イングリッシュローズのおすすめ品種を色別にご紹介!人気の色はどれ?

イングリッシュローズのおすすめ品種を色別にご紹介!人気の色はどれ?

イングリッシュローズの人気は年々高まる一方です。花の美しさや育てやすさはもちろん、色や特徴など種類の多さもその魅力の一つと言えます。おすすめのイングリッシュローズとはどんなバラか、ここでは色別のおすすめ品種とその魅力をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.イングリッシュローズとは?
  2. 2.白色のイングリッシュローズおすすめ品種
  3. 3.黄色のイングリッシュローズおすすめ品種
  4. 4.アプリコット色のイングリッシュローズおすすめ品種
  5. 5.ピンク色のイングリッシュローズおすすめ品種
  6. 6.赤色のイングリッシュローズおすすめ品種
  7. 7.一重咲きのイングリッシュローズおすすめ品種
  8. 8.まとめ

イングリッシュローズとは?

デビッド・オースティンが作出

Photo by T.Kiya

<コンスタンス・スプライ>

1961年にイギリスのデビッド・オースティンが育苗した「コンスタンス・スプライ」というバラが発売されました。これがイングリッシュローズの誕生です。オールドローズとモダンローズを交配して作り出されたバラは、オールドローズの優しい美しさと香りの良さに、モダンローズの四季咲き性と豊富な色彩を併せ持つ、優れた特性を持っています。このデビッド・オースティンが作り出すバラの種類をイングリッシュローズと呼び、今に至るまで世界中のバラ愛好家から高い人気を集めているのです。

花が美しい

イングリッシュローズの最大の魅力は、オールドローズの系統を引き継ぐ綺麗な花姿です。咲き始めは少女のような初々しさで、幾重にも重なった花びらが咲き開くとともに豪華さを増していきます。優しくて柔らかい花の雰囲気は、見る人を惹きつけてやみませんね。

芳醇な香り

花の美しさとともに、種類豊富で濃厚な香りもイングリッシュローズの特徴の一つです。オールドローズのクラシックな香りを受け継いだ種類、ミルラ系、ムスク系、ティーローズ系などの豊かな香りの種類、またフルーツ系のさわやかな香りの種類と、それぞれ素晴らしい香りがあります。

育てやすい

イングリッシュローズは生育もよく、地植えはもちろん、鉢植えにも向いています。背丈も120~150cmほどの高さなので、花壇の前方に植えても、ほかの植物の邪魔になることもなくうまく調和します。また、つるバラのようにどんどん伸びていく種類もあるので、アーチやフェンスで見栄え良く咲かせることもできますよ。深く剪定しても翌年の春にはたくさん新芽を出してぐんぐん伸びるので、剪定で失敗することもありません。

病気に強い

バラがよくかかる病気に、黒点病やうどんこ病があるのですが、イングリッシュローズはそのどちらにも耐病性があるので安心です。できるだけ無農薬で育てたい、という方にもおすすめですね。しかも毎年品種改良されて、病気に強い性質を強化した新しいバラが次々と発売されています。

白色のイングリッシュローズおすすめ品種

クレア・オースティン

最高品種の白バラ

クレア・オースティンは綺麗なカップ咲きで、丸みのある花びらが重なり合い美しい円形に咲きます。香りも濃厚で、甘い中にスパイシーさがあるミルラ系の香りです。蕾は淡いレモン色で、開くにつれて純白に変化します。デビッド・オースティンがこのバラを白バラの最高品種と称え、自分の娘の名前をつけたのもうなずけますね。樹高は1.5~2.5mまで伸びるので、つるバラとしても人気の高いバラです。

トランク・ウィリティー

美しい純白のバラ

トランク・ウィリティは美しいロゼット咲きで、花びらが幾重にも綺麗に並ぶのが特徴です。つぼみはクリーム色ですが、咲き開くと真っ白になり、イングリッシュローズの中でも特に美しい花の代表格とされています。香りはそんなに強くはありませんが、ほのかにリンゴのような甘酸っぱい香りがします。オールドローズのような柔らかい葉で、とげも少なめです。樹高は1.25mであまり高くならないので、花壇の前方に植えても大丈夫ですよ。

ウィリアム・アンド・キャサリン

ウィリアム王子の結婚を祝したバラ

ウィリアム・アンド・キャサリンは典型的なカップ咲きで、中央に細かい花びらが重なって丸みを帯びるオールドローズの花の特徴をそのまま引き継いでいます。花は気品のある純白で、小さめの葉も美しいバラです。香りはほのかなミルラ系、樹高は1.25mでコンパクトにまとまります。このバラはイギリスのウィリアム王子とキャサリン妃の結婚をお祝いして、お二人の名前が命名されました。まさにウィリアム・アンド・キャサリンは王室の気高さが漂う白バラですね。

黄色のイングリッシュローズおすすめ品種

グラハム・トーマス

殿堂入りの最も有名なバラ

グラハム・トーマスは2000年にバラの殿堂入りをするほど有名なイングリッシュローズで、誰もが育ててみたいと憧れる人気の高いバラです。咲き始めはオレンジ色のような濃いイエローで、咲き開くにつれ柔らかい色合いに変化します。花の形は綺麗なカップ咲き、濃厚なティー系の香りがして、まさに英国らしいバラです。樹高は1.25~3.5mまで伸びて、つるバラとしても利用できます。

のイメージ
グラハム・トーマスの育て方!バラ品種としての特徴と管理のコツを解説!
グラハム・トーマスは数あるイングリッシュローズの品種の中でも、世界中のロザリアンから愛され、もっとも美しい黄色の薔薇と絶賛されています。今回はグラハム・トーマスの特徴、美しい花を咲かせるための育て方や花言葉をご紹介します。

ゴールデン・セレブレーション

大輪で華やかさがあるバラ

ゴールデン・セレブレーションの花の色は金色のような濃い黄色で、大輪の花が華やかな雰囲気をかもしだします。まさにゴールデン・セレブレーション(金色のお祝い)という名前がぴったりのバラですね。美しいカップ咲きで、香りはティー系から徐々にシトラスのようなフルーティーな香りに変化します。樹高は1.25~3m、枝が細くて花がうつむきがちになるので、つるバラにしてアーチなどで下から眺めるのにも適したバラです。

ザ・ピルグリム

黄色の濃淡が美しいバラ

ザ・ピルグリムは細かい花びらが綺麗に重なり合うロゼット咲きで、とても優しい雰囲気があるバラです。花の色は中心は濃い黄色ですが、外側はだんだん淡く白っぽいレモン色に変化して、グラデーションの美しさを楽しむこともできます。ピルグリムは巡礼者の意味があって、チョーサーが書いた「カンタベリー物語」にも巡礼者が登場します。イギリスの国民的抒情詩に名前が由来しているということですね。ティー系とミルラ系が混ざり合ういい香りで、1.5~3mまで伸びるのでつるバラにもなります。

アプリコット色のイングリッシュローズおすすめ品種

グレイス

最も優美な花姿のバラ

グレイスの花びらは先端が少しとがった形で、最初はカップ咲きですが開くにつれてロゼット咲きになります。綺麗な咲き方で、多くのイングリッシュローズの中でも特に花びらの美しさが際立ったバラと言えます。まさにグレイス(優美)という名前がぴったりではないでしょうか。病気にも強くてよく返り咲きするので育てやすいバラです。1mほどの低い位置でコンパクトにまとまる性質なので、花壇の前方に植えることもできますよ。

レディ・オブ・シャーロット

初心者におすすめのバラ

レディ・オブ・シャーロットは病気にも強くて育てやすいので、バラは初めてという初心者の方にもおすすめです。咲き始めは濃いオレンジ色のカップ咲きで、開くとともに花びらの色が柔らかいアプリコット色に変わっていきます。そして花びらの裏側は綺麗な金色がかった黄色になるので、光が当たって花びらが透けるとグラデーションが美しい花色です。香りはティー系の中にスパイシーな香りがして、樹高は1.25mと低めにまとまります。

スウィート・ジュリエット

純粋な愛を感じさせるバラ

スウィート・ジュリエットはその名前から、誰もが「ロミオとジュリエット」の物語を連想するのではないでしょうか。まさにその通り、スウィート・ジュリエットは愛にあふれた純粋な女性のイメージがぴったりなバラです。やわらかなアプリコットピンクの花色は初々しく、綺麗なロゼット咲きの花が何度も返り咲きします。香りは最初はレモンのようなフルーティー系で、徐々にティー系の香りに変わっていきます。1.2mほどの高さでコンパクトにまとまるので、庭の前方や鉢植え向きです。

ピンク色のイングリッシュローズおすすめ品種

ストロベリー・ヒル

強さと美しさが魅力のバラ

ストロベリー・ヒルの花は、中心は濃いめのピンク色から外側に向かうにつれ少しずつ淡く変化して、全体に丸みを帯びたロゼット咲きになります。香りはレモンの香りが混ざったミルラ系で、フルーティーでさわやかな香りがします。病気にも強くて非常によく返り咲きするので育てやすいバラです。樹高は1.25~2.5mまで伸びるので、つるバラとして仕立てることもできます。

クィーン・オブ・スウェーデン

気高さと優しさのバラ

クィーン・オブ・スウェーデンはイギリスとスウェーデンの友好条約の350周年を記念して命名されました。女王の名前にふさわしく、直立して咲く姿は凛として気品にあふれています。ソフトピンクの優しい色合いの花が魅力的で、とげも少ないく花持ちもいいので切り花にもできます。カップ咲きの花はほのかなミルラ系の香りで、花も葉もオールドローズの特徴を引き継いでいます。樹高は1.25mで、鉢植えにしてもよく映えますよ。

ジュビリー・セレブレーション

エリザベス女王を祝うバラ

ジュビリー・セレブレーションはエリザベス女王の即位50周年を記念して作られました。濃いピンク色の花びらの裏側は輝くような黄色で、名前の通り華やかで気品にあふれています。花はカップ咲きの大輪で、枝が細いので少しうつむきがちに咲くバラです。丈夫で病気にもなりにくく、勢いもあるので育てやすいですよ。花の色も美しく、香りもベリー系のフルーティーな香りがして素晴らしい品種と言えます。

赤色のイングリッシュローズおすすめ品種

テス・オブ・ザ・ダーバービルズ

鮮やかな真紅のバラ

テス・オブ・ザ・ダーバービルズは、トーマス・ハーディの小説の主人公、ダーバービルズ家のテスの名前に由来していて、真紅のバラとしてとても人気があります。つぼみからだんだん咲き開くとともに、花びらが外側に広がったカップ咲きになって柔らかな雰囲気になります。赤いバラはちょっと高貴な感じで敬遠されがちですが、このバラはナチュラルなオールドローズを思わせて、親しみを感じる魅力的なバラです。1.25~2.25mまで伸びるので、つるバラとしても育てられます。

フォールスタッフ

深い赤の気品あるバラ

フォールスタッフはビロードのような深みのある赤からだんだん赤紫色に変化します。花びらが多くぎっしり詰まったカップ咲きの大輪で、堂々として気品がある花姿です。枝が太くしっかりしているので、上に向かって直立するような感じて伸びていきます。また病気にも強い性質なので育てやすいバラです。樹高は1.25~2.5mで、つるバラとして仕立てることもできます。

ダーシー・バッセル

Photo by T.Kiya

病気に強く育てやすいバラ

ダーシー・バッセルはロイヤルバレエ団のバレリーナの名前から命名されました。イングリッシュローズの赤バラの中でも最も病気に強い品種として人気があります。初心者でも育てやすいのは嬉しいですね。美しいロゼット咲きの花はフルーティーな甘い香りがします。花は咲き開くとともに赤から紫に変化して、中輪の大きさで次々返り咲きします。樹高は1mなので、低い位置でのポイントとして赤いバラが欲しい時に最適です。花壇の手前や鉢植えに向いています。

一重咲きのイングリッシュローズおすすめ品種

ところで、イングリッシュローズの中にも一重咲きはあるの?

数は少ないですが、ありますよ。八重咲の中にワンポイントとして、一重咲きを植えるのもおすすめです!

キュー・ガーデン

可憐な白の一重咲き

キュー・ガーデンはロンドンにあるキュー王立植物園の250周年を記念して名前がつけられました。白の一重で、芯の部分が淡いレモンイエローの可愛い花です。一つずつはシンプルですが、房咲きになるので見た目は華やかになります。香りはあまり強くありませんが、よく茂ってよく返り咲きしてとても強いバラです。とげが全くないのも嬉しいですね。樹高は1.5mなのでほかのバラの邪魔をすることもなく、庭の脇役としても重宝しますよ。

モーニング・ミスト

ピンクの大輪の一重咲き

モーニング・ミストのつぼみは赤で、開いた花は大輪の濃いピンクです。香りはあまりありませんが、大きさと色でインパクトがある一重咲きバラと言えるでしょう。また冬には大きなオレンジ色の実もなるので、花後も楽しみがあります。1.8mの高さになるので、このバラだけ植えても十分見ごたえがありますね。

トッタリング・バイ・ジェントリー

元気な黄色の一重咲き

トッタリング・バイ・ジェントリーは中心が濃い黄色になりとても美しい色合いです。一つ一つの花も綺麗ですが、まとまって咲くと一層華やかになります。樹高は1.4m、夏の間でもよく返り咲きする元気なバラです。発表されてまだ日が浅いのですが、育てやすくて可愛らしいのでどんどん人気が高まっています。

まとめ

いかがですか?お気に入りのイングリッシュローズは見つかったでしょうか?色別にしていくつかのおすすめ品種を挙げましたが、このほかにもまだまだたくさんの魅力的なバラがあります。そしてこれからも毎年新しい種類のバラが次々と発表されることでしょう。イングリッシュローズの魅力は尽きることがありませんね。園芸店やバラ園で探せば、きっとあなたのお好みにぴったりのイングリッシュローズが見つかりますよ!

kurumi
ライター

kurumi

バラをこよなく愛しているから、とげに刺されたって負けない!

関連記事

Article Ranking