ヤーコンの育て方・栽培方法!種芋の植え方から収穫方法までご紹介!

ヤーコンの育て方・栽培方法!種芋の植え方から収穫方法までご紹介!

冬が旬のヤーコン。フルーツのような甘さとみずみずしさが特徴的な野菜です。めずらしい野菜なだけに栽培も難しそうに思えますが、実はとても簡単です。株が大きく成長するためスペースが必要ですが、初心者でも容易に栽培できます。今回はヤーコンの育て方についてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ヤーコンとは
  2. 2.ヤーコンの栽培スケジュール
  3. 3.ヤーコンの栽培方法①種芋の植え方
  4. 4.ヤーコンの栽培方法②収穫までの管理
  5. 5.ヤーコンの栽培方法③収穫
  6. 6.ヤーコンの保存方法
  7. 7.まとめ

ヤーコンとは

春菊やレタスと同じキク科の野菜で、サツマイモのような見た目をしています。水分を多く含み、シャキシャキした食感と甘味で「梨みたい」と形容されることも多い野菜です。生でそのまま食べたりジュースにしたりすることはもちろん、きんぴらなどの料理にも活用できます。

ヤーコンの成分

ヤーコンはフラクトオリゴ糖やポリフェノール、食物繊維を多く含むことから、健康増進に役立つといわれています。とくにフラクトオリゴ糖が健康にもたらす影響は、近年非常に注目されています。

①虫歯になりにくい、
②難消化性で胃や腸で消化されない、
③整腸作用があり、ビフィズス菌などの善玉菌によく利用される、
④血中総コレステロールや中性脂肪が低下する、
⑤便秘の改善
などの効果が期待できます。
また
⑥血糖値の上昇やインスリンの分泌はほとんど生じないといわれています。
なお、フラクトオリゴ糖は、塊根中心部より皮層部に多く含まれています。

日本における産地

ヤーコンは1984年に日本に持ち込まれ、茨城県で栽培がスタートしました。国内の主な産地は北海道や香川県ですが、全国さまざまな地域で栽培されており、比較的幅広い気候に対応できる野菜であるといえます。

ヤーコンの基本情報

学名 Smallanthus sonchifolius
キク
スマランサス
原産地 南米アンデス地方
開花時期 10月~11月

ヤーコンの葉茎

ヤーコンの葉茎は1.5mから大きなもので2mほどと、とても大きく成長します。ヤーコンの芋を収穫するときに刈り取りますが、この葉茎はヤーコン茶に利用することもできます。

ヤーコン茶の作り方

葉と茎をきれいに洗って5分ほど蒸したあと、しっかり乾燥させてください。乾燥が不十分だと腐る原因にもなります。葉だけを利用すると苦みが強くなることがあるので、茎も一緒にお茶にすることをおすすめします。パリパリに乾燥した葉茎をハサミを使って細かく刻むとヤーコン茶葉になります。緑茶などと同様に急須で入れるとよいでしょう。

ヤーコンの花

ヤーコンは大変立派な葉茎でありながら、花の大きさは3、4cmほどとかわいらしいサイズです。開花期は秋~初冬、花は黄色で、小さなヒマワリのようです。

ボタニ子

ボタニ子

次のページでは、栽培方法や保存方法について紹介するよ!

関連記事

Article Ranking