ツワブキ(石蕗)とは?植物としての特徴・種類や利用法をご紹介!

ツワブキ(石蕗)とは?植物としての特徴・種類や利用法をご紹介!

秋に黄色い花を咲かせるツワブキは、1年を通してツヤのある葉を茂らせる特徴がありカラーリーフとして人気です。海沿いや林では山菜として利用されるほか、葉にさまざまな特徴がでる品種は江戸時代から葉芸を楽しまれました。ここではツワブキの品種や食べ方をご紹介します!

記事の目次

  1. 1.ツワブキ(石蕗)とは
  2. 2.ツワブキ(石蕗)の花の特徴
  3. 3.ツワブキ(石蕗)の葉の特徴
  4. 4.ツワブキ(石蕗)の種類
  5. 5.ツワブキ(石蕗)の園芸利用
  6. 6.ツワブキ(石蕗)の食材利用
  7. 7.まとめ

ツワブキ(石蕗)の園芸利用

ツワブキ

出典:筆者撮影

日陰でもよく育つツワブキは、岩の間に植えるとつやのある葉、秋から冬にかけては黄色い花弁がより引き立ちます。雨の降ったあとや、霧の出ているときは葉のツヤが増し、生き生きとしている姿を見せてくれます。海辺の潮風にも強く雨に打たれても形を崩しません。

ツワブキ

出典:筆者撮影

モミジの根元に下草として植えると、秋の紅葉時期にはツワブキとモミジの共演が美しいです。俳句では11月(初冬)の季語として詠まれる「石蕗の花」は、花の少ない時期に海辺や山に咲く様子に寂しさを感じることが多いようです。寒さにあたって赤く染まったモミジとなら、明るい印象になりそうですね。

ツワブキ

出典:筆者撮影

小路の両わきに植えた例です。秋冬の花を楽しむほか、大きな葉が地面へあたる日光を遮るので雑草予防になります。また根の張りがよい性質があるので、土砂の流出を防ぐ効果もあります。海風にも強いので、道を吹き抜ける風にも負けません。植える場所を選ばないところも、ツワブキのよいところですね。

ツワブキの育て方!水やり・肥料など基本情報から増やし方まで解説! | BOTANICA
庭木として有名なツワブキの育て方をご存じですか?日当たりのいいところを好みますが、半日陰程度でもきれいな花を咲かせるので、育てやすい植物です。適した温度や土の割合、水やりや追肥のタイミングに病気対策など、初心者でもできるツワブキの育て方をご紹介します。

ツワブキ(石蕗)の食材利用

フキ
Photo by titanium22

山菜狩りでとってきたツワを美味しく食べるにはとってきたらすぐに下処理(あく抜き)をするのが大切です。春の山菜には植物のもつ天然毒(ピロリジジンアルカロイド類)が含まれているので、あく抜きをしないと食べられません。ツワブキもフキも下処理方法は同じです。

ピロリジジンアルカロイド類は、植物が作る天然物の一種で、ピロリジジン環構造(右図)を共通に含むアルカロイドの総称です。ピロリジジンアルカロイド類は、キク科、ムラサキ科、マメ科などの一部の植物に含まれており、600 種類以上の非常に多くの種類があります。その一部には、とても強い毒性があり、肝障害の原因となることが知られています。ヒトでは確認されておりませんが、動物実験では発がん性があるものもあることが報告されています。

ボタ爺

ボタ爺

天然毒は水溶性なので、茹でこぼしたあと十分に水にさらすのがポイントじゃ。あく抜きが十分でないと、えぐみや苦みが強くて食べられないぞ!

ツワブキの下処理方法

蕗
Photo by titanium22

1,桶などにふきを並べ浸るくらいの熱湯をかけ、1分おきます。
2,湯を捨て、水をかけます。
3,水を捨て、上の方から剥きます。(手が黒くなるので、薄いビニール手袋をおすすめします。)
4,剥いたらすぐに水につけます。水を何度か変えながら3〜4時間位浸け、アクを抜きます。
5,すぐに使わない時はジッパー付きの袋などに入れて冷凍しておきます。

ツワブキの調理例

ツワブキ出典: https://cookpad.com/search/%E3%83%84%E3%83%AF%E3%83%96%E3%82%AD

ツワブキは油との相性がとてもいいです!ごま油で炒め煮にするといい香りです。

ツワブキ出典: https://cookpad.com/search/%E3%83%84%E3%83%AF%E3%83%96%E3%82%AD

下処理したツワブキと油揚げ、筍と旬の煮物がおすすめです。

Photo by titanium22

ごはんのお供には、山椒と佃煮にするとピリッとして美味しいですよ。

まとめ

ツワブキ

出典:筆者撮影

艶のある大きな葉や、斑入りの葉が魅力のツワブキは、種類も多くカラーリーフとして古来から人気のある植物です。春は山菜としての利用を楽しみ、秋冬には黄色い花が庭を明るく彩ります。手入れもほとんど必要なく日陰でも元気に育つので、ガーデニングをはじめたばかりの方へもおすすめの植物です。ぜひお好みの品種で葉芸を楽しんでくださいね。

マグノリア
ライター

マグノリア

家族で庭と花壇づくりをしています。 宿根草など取り入れながら1年中花の咲く庭を目指して、日々勉強中です!

関連記事

Article Ranking