1月22日の誕生花!色ごとの花言葉や誕生石・記念日もご紹介

1月22日の誕生花!色ごとの花言葉や誕生石・記念日もご紹介

1月22日の誕生花は「アネモネ」です。花色ごとにつけられた花言葉や、くわしい育て方について解説します。アネモネ以外の誕生花や誕生石、記念日、この日に生まれた有名人など、1月22日にゆかりのあるものもあわせて見ていきましょう。

記事の目次

  1. 1.1月22日の誕生花は?
  2. 2.アネモネの特徴2選
  3. 3.アネモネの育て方
  4. 4.1月22日の誕生花(アネモネ以外)
  5. 5.1月22日にゆかりのあるもの
  6. 6.アネモネは早春のギフトにぴったり

1月22日の誕生花は?

1月22日の誕生花は「アネモネ」

出典:写真AC

ヨーロッパ原産の球根植物であるアネモネが、1月22日(1/22)の誕生花です。アネモネは古くから人との関わりが深く、各地の神話や伝説にも数多く取り上げられています。開花期は2月~5月で、「早春の風が吹き始めると開花する」ともいわれる花です。花形は一重咲きや八重咲きが一般的です。赤や白、紫などカラーバリエーションも豊富で、ブーケやアレンジメントなど、フラワーギフトにもとても人気がありますよ。

名前 アネモネ
別名 ボタンイチゲ(牡丹一華)
園芸分類・形態 球根植物・多年草
原産地 ヨーロッパ
開花の時期 2月~5月
花の色 赤、白、ピンク、青、紫
暑さ / 寒さ 弱い / 強い
特徴 耐寒性が強い

アネモネの特徴2選

特徴①ギリシャ語が語源の名前

出典:写真AC

アネモネ(Anemone)という名前の語源は、ギリシャ語の「anemos:風」です。これはアネモネが花を咲かせる頃、やわらかな春風が吹き始めることに由来しています。英名も、これにちなんで「wind flower(風の花)」です。日本では「ハナイチゲ(花一華)」「ボタンイチゲ(牡丹一華)」「ベニバナオキナグサ(紅花翁草)」などとも呼ばれていますよ。

特徴②花色ごとの花言葉

出典:写真AC

アネモネの花言葉は「儚い恋」です。風に揺れる可憐な花姿にぴったりの、素敵な花言葉ですね。そのほか、白色の「真実」、赤色の「あなたを愛します」、紫色の「あなたを信じて待つ」など、色ごとの花言葉もつけられています。いずれもギフトにぴったりの、ポジティブなイメージを持つフレーズですよ。一色だけを束ねたブーケや複数の色を組み合わせたアレンジメントなど、相手の好みにあわせたギフトに仕立てましょう。

アネモネの育て方

出典:写真AC

アネモネは日本の夏に弱い性質がありますが、適切な管理を行えば初心者でも簡単に育てられます。「栽培環境」や「水やり」「植え付け」など、栽培方法のポイントを順番に見ていきましょう。日光を好む植物なので、たっぷりと日に当てて育てることが、美しい花をたくさん咲かせるコツですよ。

育て方①栽培環境

出典:写真AC

アネモネを庭植えで育てる場合、水はけと風通しのいい日なたが適しています。ロックガーデンでもよいでしょう。鉢植えの場合、発芽~初夏までのあいだは風通しと日当たりのいい屋外に置き、地上部が枯れたら雨のかからない日陰に移します。夏が過ぎて10月になったら、再び日なたに移動させてください。地上部が枯れたタイミングで、球根を掘り上げて保存するのもおすすめです。

育て方②水やり・肥料

出典:写真AC

アネモネを鉢植えで育てる場合、植え付け直後の水やりは不要です。5日ほど経ってから水やりを開始し、初夏に地上部が枯れるまで適宜水を与えましょう。休眠期に入ったら水やりを中止し、10月まで乾燥させた状態で保存します。肥料は鉢植えの場合、10月~3月に月2回のペースで液体肥料を施すのがおすすめです。肥料が足りないと花が少なくなるので注意してくださいね。庭植えの場合は、元肥のみで十分です。

育て方③植え付け

出典:写真AC

アネモネは水はけのいい中性~弱アルカリ性の土を好みます。オリジナルで配合する場合は、赤玉土と腐葉土、酸度調整済みピートモスなどを使うといいでしょう。市販されている草花用培養土も便利です。乾燥させた球根の植え付けには、10月以降が適しています。球根の上下がわかりづらいので、迷ったときは横向きに植えると安心ですよ。

1月22日の誕生花(アネモネ以外)

出典:写真AC

アネモネ以外にも、1月22日の誕生花は複数あります。ここではその中から、控えめで愛らしい花姿の「ミニバラ」と、寒さの中でも負けずに花を咲かせる「スノードロップ」について、特徴や花言葉をご紹介します。どちらも素敵な花言葉を持つ、ギフトにぴったりの花ですよ。

1月22日の誕生花①ミニバラ

出典:写真AC

ミニバラは、野生種が突然変異してできたものだといわれています。19世紀頃には園芸品種として登場していて、その後もさかんに改良が進められました。開花期はほかのバラと同じく、5月~6月です。コンパクトな花姿は部屋やベランダにも飾りやすく、ギフトにも最適ですよ。花言葉も「無意識の美」と、ナチュラルな雰囲気にぴったりなフレーズがつけられました。

ミニバラの育て方!鉢植えでも花をたくさん咲かせる管理のポイントを紹介のイメージ
ミニバラの育て方!鉢植えでも花をたくさん咲かせる管理のポイントを紹介
プランターや鉢植えでコンパクトに育てられるミニバラは、ベランダや小さな庭にもおすすめの品種です。寄せ植えの素材やギフトとしても人気があります。小さな花をたくさん咲かせる、育て方のポイントを紹介します。かわいらしいミニバラの育て方をマスターしましょう。

1月22日の誕生花②スノードロップ

出典:写真AC

スノードロップは控えめな花姿で春を告げる美しい花です。名前のとおり雪のような白い花びらが特徴で、葉のグリーンとのコントラストも印象に残ります。ヨーロッパの各地では、スノードロップにちなんだ神話が数多く伝えられていますよ。花言葉は「希望」「なぐさめ」「恋のはじまりのまなざし」などのポジティブなものと、「初恋のため息」といったややさみしい雰囲気のものです。

スノードロップの花言葉!意味が怖いって本当?贈る際の注意点は?のイメージ
スノードロップの花言葉!意味が怖いって本当?贈る際の注意点は?
雪を割るように健気に咲くスノードロップ。早春の花、春を告げる花として知られます。しかし、実はスノードロップには怖い意味の花言葉もあるとか…贈り物に選んでよいものか気になりますよね。今回はそんなスノードロップについて、花言葉を中心にご紹介します。

1月22日にゆかりのあるもの

出典:写真AC

最後は誕生石や記念日など、1月22日にゆかりのあるものを見ていきましょう。今日が誕生日の椋鳩十(むく はとじゅう)は、長野県出身の児童文学作家です。日本における動物文学の代表的人物で、中でも「大造じいさんとガン」は、小学生の国語の教科書にも載ったことがありますよ。第二次世界大戦後の1947年からは、鹿児島県立図書館で図書館長も務めました。

1月22日の誕生石

出典:写真AC

1月22日の誕生石はラピスラズリです。美しい濃紺に浮かぶ白や金色の模様が、まるで満天の星の浮かぶ夜空のように見えます。白い部分はカルサイト、金色の部分はパイライトという成分によるものです。神秘的な輝きを持つラピスラズリは、古くから天空を象徴する「聖なる石」として神聖視されてきました。リングやピアスなどアクセサリーの流通も多く、女性へのギフトにも大変人気ですよ。

1月22日生まれの有名人

出典:写真AC

1月22日生まれ(星座はみずかめ座)の有名人は、以下のような人々です。大塩平八郎は江戸時代後期の儒学者で、大坂町奉行組与力を務めた人物です。ききんで苦しむ人々を救おうとしない幕府に対して起こした「大塩平八郎の乱」は、日本史の教科書で取り上げられたこともありますね。

  • 大塩平八郎(江戸時代の儒学者、大坂町奉行組与力)
  • 椋鳩十(児童文学作家、小説家)
  • 中田英寿さん(元プロサッカー選手)

1月22日の出来事・記念日

出典:写真AC

ジャズの日

1月22日は「ジャズの日」です。東京都にある老舗ジャズクラブ「バードランド」「サテンドール」「オールオブミークラブ」による「JAZZ DAY実行委員会」が2001年から実施。ジャズのファン層を広げるため、毎年コンサートやPRキャンペーンが行われます。ジャズ(JAZZ)の「JA」が「January:1月」の先頭2文字であることと、「ZZ」が数字の「22」に似ていることが由来です。

アネモネは早春のギフトにぴったり

出典:写真AC

すらりとした花茎にやわらかな花びらを揺らすアネモネは、いつまでも眺めていたくなるような魅力のある美しい花です。カラーバリエーションも豊富で、カジュアルでキュートな雰囲気のギフトによく利用されます。「あなたを愛します」「あなたを信じて待つ」などの花言葉もロマンティックで、一足早い春を知らせる贈りものとして、大切なひとに届けたくなる可憐さです。

おもち
ライター

おもち

抱えきれないくらい大きなクチナシの花束をもらうのが夢。

関連記事

Article Ranking