ツワブキの育て方!水やり・肥料など基本情報から増やし方まで解説!

ツワブキの育て方!水やり・肥料など基本情報から増やし方まで解説!

庭木として有名なツワブキの育て方をご存じですか?日当たりのいいところを好みますが、半日陰程度でもきれいな花を咲かせるので、育てやすい植物です。適した温度や土の割合、水やりや追肥のタイミングに病気対策など、初心者でもできるツワブキの育て方をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ツワブキとは
  2. 2.ツワブキとそっくりなフキ
  3. 3.ツワブキの育て方1:植え付け
  4. 4.ツワブキの育て方2:水やり・肥料
  5. 5.ツワブキの育て方3:病気・害虫対策
  6. 6.ツワブキの育て方4:増やし方
  7. 7.ツワブキの食べ方
  8. 8.まとめ

ツワブキとは

出典:筆者撮影

ツワブキは、緑の葉を一年中茂らせる観葉植物です。特に、寒い冬にも濃い緑で庭を彩ってくれるため、ガーデニングで大人気。丈夫で温度の変化にも強いため、初心者にも育てやすくおすすめです。九州を中心に、茎を山菜として食べる地域もあるため、野菜感覚で育てるのも楽しいかもしれませんね。

基本情報
学名 Farfugium japonicum
和名 ツワブキ
分布 本州・四国・九州・朝鮮・台湾
草丈 20cm~50cm

のイメージ
ツワブキ(石蕗)の花言葉は?名前の由来や開花時期もご紹介!
ツワブキという植物の花言葉をご存じですか?ツワブキは、観葉植物としても園芸植物としても楽しめます。さらに、葉や茎は食べることが可能で、漢方薬としても使える万能な植物です。今回は、そんなツワブキの花言葉や、特徴・開花時期などを紹介していきます。

晩秋から初冬にかけて黄色い花をつける

出典:筆者撮影

ツワブキは、晩秋から初冬にかけて、菊に似た黄色い花を咲かせます。日光を追うように伸びるさまは、寒い季節の庭を華やかに彩ってくれます。また「石蕗の花(つわのはな)」は、古くから冬の季語としても愛されています。小林一茶や斎藤茂吉など、多くの有名な歌人がツワブキの花を歌ってきました。

品種によって葉の形が様々

出典:写真AC

ツワブキの名前の由来は、大きく艶やかな葉です。しかし品種によっては、葉の形が違うものもあります。ちしゃのように縮れた葉を持つ『大獅子』や、星を散りばめたかのような紋を持つ『天星』を通常の葉を持つ品種の間に植えると、庭のアクセントになります。

花言葉は「困難に負けない」など

出典:写真AC

ツワブキの花言葉は、「困難に負けない」「謙虚」などです。丈夫で、潮風の強い海辺や日当たりの悪い日陰でも成長できる、強い生命力を持っていることに由来します。また「愛よ甦れ」という花言葉もあり、こちらも低い温度にさらされても濃い緑を保ち続ける姿から付けられました。

茶花としても愛されるツワブキ

出典:写真AC

ツワブキは日本庭園の定番である他、花の種類の少ない季節に咲くため、茶室にいける茶花としても知られています。茶花は比較的落ち着いた花が好まれますが、ツワブキの花は明るく葉も艶がありますから、若い葉と組み合わせて落ち着いた雰囲気を出してあげると品が出ます。

ツワブキとそっくりなフキ

出典:写真AC

ツワブキにそっくりな植物として、フキがあります。こちらも、庭に植えられたり山菜として野山に生えていたりと、多くの点で共通します。ツワブキと一番大きく異なる点は、花が咲く時期です。フキは晩冬にふきのとうをはやし、その先に小さく白い花をたくさんつけます。

のイメージ
ふきのとうとは?その種類や生態・生息地を紹介!「ふき」との違いは?
冬が終わると、ひょっこりと顔を出すふきのとう。かわいらしい姿に、春の訪れを感じますね。さらに暖かくなると、似たような名前のふきが見られます。本記事では、「ふきのとう」と「ふき」の違いや、ふきのとうの特徴についてご紹介します。

葉の様子で見分けがつく

出典:写真AC

夏など花がつかない時期は、葉で区別すると区別しやすくなります。フキ(写真上)は表面がザラザラしていますが、ツワブキ(下)はその名の通りツヤツヤと光っているため区別できます。また茎の形も異なっており、フキのほうが茎が太く中空となっています。

出典:写真AC

ボタニ子

ボタニ子

せっかくだから、この機会に育ててみようかな。次のページで詳しく見てみよう。

関連記事

Article Ranking