3月に種まきできる花の人気品種5選!各種の開花時期や特徴を紹介!

3月に種まきできる花の人気品種5選!各種の開花時期や特徴を紹介!

3月は春の日差しを受けた植物たちが目覚め、ガーデニングシーズンがいよいよ始まる季節です。ガーデナーたちが庭の演出に思いを巡らせる一方で、まだ肌寒さも残ります。そんな季節におすすめの、3月に種まきできる花の開花時期や特徴、種まきのポイントや花言葉をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.3月の種まき
  2. 2.3月に種まきできる花①イソトマ
  3. 3.3月に種まきできる花②ペチュニア
  4. 4.3月に種まきできる花③メランポジューム
  5. 5.3月に種まきできる花④ナスタチューム
  6. 6.3月に種まきできる花⑤ジャーマンカモミール
  7. 7.まとめ

3月の種まき

3月の種まきのポイント

3月の種まきは「温度管理」が大切!

少しずつ暖かい日が増える季節ですが、まだ気温が安定せずガーデニングにはやや早い春。3月の種まきのポイントは「温度管理」です。発芽に必要な温度の多くが15~20℃なので、室内で管理した方が種まきの成功率は高くなります。日中は窓辺でしっかり日光に当て、夜間はポリ袋をかぶせたり、暖房が直接当たらない暖かい部屋に移動させたりして、できるだけ発芽適温をキープしましょう。

室内で種まきするメリット

3月は寒暖差に加えて、天気が変わりやすい季節でもあります。しかし、室内で種まきすれば、雨で土がえぐられることも、強風で種が飛ばされてしまうこともなく、害虫の被害も防げます。また、目につきやすいため、水切れやカビなどのトラブルにすぐ対処できるなど、さまざまなメリットがあるのです。デリケートでこまめな観察が必要な種まきには、室内での管理がおすすめです。

気候が安定しない季節は、ぽかぽかの室内でのガーデニングを楽しみましょう!

3月に種まきできる花①イソトマ

イソトマの特徴

Photo by Tatters ✾

春と秋に活躍するイソトマは、透明感があるかわいい花が魅力です。

開花時期は5月~7月、その後切り戻すと9月中旬~10月中旬にも花を咲かせます。耐寒性が弱く冬越しには温度管理が必要なうえ、更新した方がよい株になるため、春に種まきで育てるのがおすすめです。茎は細く、ぎざぎざの葉と星形の花がドーム状に広がるので、庭のふちどりや鉢植え、ハンギングなどに向いています。

イソトマの基本情報

形態 多年草(一年草扱い)
種まき 2月下旬~4月、9月中旬~10月上旬
開花時期 5月~7月、9月中旬~10月中旬
花色 青、紫、白、ピンク
草丈 20~40cm
発芽適温 15℃前後
耐寒性 弱い
耐暑性 やや弱い

イソトマの種まきのポイント

発芽適温は15℃前後です。こぼれ種でも増えるほど丈夫なので、種まき初心者にもおすすめです。好光性のとても小さな種なので、育苗トレーなどにまき、土をごく薄くかけましょう。容器の底から吸水させ、乾かさないように管理すると2週間ほどで発芽します。元気な芽を残して間引いたら、本葉3~4枚でポットに移植しましょう。根が張り株が大きくなったら植え付け可能です。

高温多湿が苦手なので、移動できる鉢植えにすると長く楽しめますよ!

イソトマの花言葉

イソトマの花言葉

  • 【ポジティブな花言葉】心を開く / 嬉しい知らせ / 神聖なる思い出
  • 【警告の花言葉】強烈な誘惑 / 猛毒

イソトマの茎を切った時に出る白い液には、「イソトミン」というアルカロイド系の毒が含まれています。皮膚炎を起こしたり、目に入ると失明の恐れもあることから「猛毒」という花言葉がつけられました。イソトマをお手入れするときは、手袋をつけるなどして直接触らないように注意しましょう。

イソトマとは?切り戻しや冬越しの仕方など育て方のコツを紹介!のイメージ
イソトマとは?切り戻しや冬越しの仕方など育て方のコツを紹介!
イソトマは、春から秋にかけてかわいらしい花を咲かせる植物です。イソトマの花は、ハンギングやガーデニングでもさわやかな印象をあたえてくれます。そんなイソトマの基本的な育て方から切り戻しの注意点、冬越しの方法までまとめてご紹介します。

次のページ

3月に種まきできる花②ペチュニア

関連記事

Article Ranking