シャコバサボテンの育て方!トラブルへの対処法など管理のコツを解説!

シャコバサボテンの育て方!トラブルへの対処法など管理のコツを解説!

秋めいた気配を感じる季節になると店先に並ぶ花の一つにシャコバサボテンがあります。かわいい蕾がたくさんついたものや既にいくつか開花しているものなど様々です。寒い冬に明るく素敵な彩りを与えてくれるシャコバサボテンの育て方や管理のコツ、増やし方などをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.シャコバサボテンとは
  2. 2.シャコバサボテンの育て方
  3. 3.シャコバサボテンの手入れ
  4. 4.シャコバサボテンの管理のコツ
  5. 5.シャコバサボテンのトラブルと対処法
  6. 6.まとめ

シャコバサボテンとは

Photo by blumenbiene

シャコバサボテンはブラジル原産の多肉植物です。「クリスマスカクタス」や「デンマークカクタス」などといった名前で呼ばれることもあります。これは北半球での開花時期がクリスマスの頃にあたるためと、デンマークで品種改良が行われたことによるものです。花の色はさまざまで、ピンク、赤、白、黄色、オレンジ、複色などです。花言葉には「一時の美」「美しいながめ」「波乱万丈」「愛される喜び」「冒険心」「勝利」「有能」などがあります。

シャコバサボテンの特徴

Photo by THE Holy Hand Grenade!

たくさんの花言葉をもつシャコバサボテンですが、育てるうえで重要なポイントとなる点があります。それは短日植物であるということです。この特徴を意識せずに育ててしまうと開花時期が来ても花が咲かない状態になってしまうことがあります。また、シャコバサボテンの剪定にあたる作業に「葉摘み」と「芽摘み」という手入れがある点も特徴です。

 
日本名 シャコバサボテン
別名 クリスマスカクタス、デンマークカクタス、カニバサボテン
学名 Schlumbergera(Zygocactus)
科名 サボテン科
属名 カニバサボテン属(シュルムベルゲラ属)
原産国 ブラジル
分類/形態 多肉植物 草花/多年草
草丈 15~40cm
花色 ピンク、赤、白、黄、オレンジ、複色
耐寒性 弱い
耐暑性 普通
増やし方 さし芽が一般的

シャコバサボテンの種類

Photo by blumenbiene

シャコバサボテンの種類でよく知られた品種には「コンペイトウ」「ダーク・マリー」「エバ」「ゴールド・チャーム」「スーパー・ケーニガー」「パール・ウエーブ」「ホワイトベル」「ピンク・ローズ」などがあります。

品種 特徴
コンペイトウ コンペイトウに似た小さな蕾はピンクで花は赤色
ダーク・マリー 濃赤花、大型
エバ ピンク花、たくさん花を咲かせる
ゴールド・チャーム 薄黄花、大型
スーパー・ケーニガー 薄オレンジ花、大型
パール・ウエーブ 白花、立ち性でフリンジ咲き
ホワイトベル 白花、開花時に気温が低いとピンクがかる
ピンク・ローズ ピンク花、立ち性でバラ咲き

次のページ

シャコバサボテンの育て方

関連記事

Article Ranking