カラスザンショウとは?新芽がタラの芽にも似ていると噂の樹木をご紹介!

カラスザンショウとは?新芽がタラの芽にも似ていると噂の樹木をご紹介!

カラスザンショウという木を、ご存知ですか?実は日本のいたるところに生育しています。花も目立つ花ではないので、見逃している方が多いかもしれません。今回はこのカラスザンショウの特徴や生息地、食べれるのかどうかについてご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.カラスザンショウとはどんな植物?
  2. 2.サンショウ(山椒)とカラスザンショウ(烏山椒)
  3. 3.カラスザンショウの生息地は?
  4. 4.カラスザンショウはタラの芽に似ている?
  5. 5.カラスザンショウの新芽は食べられる?
  6. 6.カラスザンショウの活用方法は?
  7. 7.まとめ

カラスザンショウとはどんな植物?

カラスザンショウの特徴

カラスザンショウ(烏山椒)とは、ミカン科サンショウ属の落葉樹です。木の高さは約15m、直径は約60cmにまで成長し、幹や枝にはトゲがあります。トゲは古くなると脆くなりますが、新しいトゲは鋭く生えており、注意が必要です。(※上の写真は、実をつけた成木のカラスザンショウ)

弱い毒性?名前の由来はカラス?

名前の一部にもなっている「山椒」とは違い、アルカロイドを含みます。そのため、弱い毒性ですが、樹液に触れるとかぶれることがあります。また、大きく利用価値がないことや、カラスが実を食べるところから、カラスザンショウと名付けられたと言われてます。

カラスザンショウの花は?

カラスザンショウは雌雄異株(しゆういしゅ)の樹木です。雄株は7月~8月に、緑白色の小ぶりの花を枝先に咲かせます。同様に、雌株も花を咲かせますが、淡い緑色で両者ともあまり目立ちません。(※写真は、雄株の花)

径7mmほどの緑色の果実をつけますが、熟すと紅紫色になります。秋から冬にかけてこの紅紫色の果実が破裂し、黒い3~4mmの種子がでてきます。

カラスザンショウとアゲハチョウ

カラスザンショウの葉は、アゲハチョウ科の食草でもあり、4月から9月ごろにクロアゲハ、カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、モンキアゲハなどの幼虫が食べている姿を見ることができます。アゲハチョウを育てるために、カラスザンショウの苗木が販売されています。(※写真は、カラスザンショウの上に乗る、カラスアゲハの幼虫)

サンショウ(山椒)とカラスザンショウ(烏山椒)

サンショウ(山椒)とは

山椒は、ミカン科のサンショウ属の落葉低木です。同じミカン科ということでカラスザンショウとは同じですが、雌雄異株で、実をつけるのは雌株のみです。山椒の実といえば、うなぎの蒲焼を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

香りがよいため、うなぎの臭消しとして用いられます。また七味唐辛子の材料として調合されています。山椒は実だけの活用だけではありません。若芽、若葉、花(花山椒)、木材も利用価値があり、人々の生活の中で有効利用されています。(※上の写真は、粉末の山椒)

カラスザンショウと山椒との違いは?

一番の違いは、木の大きさです。山椒の樹高は3~5mほどで、カラスザンショウの方がはるかに大きく育ちます。上の写真は山椒の木ですが、冒頭のカラスザンショウの木の写真と比較すると、小柄で葉も小さいことがわかりますね。

また、山椒は古くより雌花から採れる果実を香辛料として親しまれてきましたが、カラスザンショウの実は香りが悪く、辛味がありません。両者とも鋭いトゲがありますが、カラスザンショウの方がトゲの数は多いです。

カラスザンショウの生息地は?

本州から九州、沖縄にかけて生息しており、海外では中国、台湾、フィリピン、朝鮮南部でも見られます。あたたかい海に沿った陸地から山まで、幅広く生息しています。先駆植物(せんくしょくぶつ)のため、伐採地などの土がむき出しになっている土地では、一番乗りで育ちます。

また、カラスが実をつつくように、小鳥たちも大好物で実を食べます。実を食べた鳥たちのフンを経由して、いつの間にか庭に生えていた、ということもあります。(上の写真は、庭に生えたカラスザンショウの幼木です。)

Photo byconnie_sf

カラスなどの鳥たちが、山からの運び屋です。

カラスザンショウはタラの芽に似ている?

カラスザンショウの新芽に似ている植物に「タラの芽」があります。おそらく、タラの芽の方が聞き覚えもあり、有名でしょう。中には、カラスザンショウの新芽を「タラの芽」と間違えて食べてしまっている方もいるようです。

タラの芽とは?

タラの芽とは、ウコギ科のタラノキに生える新芽のことです。このタラの芽を、山菜として楽しむことができます。「山菜の王様」と呼ばれるように、多くの人から親しまれ、全国の山に自生していますが、最近では栽培も進んでいます。もっちりした食感とほのかな苦み、さわやかな香りが特徴です。(※上の写真は、タラの芽)

毒タラってなに?

また、毒タラというワードがありますが、タラの芽には毒はありません。毒タラとは、漆(うるし)の芽の呼び名です。タラの芽と間違えて、漆(うるし)の芽を採ってしまうとかぶれるために、注意喚起の意味を込めて「毒タラ」というワードが生まれました。ちなみに漆の芽も毒はありません。

タラの芽とカラスザンショウの新芽の違い

タラの芽は、全体的にやわらかい毛が生えており、葉には光沢がありません。一方で、カラスザンショウの新芽は、葉に光沢があり、赤みを帯びています。両者の共通点としては、トゲが生えているところです。(※写真は、カラスザンショウの新芽)

簡単な見分け方は?

また、カラスザンショウの新芽を採取すると、独特な柑橘系の香りがします。タラの芽は、さわやかな香りがするので、香りで判断するのが一番簡単に見分ける方法です。

関連記事

Article Ranking