庭をおしゃれに!アンティークレンガの入手方法と活用アイデアをご紹介!

庭をおしゃれに!アンティークレンガの入手方法と活用アイデアをご紹介!

庭づくりがお好きなら、アンティークレンガを使ってのスタイルを思い描く方も多いのではないでしょうか。小道を作ったり、小さな広場にしたり、さまざまな楽しみ方があります。この記事ではアンティークレンガを安く買う方法や、使い方のアイデアをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.アンティークレンガを使ったおしゃれな庭
  2. 2.アンティークレンガってどんなもの?
  3. 3.アンティークレンガはどこで購入する?
  4. 4.アンティークレンガを使ったパターン
  5. 5.まとめ

アンティークレンガを使ったおしゃれな庭

出典元:unsplash

アンティークレンガを使ったおしゃれな庭をいくつかご紹介します。どれも散歩の足を止めたくなる、雰囲気のあるたたずまいです。ぜひ庭造りのアイデアのヒントになさってみてください。

温かみのあるアンティークレンガに映えるバラ

出典元:写真AC

丹精込めて育てたバラを、アンティークレンガの壁にはわせるとまた違ったおもむきになります。ガーデニングの仕上げにこういったレンガのフェンスはおすすめです。

アンティークレンガで作る小さなスペース

出典元:pixabay

足もとに古レンガと呼ばれるアンティークレンガを敷き詰めたデザインです。花を育てるだけでなく、こういった場所を作るのもガーデニングの1つの楽しみです。それぞれのレンガに刻まれた刻印を読み取るのも面白いのではないでしょうか。

アンティークレンガで大人っぽい庭を演出

足下にも敷き詰め、フェンスにもアンティークレンガを使っている庭です。植木鉢やツボなども雰囲気を合わせると立体的になって、よりアンティークレンガの魅力を満喫できるでしょう。雨が降るとマットな雰囲気が出て落ち着いた景色になります。暑い季節にも涼しさを演出できる庭です。

アンティークレンガってどんなもの?

出典元:pixabay

アンティークレンガとは実際の建築物が解体されるときに出るレンガです。廃材として出た中古のレンガを再利用しようというのがアンティークレンガです。そのため「古レンガ」と言われることもあります。建築の材料として使われていたので、つなぎのモルタルが残っていたり、割れや欠けがあったりします。

新品のレンガと違う味わい

出典元:pixabay

割れや欠けがあっても、ひとつひとつが違っていて個性が楽しめるのがアンティークレンガのよいところです。時間のたった味わいをすぐに出せるのも中古の古レンガならではの特徴といえます。新品のレンガのような単調な色合いでなく、表情豊かな質感を楽しむのにおすすめです。

アンティーク調レンガとアンティークレンガ

アンティークレンガは建物が解体される際や、焼き物を焼く窯が解体される時に出るものなので、数量が限られています。そのため新しい素材を加工して「アンティーク調」にしたものも多く流通しています。それぞれのよさを知ってとりいれてみましょう。

リーズナブルに仕上げたい時の味方

本当のアンティークレンガは新品のレンガの1.5倍以上の値段になりますから、アンティーク調レンガを利用するのも安くする1つの方法です。最近では高い技術を用いて新しいレンガを中古の古レンガのように加工できるようになっています。かどを落としたり高温で焼きしめたりして古レンガの味わいを出す技術です。

タイルが使われることもある

出典元:写真AC

安くするためアンティーク調のレンガが使用されることがありますが、さらにレンガをスライスしてタイルとして使用している施工もあります。レンガを積み重ねるのではなく壁や建物の表に貼り付けて使用するもので、アンティーク調を楽しみたいが安くしたいという場合は1つの工法としておすすめです。

使われていた地域によって種類が違う

日本は地震が多く、レンガの建築物は海外に比べると少ないといえます。そのためアンティークレンガは輸入ものが大半です。イギリスをはじめとするヨーロッパのもの、北欧、アメリカからも入って来ます。また中国もレンガ造りの建物が多く、中古の古レンガが上海や大連から輸入されています。

イギリスの赤っぽいレンガ

イギリスでは伝統的に赤っぽいレンガが使われていました。時間を経て落ち着いたくすんだ赤に変わっていき、温かみのある色合いになります。アンティークレンガを使えば、温かみのある、時間を経た感じがすぐに演出できます。ガーデニングで栽培する植物が見ばえすることでしょう。

中国のレンガはチャイナブルー

近代化が進む中国ですが、今も上海や大連には歴史を感じさせるレンガ造りの建物が残っている地域があります。解体された建築物から出たアンティークレンガは、ヨーロッパで出る古レンガとはひと味違った個性が人気です。レンガの組み方次第で黒とグレーをミックスしてスタイリッシュな空間が作れます。

ベルギーブリックは柔らかな色調

ベルギーブリック(レンガ)もガーデニング愛好家の間で人気があります。イギリスの赤いものよりも落ち着いた色調が人気の理由です。ベルギー人は誕生の時にレンガを持って生まれてくると言われるほど、多くの人がレンガに強いこだわりがあります。新品のレンガを古レンガのように加工することも盛んに行われているお国です。

東南アジアもアンティークレンガの宝庫

写真のアンティークレンガはベトナムの穴あきのタイプです。穴があることでレンガのこちら側と向こう側の視界がつながり、広さを感じられるようになります。目隠しはしたいが、圧迫感をなくしたいところに穴あきのレンガをミックスするのもいいアイデアです。アジア地域のレンガもオリエンタルな魅力で人気の商品です。

次は、アンティークレンガの購入方法や並べ方のパターンをご紹介します!

次のページ

アンティークレンガはどこで購入する?

関連記事

友だち追加

Article Ranking