セラスチウム(セラスチューム)の育て方!管理のコツや増やし方を解説!

セラスチウム(セラスチューム)の育て方!管理のコツや増やし方を解説!

セラスチウムは可憐な白い小花を咲かせます。また葉の色もシルバーでカラーリーフとしてもよく利用されています。夏の暑さだけに気を付ければ育て方も簡単で、とても人気の高い植物です。そんなセラスチウムの育て方や管理のコツについて詳しく説明します。

記事の目次

  1. 1.セラスチウム(セラスチューム)とはどんな花?
  2. 2.セラスチウム(セラスチューム)の育て方
  3. 3.セラスチウム(セラスチューム)の管理のコツ
  4. 4.セラスチウム(セラスチューム)の増やし方
  5. 5.セラスチウム(セラスチューム)の楽しみ方
  6. 6.まとめ

セラスチウム(セラスチューム)とはどんな花?

セラスチウムは花が白いだけでなく葉も白銀色で、カラーリーフとしても、とても人気がある植物です。では、セラスチウムとはどんな特徴を持つ花なのか、また名前の由来や花言葉などについてもご紹介しましょう。

セラスチウムの基本情報

学名 Cerastium tomentosum
属名 ナデシコ科ミミナグサ属
分類 常緑多年草
原産 ヨーロッパ
開花時期 4月~6月
花の色
草丈 10~20cm

ヨーロッパ原産のセラスチウムはグランドカバ―状に伸びる多年草です。春になるとカーペットのように一面に白い花が咲きます。横に広がるので、草丈はさほど高くはなりません。

セラスチウムの花

セラスチウムは5枚の花びらを持ち、その花びらは外側に向かって軽く反り返ります。また、切り込みが入ってハート形をしている花びらには、灰色の筋が何本かくっきりと入っています。花の大きさは2cmほどの小輪で、株全体を覆うように広がって花が咲きます。白い花の中央は黄色になっています。

セラスチウムの葉

セラスチウムの葉はシルバーグリーンで、2cmほどの小さなとがった形をしています。葉の表面に短い産毛のような繊毛が生えていて、葉の色がより白っぽく見えるのは、この繊毛があるからです。常緑なので冬場でも葉は枯れず、花が終わった後でも一年を通じてシルバーリーフを楽しむことができます。

セラスチウムの別名

別名①ナツユキソウ

セラスチウムはナツユキソウ(夏雪草)という名前があります。これは、セラスチウムの真っ白な花が一面に広がって咲く様子が、まるで季節外れの雪が降ったように見えるからです。暑い日にセラスチウムを見ると、少しでも涼を感じることができるのではないでしょうか。英語でも、スノー・イン・サマーという名前で呼ばれています。

別名②シロミミナグサ

Photo by nekonomania

シロミミナグサという名前は、セラスチウムの細くとがった葉が白い繊毛に覆われているので、動物の耳のように見えることから付けられました。ちょこんととがった葉は、動物が草むらに隠れているようにも見えて可愛いですね。また昔は食用にされていたこともあるので、ナグサという名前で呼ばれていました。

別名③シルバーカーペット

また、もう一つの別名として、シルバーカーペットと呼ばれることもあります。銀色のカーペットのように見えるのも、花が白く、葉もシルバー系のグリーンだからです。

セラスチウムの花言葉

「幸福」「才能」「思いがけない出会い」

Photo by nekonomania

セラスチウムの花言葉は、「幸福」「才能」「思いがけない出会い」です。どれもセラスチウムの純白の花にふさわしい花言葉ですね。そして「思いがけない出会い」という花言葉は、白い小花が咲き広がる様子から、夏に降るはずがない雪が、まるで一面に降り注いだように見えることに由来しているのでしょう。

セラスチウム(セラスチューム)の育て方

セラスチウムはとても強靭な性質を持つ花なので、とても育てやすい植物です。そんなセラスチウムの育て方について、詳しく説明しましょう。

育て方①植付け

セラスチウムは春先に店頭に出回ります。特に用土を選びませんが、できれば排水性がいい用土を使うようにします。また、横に広がってよく繁殖するので、どうしても株が混み合って蒸れやすくなります。何株かを植込む場合は、株間を十分取って植えるようにしましょう。

育て方②水やり

Photo byMonikas_Wunderwelt

セラスチウムは乾燥に強いので、水やりは庭植えの場合は降水に任せる程度で十分です。夏場や鉢植えの場合は、地面が乾いている様子であれば、適度に水やりしてやるといいでしょう。ただし、加湿には弱く、蒸れると葉や茎が茶色く枯れてしまうので、水の与え過ぎには注意が必要です。

育て方③剪定

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

セラスチウムは非常に旺盛に繁殖する強い性質を持っているので、剪定が必要になります。横にどんどん伸びて成長するので、放っておくと先端ばかりに花が咲いて、見た目が悪くなります。また、そばに植えられている別の植物の成長を妨げてしまうこともあります。花が咲き終わった後は、適度に剪定してあげましょう。剪定で切り落とした枝はまた挿し芽にして増やすこともできますよ。

育て方④肥料

住友化学園芸 マイガーデン 植物全般用 1.6kg

参考価格: 1,296円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon1,296円
楽天

セラスチウムには特に肥料は必要ありませんが、植え付けの時や、春先などに緩効性化成肥料を与えると、成長が良くなり、花付きが多くなります。

続いて、セラスチウムの管理のコツ!

次のページ

セラスチウム(セラスチューム)の管理のコツ

関連記事

Article Ranking