マツムシソウ(スカビオサ)とは?品種や特徴を紹介!名前の由来は?

マツムシソウ(スカビオサ)とは?品種や特徴を紹介!名前の由来は?

日本のマツムシソウは高原を彩る薄紫の草花ですが、別名のスカビオサの仲間たちは白・赤・青・紫などさまざまな色や形に改良されて多くの品種が生まれています。マツムシソウというユニークな名前の由来、スカビオサの意味、品種やその特徴をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.マツムシソウ(スカビオサ)とは
  2. 2.マツムシソウの特徴
  3. 3.マツムシソウの人気の園芸種
  4. 4.マツムシソウを育てるには
  5. 5.マツムシソウの楽しみ方
  6. 6.まとめ

マツムシソウ(スカビオサ)とは

(出典:pixabay)

日本で一般的に知られているマツムシソウは、北海道、本州、四国、九州の高原に自生するスイカズラ科マツムシソウ属の2年草です。学名を「スカビオサ・ジャポニカ」といいます。スカビオサの仲間は、アジア、アフリカ、ヨーロッパに80種類ほど分布しています。栽培されているのは、主に西洋マツムシソウとコーカサスマツムシソウです。

名前の由来は

マツムシソウの名前は、秋の高原の代表的な草花であることから、秋を告げる「松虫(マツムシ)」になぞらえたことが由来するといわれています。ほかにも、花が散ったあとの果実の形が僧侶の持つ松虫鉦(マツムシがね)に似ているからという説もあるようです。季節を感じさせる可憐な姿で、俳句の季語となり古くから親しまれています。

マツムシソウとスカビオサの違い

外来種はゴージャスで新種が人気
(出典:pixabay)

マツムシソウはスカビオサの和名で同じものですが、外来種を改良した園芸種の名前は主に「スカビオサ」が使われています。スカビオサの意味は、皮膚病の一種の「疥癬」です。「疥癬」に効く薬草とされていたことから、この名前がつきました。

マツムシソウの特徴

Photo byNennieinszweidrei

一見、キク科の花のようですが、雄しべのつき方と花の構造が異なるスイカズラ科です。日本固有種は高原でしか見られない草花で、外来種を改良した栽培用の園芸種があり、花の色、大きさ、咲く時期など多種多様です。

花のつき方

Photo by suneko

茎の頂上に小花が集まった頭状花で、花の中心部分の小花は筒状に丸まり、周辺部にいくにつれて花弁が広がります。中心部が盛り上がっている品種や、外側の花弁が大きくフリルのようになっている品種もあります。

形がユニークな果実

Photo by127071

花が終わると、実がなります。松ぼっくりやパイナップルにも見えますが、マツムシソウの名前の由来のひとつになっている松虫鉦(マツムシがね)に似ているといわれる果実です。熟すとバラバラと小さく分かれて、落下したり、上部のトゲが動物の体に引っかかって運ばれたりします。

マツムシソウの人気の園芸種

(出典:pixabay)

栽培されているマツムシソウのほとんどは、西洋マツムシソウとコーカサスマツムシソウの改良種で、それぞれ、スカビオサ・アトロプルプレア、スカビオサ・コーカシカといいます。どちらもスイカズラ科ですが、スカビオサ・コーカシカは、マツムシソウ属ではなくロメロシア属で、四季咲きの多年草です。

ジェラートブルーベリー

美味しそうと思われそうな名前で、濃い紫色とともにインパクトのある花です。コーンにジェラートを盛り付けたように小花が集まって盛り上がっているのが特徴で、草丈が60cmになるものもあり、花壇の花としても存在感があります。4〜11月くらいまで咲き続ける四季咲きで、耐寒性のある多年草です。

ピンクレース

ピンクレースの名の通り、繊細なピンクのレースが幾重にも重なっているように見える、とてもゴージャスな大輪の花です。草丈が60cmでこちらも存在感抜群。南アフリカ原産で暑さに強く、夏から秋にかけてピンクのフリルのような花びらで次々に咲くのが特徴です。花付きがよく、花壇や鉢植えが華やかになります。

ファーマ

一見するとアネモネのような大振りの花が魅力のファーマ。白、紫、青紫、青、濃紫、ピンク、赤など花色が豊富です。茎がしっかりしているため、切花に最適です。ブーケのメインにも使えて、上品で華やかな印象を与えます。多年草で通年花をつけますが、高温多湿に弱いため夏の間はケアが必要です。

パーフェクタ・アルバ

パーフェクタ・アルバは、花びらのフリルがかわいらしく上品な白色の花です。茎が長くてしっかりしており、切花に向いています。花嫁のドレスを思わせるような少しクリームがかった白は、お祝い事のアレンジメントにピッタリです。暑さに弱いため夏場にきちんとケアをすれば、次々に花を咲かせる多年草です。

関連記事

Article Ranking