アツモリソウ(敦盛草)とは?特徴や育て方を紹介!名前の由来は?

アツモリソウ(敦盛草)とは?特徴や育て方を紹介!名前の由来は?

ラン科の中でも最も大きな花を咲かせ、その特徴的な見た目から自生するアツモリソウは乱獲や盗掘で絶滅危惧種に指定されるほど。そんなアツモリソウとはいったいどんな植物なのでしょうか。名前の由来、分布や見分け方、気になる育て方も紹介します。

記事の目次

  1. 1.アツモリソウってどんな花?
  2. 2.アツモリソウの名前の由来
  3. 3.アツモリソウの特徴
  4. 4.アツモリソウの仲間と見分け方
  5. 5.アツモリソウの育て方
  6. 6.まとめ

アツモリソウってどんな花?

北海道や本州に分布

出典:写真AC

アツモリソウは寒冷地の草原や明るい林の中に生える多年草です。主に北海道、本州でも中国東北地方など北にいくほど低山などに自生しています。日本の野生のランとしては最大級の大きさの花を咲かせることから、野生のランの王といわれています。

和名 敦盛草、アツモリソウ
学名 Cypripedium macranthum
var.speciosum
分類 キジカクシ目 ラン科 アツモリソウ属
高さ 20cm〜40cm(草丈)
花の大きさ 5cmほど
時期 4月〜7月

アツモリソウの名前の由来

出典:イラストAC

和名である敦盛草(アツモリソウ)の名前は、袋状の花びら唇弁(しんべん)を、平敦盛(たいらのあつもり)が矢を避けるために身につけた防具「母衣(ほろ)」の形に見立てたことが由来します。また、この命名は平敦盛と一騎打ちした熊谷直実(くまがいなおざね)にちなんだクマガイソウと対になっています。

アツモリソウの特徴

4月〜7月に径5cm前後の球形に近い花を、茎の頂上に1花(まれに2花)下向きに付けます。花の色は淡いピンク色から紫色で、ラン特有の唇に似た唇弁があり袋状になるのが特徴です。

ボタニ子

ボタニ子

花がプクッとした袋状で、なんだかゲームに出てくる植物系モンスターみたいな形をしてるわね!

ボタ爺

ボタ爺

日本に自生するランのなかでも最大級の花の大きさなんじゃよ。

ボタニ子

ボタニ子

日本最大級!なんだかラスボスっぽい響きで強そうね!

茎と葉

草丈は20cm〜40cmに成長し、3枚〜5枚の葉が互生しています。地中に横に這う短い根茎を持ち、互いに接するように茎を立てます。葉は15cm〜20cmと幅が広く楕円形、膜のような性質で多くの脈があり、折れ曲がっているのが特徴です。葉は茎の基部を包み込む形に付いています。

ボタニ子

ボタニ子

茎に交互に生える折れ曲がった大きな葉っぱが特徴的ね!

次のページ

アツモリソウの仲間と見分け方

関連記事

Article Ranking