ツルアジサイとは?その特徴や育て方をご紹介!イワガラミとの違いは?

ツルアジサイとは?その特徴や育て方をご紹介!イワガラミとの違いは?

樹木やフェンスに絡む姿が印象的なツルアジサイ。ポイントを押えれば育て方も簡単なので、初心者にもおすすめの植物です。誘引してトンネルにするなど、楽しみ方のバリエーションも豊富です。そんなツルアジサイの特徴や育て方などをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ツルアジサイとは?
  2. 2.ツルアジサイの特徴
  3. 3.イワガラミとの違い
  4. 4.ツルアジサイの育て方
  5. 5.まとめ

ツルアジサイとは?

ツルアジサイはその名の通り、つるを他の植物に絡ませながら成長する紫陽花です。他にも「ゴトウヅル」や「ツルデマリ」と呼ばれることもあります。

ツルアジサイの基本情報

ミズキ目
アジサイ科
アジサイ属
学名 Hydrangea petiolaris
和名 ツルアジサイ(蔓紫陽花)
英名 Climbing Hydrangea
形態 落葉つる性木本
開花時期 6~7月

ツルアジサイの分布

九州から北海道、サハリン、朝鮮南部などの山林に分布しています。耐暑性も耐寒性も備えているため、幅広い環境に適応可能です。

ツルアジサイの活用

ツルアジサイは、つる性で他の植物などによく絡む点を活かして、アーチやフェンス、壁面、ガレージに這わせて利用することがよくあります。紐などの誘引資材をつかえば、きれいに這わせやすいでしょう。

ツルアジサイの特徴

花の特徴

ツルアジサイは、枝先に黄白色の小さな花をたくさん咲かせます。この花の集合体を「花序(かじょ)」と呼びますが、ツルアジサイの花序は直径10~18cmほどで、この周りを3~7個の装飾花が取り囲みます。装飾花とは、花序を飾ることで昆虫にアピールし送受粉を助ける花のことです。ツルアジサイの装飾花はひとつが1.5~3cmほどの大きさで、花びらのように見える4枚の白い萼片(がくへん)からなります。

ツルアジサイの花言葉

ツルアジサイだけでなく、アジサイ全体の花言葉をご紹介します。アジサイの花言葉は、「移り気」「冷淡」「辛抱強さ」などです。「移り気」はアジサイの花が咲いた後に変化していく点、「冷淡」は花の色のイメージ、「辛抱強さ」は開花時期が長い点にそれぞれ由来していると言われています。この他にも「家族」や「団らん」といった花言葉もあります。

葉の特徴

ツルアジサイの葉は、節から2枚向かい合って生える「対生」という生え方です。葉の大きさは5~12cm程度で、先端が尖った丸い形をしています。葉の縁には「鋸歯」とよばれるギザギザがあり、この鋸歯が細かくはっきりしているところが特徴的です。

樹の特徴

ツルアジサイは他の樹やフェンスに絡む姿が印象的な植物です。自身の幹や枝から「気根」と呼ばれる根を出して絡みついていきます。自生しているものは、高さ20mほどまで達することもありますが、栽培する場合は剪定して2mほどにとどめることが可能です。樹皮は淡い褐色で、薄くはがれるようになっています。

実の特徴

ツルアジサイの果実は、直径3mmほどの球体です。花の時期を終えた9~10月に熟します。この果実は「さく果」と呼ばれる形態で、乾燥すると果皮が避けて種子が出てきます。

イワガラミとの違い

イワガラミは、ツルアジサイと同じくアジサイ科の植物でつる性木本でもあるため、他の植物に絡む姿もそっくりです。遠目に見ると瓜二つのツルアジサイとイワガラミですが、近づいて見ると違いがよくわかります。見分ける際の特徴をご紹介します。

見分け方のポイント

ツルアジサイとイワガラミの違いは、装飾花と葉の鋸歯を見ればよくわかります。ツルアジサイの装飾花が4枚の萼片からなるのに対し、イワガラミの装飾花は1枚なので、あまり花らしい形をしていません。また双方とも葉には鋸歯がありますが、ツルアジサイの鋸歯よりもイアワガラミの鋸歯のほうが粗くなっています。

関連記事

Article Ranking