ナメクジの対処法4選!殺虫剤から身近なアイテムを使った方法まで!

ナメクジの対処法4選!殺虫剤から身近なアイテムを使った方法まで!

大切に育てている花や野菜が、ナメクジに食害されたり、這い回った跡が残り美観を損なわれたりすると、がっかりしますね。不快害虫のナメクジは速やかに駆除しましょう。忌避剤で対処する場合と誘引殺虫剤で対処する場合の両面から、駆除アイテムを厳選してご紹介します。

    記事の目次

    1. 1.はじめに
    2. 2.ナメクジ対処法①大好物はビール
    3. 3.ナメクジ対処法②大切な植木鉢を守るのは「銅」
    4. 4.ナメクジ対処法③薬剤でナメクジを撃退
    5. 5.ナメクジ対処法④民間療法にも効果あり?
    6. 6.まとめ

    はじめに

    ナメクジ対策の鍵は「春」

    Photo byHG-Fotografie

    梅雨や秋雨の時期、庭の茂みや濡れた道路の上など、粘液の跡を残しながら這い回るナメクジは不快害虫の代表格です。姿が見えていなくても、ナメクジの残した痕跡を見て嫌な気分になる人も多いでしょう。ナメクジの寿命は、数カ月から数年。その一生のほとんどを土の中で過ごします。

    ナメクジは冬が苦手

    ナメクジの発生時期は3〜11月です。土の中などでじっと冬を過ごし、春になると活動を始めます。繁殖期は5月頃ですが、その頃にナメクジを見かけても、植物に対してそれほどの被害はありません。しかし、その繁殖期を経て梅雨になるとナメクジは大きく成長し、大切に育てた野菜や花が被害を受けてしまいます。冬以外の時期であれば、ナメクジ駆除が可能です。早め早めの対策をしましょう。

    ナメクジ対処法①大好物はビール

    大量捕獲が可能

    Photo by haru012

    ナメクジはビールが大好物です。その習性を利用したビール酵母入りのナメクジ殺虫剤が多く販売されています。ナメクジが活発に活動する時期になったら、ナメクジを茂みから誘い出し、駆除してしまいましょう。

    ナメクジは夜行性

    1日のなかで、ナメクジが活動するのは、主に夜になってからです。昼間に見かけたとしても、数は少なめです。飲み残しのビールがあればそれを空き缶に入れ、ナメクジが発生しそうな場所に一晩放置してみてください。翌朝、空き缶の付近に徘徊していたナメクジが、缶の中で捕殺されているはずです。

    ビールを使うときの注意点

    飲み残しのビールが足りなければ、少しだけなら水を足しても大丈夫です。容器の中で溺死させるため、適度な水量を保っておくようにしましょう。ツナ缶サイズの容器の場合、多くて10匹前後を捕まえられます。しかし、容器の容量を超えるナメクジが来襲した場合には、ビールを飲むだけ飲んで逃げてしまうため要注意です。

    Photo by june29

    ビール酵母自体に殺虫効果はありません。捕獲容器を設置した日は必ず翌朝に容器を確認し、ただちに処理してしまいましょう。ナメクジたちに美味しい思いだけさせて、くれぐれも飲み逃げされませんように…。ビールで誘引する方法は大変おすすめな駆除方法ですが「ビール酵母」が含まれない発泡酒などのアルコール類では効果がありません。

    後処理注意

    このビール誘引の方法では「自らナメクジを捨てる」という行為が必要です。気が滅入る行為ですが、殺虫剤とは異なり、植物にとっては薬害の負担の少ない方法です。大切な植物のためここは勇気を振り絞り、ささっと後片付けをしてしまいましょう。

    容器のまま捨てられる方法

    Photo by torisan3500

    プラ容器を可燃ゴミとして出せる自治体にお住まいの方は、ペットボトルで容器を作ってもよいでしょう。ペットボトルの底を高さ10センチほどで切り取り、あとは空き缶と同様に使用します。設置した容器が倒れないように注意してください。新聞紙で包んで可燃ゴミと一緒に捨てられるため、ナメクジが苦手な方でも安心ですね。

    市販の容器を使って

    ナメクジの片付け作業に抵抗がない方には、以下のようなトラップもおすすめです。何度でも使えて、環境に優しい商品ですね。しかし、うっかり捨てるのを忘れると大変です。単なる給餌ケースになってしまうかもしれません。翌朝の見回りを忘れずに!

    カタツムリのキャッチャートラップ

    Beslands カタツムリのキャッチャートラップ カタツムリ 駆除 エコ カタツムリケージ カタツムリジントラップ 害虫駆除 家庭菜園用 ガーデン用品 5個入り

    参考価格: 2,250円

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    Amazon2,250円

    関連記事

    Article Ranking