山わさび(西洋わさび)の栽培方法!増やし方や太くならない時の対処法など解説!

山わさび(西洋わさび)の栽培方法!増やし方や太くならない時の対処法など解説!

西洋わさびであるホースラディッシュは北海道で山わさびと呼ばれ、育て方のコツさえ覚えれば自宅の庭で育てることができます。この山わさびは北海道の山で自生しており、育て方も難しくありません。山わさびの栽培方法や増やし方・害虫対策などについて、くわしくご紹介します。

    山わさびの特徴

    日本で根わさびとして食される山わさびは、海外でホースラディッシュと呼ばれる西洋わさびの仲間です。見た目は白い「ごぼう」のようですが、北海道では本わさびと区別するため「蝦夷わさび」とも呼ばれ、調味料やご飯のお供として親しまれる食材です。山わさびの育て方は簡単なので、栽培方法や増やし方・害虫対策ついて詳しくご紹介します。

    山わさびの栽培地域

    山わさびの原産国はフィンランドや東ヨーロッパです。アブラナ科の多年草でセイヨウワサビ属に分類され、北海道など冷涼な気候を好み、日本では岩手県や島根県などで栽培されています。本わさびのように清流ではなく、山の明るい日陰で育ち、栽培年数も3年は要する本わさびより短い期間(約1年ほど)で収穫可能です。

    山わさびと本わさびとの違い

    山わさびは太くなりにくい

    山わさびは本わさびと比べると、少し細い印象があります。太くならない理由は、本わさび・山わさびのどちらにも含まれる殺菌成分(アリルイソチオシアネート)の量の違いです。本わさびはこの成分が水に流れ出るため根が太くなるのですが、土で栽培される山わさびは根に残るため太くならない特徴が現れます。

    山わさびの方が味や香りも強い

    Photo by senngokujidai4434

    山わさびと本わさびは見た目だけでなく、味と香りも違います。山わさびの辛さは本わさびの1.5倍あり、刻んでいる時点から涙が止まらなくなるほどです。本わさびは甘さと辛さがあるのに比べ、山わさびは舌が痺れる辛さが強く、香りは「大根わさび」という別名通り大根に近いです。

    山わさびの育て方

    山わさびの栽培方法としては、ホームセンターなどで販売されている種苗が始めやすいでしょう。または、スーパーなどで食材として販売されている山わさびの一部を利用しても栽培できます。

    山わさびの上手な育て方(用土)

    もみがらくんたん 40L 籾殻くん炭 焼過てない良質なクン炭 植木鉢 鉢 バラ ばら 薔薇 園芸 庭 ガーデニング

    出典: Amazon
    Amazon

    西洋わさびである山わさびは、土で育てることができます。用土は水はけがよいようにバーミキュライトなどを加え、酸性を嫌うので中和させるために苦土石灰や籾穀くん炭などを混ぜ込みましょう。

    のイメージ
    石灰肥料の種類一覧!苦土石灰・消石灰・生石灰・有機石灰の違いは?
    石灰肥料といえどたくさん種類があってどれを使用したらよいかわからないことはありませんか?正しい方法で使用しなければなかなかうまく植物が育たないことにもなりかねません。石灰肥料の種類や特徴、効果的な使用方法と選び方をまとめてみました。
    のイメージ
    消石灰とは?肥料としての成分・効果・使い方を詳しく図解で解説!
    消石灰(水酸化カルシウム)の用途は、酸性の土をアルカリで中和すること。土の中和によって肥料を吸収しやすくなり、雑草対策と土壌消毒の効果もあります。アルカリである消石灰の安全な使い方、名前の似た生石灰との違いを解説します。安全な利用に役立ててくださいね。

    山わさびの上手な育て方(植え付け時期)

    山わさびは耐寒性があるので、植え付けに適している時期は9月から翌年の4月まであります。冬越しも植えたままで大丈夫ですが、一番安定している植え付け時期としては3月から4月です。

    植え付け方法

    グリーンメール:苦土石灰5kg

    参考価格: 581円

    出典: Amazon
    Amazon581円

    山わさびを植えつける1週間前に土壌を中和させるため、1立方あたり100グラムの苦土石灰を混ぜ込んでおきます。露地に植える場合は30センチから45センチと深めに堀り、種苗は30センチの間隔で植えましょう。プランターの場合は深さのあるものを用意して、2株植えるときは長さ60センチほど必要です。土は種苗が隠れるくらいに被せます。

    注意点

    日本の夏は高温多湿になるため、できるかぎり風通りのよい半日陰となる場所に置くことが必要です。葉もあまり茂りすぎていると蒸れるので、外葉を整理して風が通るようにします。北海道などの冷涼な気温を好む山わさびは、夏の管理が重要になります。

    水の管理

    水はけのよい土壌に植えているので、水は乾いたらたっぷりと与えます。水が足りずに葉が萎れると栄養を送れず、山わさびの根が太くなりません。また、水が不足すると根が固くなるので要注意です。

    山わさびの上手な育て方(肥料)

    北海道の山に自生するほど強い生命力を持つ山わさびには、特別な肥料は必要ありません。与えるとすれば腐葉土や野菜用として販売されている肥料を適宜施せば十分です。

    肥料の与え方

    山わさびの肥料はまず植えた1週間後に、種苗から離れた場所に肥料を入れます。その後、3週間から4週間ごとに根を太らせるために追い肥を与えます。このとき、山わさびの根が土から出ていないか確認して、土寄せをしましょう。収穫するまで、肥料と土寄せを繰り返していきます。

    関連記事

    Article Ranking