サントリナの育て方!剪定方法・時期や上手な管理の仕方を詳しく解説!

サントリナの育て方!剪定方法・時期や上手な管理の仕方を詳しく解説!

サントリナは茎や葉にさわやかな香りがあり、ドライフラワーやポプリにして、天然の防虫剤としても利用できるハーブです。コンパニオンプランツの用途でも人気のサントリナについて、今回は詳しい育て方から剪定方法や時期、上手な管理のポイントまでご紹介します。

記事の目次

  1. 1.サントリナの概要
  2. 2.サントリナの利用方法
  3. 3.サントリナの育て方①用土
  4. 4.サントリナの育て方②栽培環境・置き場所
  5. 5.サントリナの育て方③植え方・植え替え方法
  6. 6.サントリナの育て方④水やり
  7. 7.サントリナの育て方⑤肥料の与え方
  8. 8.サントリナの育て方⑥増やし方
  9. 9.サントリナの育て方⑦病気・害虫
  10. 10.サントリナの育て方⑧収穫
  11. 11.サントリナの剪定方法・時期
  12. 12.サントリナの管理ポイント
  13. 13.まとめ

サントリナの育て方④水やり

Photo by sorarium

水やりは表土が乾燥したらたっぷりと

地植えの場合、しっかり株が根づいたら自然の降雨に任せ、水やりは必要ありません。鉢植えは、表土が乾いたら、鉢底から流れ出るくらいたっぷりと水やりします。一年を通じて水やりは控えめに、乾燥気味に管理し、特に夏場は高温多湿が枯れる原因になるので、蒸れないように注意します。

サントリナの育て方⑤肥料の与え方

鉢植えは春と秋に肥料を

地植えは肥料をほとんど必要としません。鉢植えは、春と秋に1回ずつ置き肥をするか、液体肥料を3~4回に分けて与えます。肥料の与えすぎは根腐れの原因になるので注意します。また、サントリナが弱りやすい夏場に肥料を与えると、かえって弱る原因になるので避けましょう。

サントリナの育て方⑥増やし方

サントリナは「揷し木」、「取り木」、「種まき」の3つの方法で増やせます。

挿し木で増やす

サントリナは揷し木で増やす方法が最も一般的です。切り戻しなどで切った10cmくらいの枝先を水に1時間ほどつけた後、赤玉土に揷します。発根するまでの約1か月ほどは日陰で乾燥しないように管理します。春に揷し木したものは、発根したらすぐに鉢植えや地植えにできます。秋に揷し木にしたものは、発根したら鉢に植え替え、春を待って定植します。

取り木で増やす

「取り木」とは茎の途中で発根させ、そこで切り取って新たな株を作る方法です。揷し木と同様、真夏と真冬を除いて周年可能です。

種まきで増やす

サントリナは種まきで増やすこともできます。しかし、多湿な環境では種ができにくく、日本では一般的な方法とはいえません。

サントリナの育て方⑦病気・害虫

Photo by yewchan

病気

蒸れに注意すれば、病気の心配はあまりないでしょう。

害虫

アブラムシにご用心!

新芽やつぼみにアブラムシが発生することがあります。アブラムシよけを施し、見つけ次第駆除します。

サントリナの育て方⑧収穫

サントリナの葉は一年を通じて収穫できます。花は開花後できるだけ早いうちに収穫すると、重みで茎が痛む心配もありません。

ボタニ子

ボタニ子

続いて、サントリナの剪定方法・時期を紹介します。

次のページ

サントリナの剪定方法・時期

関連記事

Article Ranking