サザンカの剪定方法!必要となる時期・回数・頻度・やり方などを解説!

サザンカの剪定方法!必要となる時期・回数・頻度・やり方などを解説!

育てやすく、生垣や庭木として万能なサザンカ。花が少なくなる秋から冬にかけて開花するのが魅力のひとつです。そんなサザンカを長持ちさせるためには剪定がとても重要です。この記事ではサザンカの剪定時期や回数、剪定方法について詳しくご紹介します。

記事の目次

  1. 1.山茶花(サザンカ)とはどんな花?
  2. 2.山茶花(サザンカ)の剪定時期
  3. 3.山茶花(サザンカ)の剪定回数・頻度
  4. 4.山茶花(サザンカ)の剪定方法
  5. 5.剪定における注意点
  6. 6.まとめ

山茶花(サザンカ)とはどんな花?

Photo by mdxdt

サザンカは日本に古くからある植物のひとつで、ツバキ科の常緑樹です。ツバキ科のため、椿ととてもよく似た花を咲かせます。生垣や庭木によく使われることの多いサザンカは、とても育てやすい植物でもあります。正しい剪定方法で風通しや日当たりをよくすることで病気や害虫を避け、サザンカの木を長持ちさせてあげましょう。

サザンカの開花時期

Photo byChesna

サザンカの開花時期は11月から1月で、花の少なくなる寒い季節に咲きます。1本の木にいくつもの蕾をつけるサザンカ。次から次に花を咲かせるため、花を長く楽しめます。花の色も赤や白、ピンクのものから、色が入り混じったものまで数多くの品種があります。サザンカは花をたくさんつけるため、また病気や害虫対策のためにも剪定はとても重要です。

のイメージ
山茶花(サザンカ)の花言葉は?赤・ピンク・白など色別にご紹介!
開花時期が寒い季節で花が少ない中、きれいに凛と咲いているのが特徴的な山茶花。山茶花は赤やピンクや白などの色別に、違う花言葉がそれぞれついているのを知っていますか?そんな山茶花の名前の由来や、色別の花言葉などをご紹介します。

山茶花(サザンカ)と椿の簡単な見分け方

「そもそも、家にある木は山茶花だろうか、椿だろうか?」と疑問に思う人もいるようです。簡単な見分け方としては、花が落ちるときの様子の違いです。椿は花ごとぽとりと落ちるのに対し、山茶花は徐々に花びらを散らせて落ちていきます。葉の縁でも見分けられます。椿の葉よりも、山茶花の葉のほうがギザギザとした鋸歯です。山茶花か疑わしいときは、よく違いを観察してみましょう。

山茶花(サザンカ)の剪定時期

Photo by 水鏡流浪之旅

庭木の中でも、成長がゆっくりなサザンカですが、風通しをよくするために剪定がとても重要です。風通しが悪いと害虫の温床になったり、過湿になって病気が発生しやすくなったりします。また、内部を間引いて透かすことで、日がまんべんなく当たり花のつきもよくなります。

サザンカの剪定時期は3月

サザンカの剪定時期は3月です。夏の季節に枝が伸びるため、その前に剪定をして風通しや日当たりをよくしておきましょう。夏の枝が伸びすぎてしまった場合は、9月にも追加で剪定しても問題ありません。9月の剪定は、つぼみができているのを確認しながら行います。適切な時期に剪定し、葉の茂りをよくして花つきを増やすようにしましょう。

剪定は花が咲き終わってから行う

サザンカの開花時期は11月ですが、品種によっては春先まで咲いていることもあります。3月に行う剪定は、花が咲き終わってから数日あけて行うようにしましょう。花が終わったあとに、すぐ強い剪定をすると木の勢いを弱めて、花つきが悪くなってしまうため注意が必要です。

ボタニ子

ボタニ子

花が咲き終わった後の花がらはこまめに摘んでね!

夏の季節は剪定に不向き

サザンカは初夏の季節に枝を伸ばし、冬に咲く花のつぼみを作り始めます。そのため、新枝が出た後である夏の剪定は避けるようにしましょう。木が弱ってしまうと花芽がつかないだけではなく、真夏の日差しに負けてしまうこともあるため注意が必要です。

山茶花(サザンカ)の剪定回数・頻度

サザンカの剪定回数は3月と9月の2回です。自然樹形で育てている場合は3月だけでも大丈夫です。成長が遅いサザンカは、多少剪定を忘れてしまっても形が崩れることはありません。しかし、風通しや日当たりが悪くなると生育に影響してしまうため、3月の剪定は忘れないように行いましょう。

9月の剪定は軽めに

9月には、その冬に咲く花のつぼみがつき始めています。枝を間引いたり、軽く剪定したりする場合はたくさんのつぼみを落とさないように注意しながら行いましょう。9月の剪定は、あくまでも軽く行うことを心掛けておくのがポイントです。

強剪定って?

サザンカの場合は、数年に一度の頻度で行うことが望ましい強剪定。樹形の形を大きく変えるような強い剪定のことを指します。例えば、自然樹形で育てていたものを生垣に変えたり、半分以上の低さになるように切り込んだりするといったときは注意が必要です。強い剪定はどうしても植物を弱らせてしまうため、剪定の後はしっかり様子を見てあげましょう。

関連記事

Article Ranking