、内部に水分を蓄えられる植物です。多肉植物の多くは、砂漠や海岸などの乾燥した地域に生育しており、乾燥に適応した仕組みを持っています。サボテンの仲間も多肉植物ですが、園芸界ではサボテンとそれ以外の多肉植物に分けて呼ばれるのが一般的です。多肉植物は表面のクチクラ層が発達しており、水分の蒸発を防いでいます。

出典:筆者撮影

普通の植物との大きな違いの一つは、光合成の仕方です。普通の植物は昼間に気孔を開いて二酸化炭素を取り込みます。しかし乾燥地域でこの方法で光合成をすると、水分まで大量に失い命取りになりかねません。そこで、多肉植物は昼間は気孔を閉じて水分の損失を押さえ、気温の低い夜間に気孔を開いて二酸化炭素を取り込みます(CAM型光合成)。このような独自の進化をとげた多肉植物が注目される理由は何でしょうか。

多肉植物は種類が豊富

出典:筆者撮影

多肉植物は画像のように、種類がたいへん豊富です。ぷっくりと肉厚の葉はかわいらしさを感じさせます。色、形、大きさもさまざまで、説明するのは難しいほどです。秋に紅葉するタイプもあります。好みの形や色を自由に選んだり、寄せ植えをしたり、自由に選んで楽しめるのです。

多肉植物は育て方も簡単

出典:筆者撮影

多肉植物は育て方が簡単なことも、人気の理由になっています。もともと乾燥した過酷な土地に適応した植物なので、水やりが非常に楽です。むしろ、毎日水やりすると過湿で根腐れを起こして枯れてしまいます。土や日当たりなどの環境を整えてやれば、日常の手入れはほとんど必要ありません。また、高価な多肉植物もありますが、100均でも入手できるような安価でかわいい種類もたくさんあります。手軽さもまた多肉植物の魅力なのです。

多肉植物の増やし方の基本知識

出典:筆者撮影

多肉植物は増やし方も簡単です。気に入った多肉植物を見つけては1鉢ずつ買い求め、こつこつと増やして寄せ植えを楽しむ人もいます。多肉植物を簡単に増やすために、まず増やし方の基本的な知識を学びましょう。土、水やり、増やす時期の3点についてご説明します。

多肉植物に適した土

出典:筆者撮影

多肉植物の土は、粒がそろっていて通気性や排水性がよいことが一番のポイントです。もともと乾燥した場所に適応した植物なので、保水性が高すぎると根腐れを起こしてしまいます。初心者は多肉植物専用土を用いるのがおすすめです。鉢底石は必ず入れて排水性を確保します。自分で土をブレンドする場合の基本は、小粒赤玉土3:小粒鹿沼土3:腐葉土4です。できればふるいにかけて粗めものは鉢底石の上の下層に、上層には粒がそろった小さな粒の土を入れます。

多肉植物の水やり

出典:筆者撮影

多肉植物は過湿を嫌います。多肉植物は葉に水をたくさん蓄えていますので、この張りを失ったときが水やりのタイミングです。さらに葉にしわがよってきたら、水不足といえます。多肉植物を増やすときには、普段よりもさらに水のやり過ぎに注意が必要です。最初の1週間は水やりを全くせずに明るい日陰で管理します。根や子株が伸びてきたら、やわらかい日の当たる所に移して霧吹きなどで水をあげましょう。

多肉植物を増やすのに適した時期

出典:筆者撮影

多肉植物を増やすのに適した時期は、休眠期から目覚めて生育を始める時期です。では生育する時期はいつなのでしょうか。多肉植物は種類によって生育の時期が異なり、春秋型、夏型、冬型に分けられます。春秋型は、春(3~5月)と秋(9~11月)が生育期なので、3~4月、9~10月が適期です。夏型は4~10月に生育するので、3~5月に増やします。冬型は9月~翌年春にかけて生育するので、9~11月に増やしましょう。いずれも梅雨と盛夏は避けて作業します。

出典:筆者撮影

また、鉢底から根が見る、形が乱れてきた、1年以上植え替えを行っていない、などのサインがあったら、植え替えのサインです。適期に植え替えをしながら増やしてみましょう。繁殖に適した時期には発根が早く成功率も高くなりますが、それ以外の時期には全く増やせないわけではありません。多肉植物は生命力の強い植物です。もし葉が取れてしまったり、枝が折れてしまったりしたら、適した時期でなくても、葉挿しや挿し木をしてみる価値は大いにあります。

ボタニ子

ボタニ子

次項では多肉植物の代表的な増やし方である、葉挿しと挿し木について、ポイントをご紹介します。

次のページ

多肉植物の簡単な増やし方①葉挿し

関連記事

Article Ranking