マーガレットの育て方!枯らさず大きな花を咲かせる管理のコツを紹介!

マーガレットの育て方!枯らさず大きな花を咲かせる管理のコツを紹介!

マーガレットの育て方は比較的簡単なので、ガーデニング初心者にも人気です。切り戻し剪定や冬越しなどの手入れをしておくと長く楽しめますよ。植え替えから増やし方、花が小さいときの対処法まで解説するので、マーガレットの育て方をマスターして栽培を楽しんでくださいね。

記事の目次

  1. 1.マーガレットとは
  2. 2.マーガレットの育て方
  3. 3.マーガレットの植え替え方法
  4. 4.マーガレットの増やし方
  5. 5.マーガレットの花が小さい原因と対処法
  6. 6.まとめ

マーガレットとは

基本情報

Photo byNickyPe

科名・属名 キク科モクシュンギク属
分類 草花
形態 低木
原産地 スペイン領カナリア諸島
草丈 30cm~100cm
開花時期 11月~5月
花色 白・クリーム・ピンク・赤・黄・淡いオレンジ
耐寒性 弱い
耐暑性 弱い

マーガレットの特徴

開花時期は11月~5月

Photo bysuju

マーガレットの開花時期は11月~5月です。冬の管理状態によっては、開花時期が長くなって冬も花を楽しむことができます。

和名はモクシュンギク

Photo by NakaoSodanshitsu

マーガレットの和名は「モクシュンギク(木春菊)」です。名前の由来は、2年目以降に茎が木質化していくところからきています。ちなみに、マーガレットという名前はギリシャ語の「マルガリーテス」が由来で、「真珠」を意味しています。

種類

マーガレットは、明治時代末期に白花の品種が日本に入ってきました。現在出回っているマーガレットには、モクシュンギクという本来のマーガレットの園芸品種だけでなく、モクシュンギクと近縁種との交配品種も存在します。品種改良によって多様な花色が存在し、花形もよく知られている一重以外だけではありません。

Photo by yamada*

中心の花びらが大きく露出しているのは丁字咲きです。

Photo by yamada*

八重咲きやポンポン咲きも豪華な雰囲気で人気です。

花言葉は花色によってちがう

Photo by Max Braun

マーガレットの花言葉は花色によって変わってきます。白色の花言葉は「恋占い・秘めた愛・信頼」です。花びらを1枚ずつ外しながら「好き・嫌い」と、秘めた愛を恋占いすることに由来しています。しかし、実はマーガレットの花びらは奇数のことがほとんどです。秘めた愛に自信を与えてくれる恋占いだったのですね。

Photo bypixel2013

ピンク色の花言葉は「真実の愛」です。ギリシャ神話の守護神アルテミスに捧げる花だったため、女性の最上の幸せという意味でつけられたといわれています。また、黄色・オレンジ色の花言葉は「美しい容姿」です。

フリー写真素材ぱくたそ

マーガレットの英語の花言葉には「秘密の恋(secret love)」や「信頼(faith)」があります。フランス語の花言葉は「無邪気(innocence)」、「尊敬(estime)」、「信頼(confiance)」です。

マーガレットの育て方

Photo byFree-Photos

マーガレットは育てやすく、ガーデニング初心者にも人気の植物です。手入れをすると長く楽しめますよ。鉢植えか地植えかによっても手入れの方法が少しちがうので、育てたい環境に合わせて栽培しましょう。

育て方①苗の選び方

Photo byJillWellington

マーガレットの苗が園芸店やホームセンターに並ぶのは春ごろです。花芽がたくさんついた、しっかりした株を選びましょう。害虫がついていないか、葉が緑色で枯れてないかなどもチェックします。寒さにやや弱いので、鉢植えや地植えにするのは3月~5月頃にしましょう。

育て方②置き場所

鉢植えの場合

Photo byStockSnap

鉢植えの場合は、季節ごとに置き場所を変えましょう。12月~4月は、室内の日当たりがよい場所での管理がおすすめです。戸外で育てる場合は、日当たりがよくて冷たい風や霜はさけられる場所を選びましょう。5月~11月は、戸外の日当たりのよい場所に移動させますが、高温多湿が苦手なので、梅雨の間はあまり雨に当てないようにします。その後8月ごろまでは半日陰で管理しましょう。

地植えの場合

Photo by NakaoSodanshitsu

マーガレットは高温多湿や寒さに弱いので、鉢植えの方が移動させやすいのですが、地植えでも育てられます。とくにしっかり根付いたら寒さにも強くなるので、地植えでも枯れにくく株が安定してきますよ。冬の冷たい風に当たらない、南向きの日当たりのよい場所などを選んで地植えするとよいでしょう。

Photo byperezvcking

12月~2月には霜よけをします。根元に腐葉土をかぶせておくのも効果的です。寒さが原因で枯れることも多いので、寒冷地などでは冬のあいだだけ鉢植えに移すという方法もあります。

ボタニ子

ボタニ子

次ページからは「育て方③水やり」について紹介していきます。

次のページ

育て方③水やり

関連記事

Article Ranking