出猩々(デショウジョウ)とはどんなモミジ?品種としての特徴を解説

出猩々(デショウジョウ)とはどんなモミジ?品種としての特徴を解説

出猩々(デショウジョウ)というもみじをご存知ですか?イロハモミジの一種で、日本のカエデの代表品種ともいわれているもみじです。春になると真っ赤な新芽が芽吹くのが特徴で、秋の紅葉がとても美しく人気があります。そんな出猩々の特徴や購入方法などをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.出猩々(デショウジョウ)とは
  2. 2.出猩々の特徴
  3. 3.出猩々の購入方法
  4. 4.まとめ

出猩々(デショウジョウ)とは

出猩々(デショウジョウ)はイロハモミジの一種で、美しい葉の色や形が魅力的です。春は赤い新芽を伸ばして夏にかけて緑色の葉へと変化し、秋の紅葉時期にはオレンジ色や紅色に変色するという葉色の変化が楽しめます。そんな出猩々の特徴や購入方法などをご紹介します。

出猩々の基本情報

科名 カエデ科
属名 カエデ属
形態 落葉高木
耐陰性 強い
耐暑性 強い
耐寒性 強い

出猩々の名前の由来

出猩々は新芽が真っ赤な色をしています。その様子から「猩々が出てきたように見える」といわれ「出猩々」と呼ばれたのが名前の由来です。「猩々」というのは中国での想像上の生き物で、真っ赤な顔をしており猿やオランウータンに似ています。同じように「猩々」が名前の由来になっている「ショウジョウバカマ」という植物もあるため、下の記事も参考にしてみてくださいね。

ショウジョウバカマの育て方!葉挿しでの増やし方のポイントを解説!のイメージ
ショウジョウバカマの育て方!葉挿しでの増やし方のポイントを解説!
ショウジョウバカマは、山の湿った土地や谷沿いに自生している高山植物です。雪の下で葉をつけたまま越冬し、雪解けとともに新芽を出して紫色や白色のかわいらしい花を咲かせます。育て方も簡単で盆栽にもおすすめです。そんなショウジョウバカマの特徴や育て方をご紹介します。

出猩々の特徴

自生しているものは2m〜4mほどまで大きく成長します。しかし小さく剪定して盆栽として育てたり、鉢植えにして観葉植物として楽しんだりするのもおすすめです。そんな出猩々の特徴について詳しくご紹介します。

魅力的な葉

季節によって爽やかな新緑や鮮やかな紅葉、葉が生い茂しげると涼しい木陰ができます。春は赤色、秋はオレンジや紅色にグラデーションがかかったような紅葉が美しいのが特徴です。深く避けた葉の形も魅力的で、リースの飾り付けやしおりとしても利用されています。

 

用途

耐暑性や耐寒性が強く、初心者でも育てやすいため庭のシンボルツリーや花壇の寄せ植えにもおすすめです。公園や学校にもよく植えられており、秋になると落ち葉拾いができます。

出猩々の購入方法

通販で購入可能

出猩々はアマゾンや楽天市場などの通販で、ネットから気軽に購入できます。出猩々の購入方法や購入価格を詳しくご紹介します。

盆栽や鉢植え

記念樹 盆栽 ギフト もみじ 楽天盆栽部門3冠1位受賞 樹齢5年 極美葉の出猩々もみじミニ盆栽 小品盆栽年に2度の紅葉を鑑賞【盆栽 ミニ盆栽 誕生日 母の日 父の日 敬老の日 誕生日 還暦 プレゼント 盆栽 ギフト】

参考価格: 4,980円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天4,980円

鉢植えや盆栽の状態で通販で販売されており、簡単に購入できます。小さなサイズの盆栽は贈り物にもぴったりで、父の日や敬老の日のプレゼントにもおすすめです。

苗木

出猩々【もみじ】 【ポット苗】【紅葉】

参考価格: 3,900円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天3,900円

苗木の状態でも購入が可能です。庭植えにして庭のシンボルツリーにしたり、鉢植えにして観葉植物として育てたりと自分の好きな用途で育てられます。

まとめ

出猩々の名前の由来や特徴、購入方法などについてご紹介しました。庭植えだけでなく盆栽や観葉植物としても人気の出猩々は贈り物にぴったりです。赤い新芽から緑色、オレンジ色、紅色と四季によって変化する美しい葉色が楽しめる出猩々を、ぜひ育ててみてくださいね。

Alisa.
ライター

Alisa.

イングリッシュガーデンに魅了され、おとぎ話のような庭造りに挑戦中です。ガーデニング経験を活かして、読みやすく面白い記事作成を心がけています。庭で子供たちとイチゴ摘みができたら素敵だなと思い、小さな家庭菜園も始めました。

関連記事

Article Ranking