ムサシアブミとは?その特徴と育て方をご紹介!花や実に毒性はあるの?

ムサシアブミとは?その特徴と育て方をご紹介!花や実に毒性はあるの?

ムサシアブミは日本の野山に広く生息している野草であり、見たことがある人も少なくないでしょう。ムサシアブミは見た目に特徴がある植物で、観葉植物にも最適なので栽培したいと考える場合もありますが、毒性があるので育て方には注意が必要な野草でもあります。

記事の目次

  1. 1.ムサシアブミの基本的な特徴
  2. 2.ムサシアブミの花言葉
  3. 3.ムサシアブミの育て方
  4. 4.ムサシアブミの毒性
  5. 5.観葉植物としてムサシアブミは特徴を持っている

ムサシアブミの基本的な特徴

ムサシアブミは漢字で書くと「武蔵鐙」になり、その名前の通りに旧国名の武蔵の国で良質なものが栽培されていました。花の形状が馬に乗る際に装着する鐙に似ていて、栽培の生息地と花の形状から、このような名前が付けられています。

一本の茎が途中で分岐し、二枚の葉の中心に花柄が伸びるという姿をしていて、まるで人間が万歳をしたような姿に見えるという特徴を持っています。大きさは20~50cm程度になっていて、一本の単体で育っている場合もありますが、複数の株が寄り集まっていることもあります。

ムサシアブミの花の特徴

ムサシアブミはサトイモ科に属している植物であり、花は一本の茎から分化した二本の葉の茎の間に存在しています。この花は花軸に密集して花が咲く肉穂花序(にくすいかじょ)であり、この花序を包み込むように大きな仏炎苞(ぶつえんほう)を持っているという特徴があります。

開花時期は3月から5月までの春であり、花が散ると美しい赤い色をした実を付けます。

ムサシアブミの花の色

ムサシアブミの花は紫と緑の二種類があり、どちらもその色が筋状になって花に表れます。このような色は野草では珍しく、この珍しい色をしている花を咲かすので以前より栽培が行われてきた理由と言えるでしょう。しかも花が大きいため、自然で育つ野草の中では目立つ存在であるのは間違いありません。

ムサシアブミの花言葉

ムサシアブミの花言葉は「偉大な勇者」です。植物に勇者を花言葉に使っているのは珍しいのですが、その意味は花が馬具として使用される鐙という道具に似ているからでしょう。

仏炎苞はサトイモ科の植物にはよくある特徴ですが、ムサシアブミの場合は仏炎苞に緑や紫の筋が入っていて、力強さを後押ししています。

ムサシアブミのもう一つの花言葉

ムサシアブミには「偉大なる勇者」の他に「威厳」という花言葉を持っています。この花言葉の由来は花が仏炎苞を持っていて、その姿がとても荘厳で凛とした姿に映って見えるからでしょう。栽培することもできますが本来は野山に咲く野草であり、自然の植物の中でその特異な格好は気高くもあり、まさに「威厳」という言葉が適していると言えます。

関連記事

Article Ranking