カラーの育て方!植え替え方法や水やり・肥料の与え方などを解説!

カラーの育て方!植え替え方法や水やり・肥料の与え方などを解説!

個性的な花姿や美しい葉が人気のカラーですが、ガーデニングでも人気の植物であることをご存知でしょうか。今回はカラーの特徴や水やりや植え替え方法など、育て方のポイントを紹介します。育て方のコツをマスターして、健やかな美しい花を咲かせましょう。

記事の目次

  1. 1.カラーの概要
  2. 2.カラーの種類(2タイプ)
  3. 3.湿地性と畑地性の見分け方
  4. 4.カラーの育て方
  5. 5.育て方のポイント①栽培環境
  6. 6.育て方のポイント②栽培方法
  7. 7.育て方のポイント③植え付け・植え替え
  8. 8.育て方のポイント④水やり
  9. 9.育て方のポイント⑤肥料
  10. 10.育て方のポイント⑥病気・害虫対策
  11. 11.育て方のポイント⑦剪定・球根の管理
  12. 12.まとめ

カラーの概要

カラー(畑地性)の基本データ

学名 Zantedeschia
科名 サトイモ科
属名 オランダカイウ属(ザンテデスキア属)
園芸分類 草花・球根植物・観葉植物
原産地 南アフリカ
開花時期 6月~7月
花色 赤色、白色、ピンク、黄色、オレンジ、紫など

切り花で人気の球根植物

カラーは南アフリカを原産とする球根植物です。原産地では約6~8種類の原種が自生しています。「湿地性」と「畑地性」の2種類があるのが大きな特徴です。日本の園芸業界では、育てやすい畑地性カラーが多く流通しています。種類によって性質も異なるため、育て方も種類に合わせて変える必要があります。シンプルかつシャープな花姿から、切り花やアレンジメントで人気が高いです。

観葉植物としても人気

カラー苗 キャプテンフレスコ(ホワイト) 4号鉢

参考価格: 1,595円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天1,595円

個性的な花姿が人気のカラーですが、葉の形状もハート形や矢じりの形、楕円形など非常に個性的なものが多いです。葉に白い斑模様が入るものもあり、葉だけでも十分観賞価値があるのもカラーの大きな魅力でしょう。このため、観葉植物として扱われることもあります。

花びらが実は葉の変形

Photo by wasabinouta

一般的に花と認識されている部分は、実は「仏炎苞(ぶつえんほう)」と呼ばれている葉の変形です。仏炎苞に巻かれている芯のような部分が、カラーの本当の花にあたります。この苞の厚さや巻きの深さは品種によって異なっています。品種によっては、咲き進むにつれて苞のツヤが増すという特徴を持つ物もあります。

カラーの種類(2タイプ)

湿地性と畑地性に分かれる

前にも触れたように、カラーは湿地性と畑地性の2種類のタイプがあります。タイプによって育て方も異なるので、購入の際にはどちらのタイプなのか、よく確認しておきましょう。

①湿地性カラー

名前が示すように、水辺のような湿り気のある場所を好むカラーです。耐暑性はありますが乾燥を嫌うので、夏の乾燥がひどい時期は注意しましょう。

②畑地性カラー

水はけのよい土壌を好むカラーです。湿地性カラーよりも栽培しやすいため、園芸業界でカラーというと、大体は畑地性カラーを指します。乾燥に強く耐寒性がありますが、その分高温多湿に弱いので、水やりの際はやり過ぎに注意が必要です。

湿地性と畑地性の見分け方

見分け方のポイントは栽培環境と花や葉の特徴

見分け方のポイントとして、まずあげられるのは栽培環境です。湿地性は水辺や湿地を好み、畑地性はやや乾燥気味の環境を好みます。見た目の見分け方のポイントとしては、花の大きさや葉の形状、花色があげられるでしょう。

①湿地性カラーの特徴と見分け方

 
湿地性カラーは花が大きくて草丈は約1m、葉の形状はハート形が多く流通しています。花色は流通している品種の大半が白色です。白以外の花色もありますが、あまり流通していません。また畑地性と比べると、花びらの先が横に広く開いている特徴があります。
 

②湿地性カラーの特徴と見分け方

畑地性カラーは、湿地性に比べると花はやや小ぶりで草丈は約60cm、葉の形状はハート形もあれば細長く尖った形もあります。斑入りの品種もあるなど、バラエティ豊富なのが特徴です。この特徴から葉の観賞価値が高く、観葉植物としても扱われています。花色も豊富です。白以外にも黄色や赤色、紫色などが流通しています。花の形状は湿地性と比べると小ぶりで細く、先が尖っているのが特徴です。そのためシュッとした印象を受けます。

 

カラーの育て方

ここからは、カラーの育て方について紹介します。湿地性と畑地性の2つのタイプがあり、タイプによって栽培方法が異なるのが、カラーの育て方の最大重要ポイントです。カラーを購入する際は、どちらのタイプなのかよく確認しておきましょう。

育て方のポイント①栽培環境

日当たり

フリー写真素材ぱくたそ

カラーは湿地性も畑地性も日光を好むので、日当たりがよいことが絶対条件です。ただし、真夏の直射日光は葉焼けの原因になります。遮光ネットなどで日差しを和らげたり、移動できるように鉢植えにしたりするなど、直射日光を避ける工夫をしましょう。特に畑地性は高温多湿に弱く、最悪枯れてしまう恐れがあるので注意が必要です。

日照不足は株が軟弱になって、茎が折れる、倒れるといったトラブルの原因になります。鉢植えでも地植えでも、必ず日当たりのよい場所を確保しましょう。

日のよくあたる場所でも育ち過ぎて葉が茂り過ぎた結果、茎が倒れることがあるよ。その場合は茂り過ぎた葉を整理したり、倒れないようにワイヤーで囲って支えておこうね。

土・用土

【送料無料】 赤玉土18L 2袋(36L) 小粒 プロも使う型崩れしにくい赤玉土です 植木鉢 鉢 バラ ばら 薔薇

参考価格: 2,268円

出典: 楽天
出典: 楽天
楽天2,268円

好む土壌は正反対

湿地性カラーと畑地性カラーは、日照条件はほぼ共通していますが、好む土壌は全然違います。自分で土作りする際は、配合に注意しましょう。

  • 湿地性カラーは水もちのよい土を好みます。赤玉土(小粒~中粒)6:腐葉土4の割合で土を作るか、鹿沼土を用意しましょう。地植えの場合は、植え付ける2週間前に掘り上げ、土に腐葉土を混ぜ込んでおきます。
  • 畑地性カラーが好むのは、水はけのよい土です。赤玉土(小粒~中粒)5:腐葉土3:川砂2の割合で土を作るか、市販の草花用培養土を用意しましょう。地植えの場合は、植え付ける2週間前に掘り上げて、土に腐葉土を混ぜ込んでおきます。

腐葉土には水はけをよくする効果があるんだ。地植えで使う土に混ぜ込む際は、カラーのタイプに合わせて量を調節してね。

育て方のポイント②栽培方法

湿地性は地植え向き・畑地性は鉢植え向き

草丈が高い湿地性カラーは地植えに適しています。耐寒性もあるので、地植えのまま冬越しも可能です。ただし球根が凍ると枯れてしまうので、腐葉土などでマルチングして、土が凍結しないようにすれば、安心して冬を越せます。一方、畑地性カラーは耐寒性が低く地植えでの冬越しが難しいので、鉢植え・プランターでの栽培がおすすめです。日当たりのよい場所に置き、真夏は涼しい半日陰に、冬は室内へ移動させるとよいでしょう。

育て方のポイント③植え付け・植え替え

Photo bysumma

植え付け・植え替えに適した時期は?

植え付けの適期は3月~4月です。日当たりと風通しのよい場所が絶対条件ですが、湿地性カラーは乾燥を嫌うので、土が乾燥しないように注意しましょう。カラーは長い間同じ場所で栽培していると、土の質が悪くなったり、カラーの生育が悪くなったりするので、3~4年に1度の周期で植え替えます。植え替えに適した時期は、植え付けと同じく3~4月です。

植え付け・植え替えの仕方は?

鉢植えの場合、大きくなりやすい湿地性の球根は8号鉢に1球が植え付ける目安です。深さは球根の頭が地表と同じくらいの位置にくるように植え付けましょう。深植えは厳禁です。畑地性の球根は、6号鉢に対して2球が目安になります。球根の頭が土の表面から2~3cm下くらいの深さになるように、土をかぶせておきましょう。地植えは株同士の間隔を20~30cmほど空け、深さ5cmの位置に球根を植え付けていきます。

植え替えの適期と仕方は、植え付けの適期と仕方と同じだよ。ただし、植え替える際は、球根に殺菌剤をまぶしてから作業に入ってね。

植え替える球根、つまり栽培して数年が経過している球根は病気にかかりやすくなっています。そのため、殺菌剤で消毒する必要があるのです。

続いては、④水やり⑤肥料⑥病害虫⑦剪定

関連記事

Article Ranking