ハスカップの育て方・栽培方法!水やりのコツや肥料の与え方など!

ハスカップの育て方・栽培方法!水やりのコツや肥料の与え方など!

昨今の健康ブームもあり、栄養価が高い果物として「ハスカップ」が注目されています。ただ、果実を実際に見る機会はほとんどなく、味も育て方もあまり知られていません。北海道産のジャムや菓子を目にするくらいではないでしょうか。そこでハスカップの育て方をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ハスカップってどんな果物?
  2. 2.ハスカップの育て方①苗木選び
  3. 3.ハスカップの育て方②植える時期と場所
  4. 4.ハスカップの育て方③土づくり
  5. 5.ハスカップの育て方④植え付け
  6. 6.ハスカップの育て方⑤病気と害虫対策
  7. 7.ハスカップの育て方⑥肥料
  8. 8.ハスカップの育て方⑦水やり
  9. 9.ハスカップの育て方⑧剪定
  10. 10.ハスカップの育て方⑨株の増やし方
  11. 11.ハスカップの育て方⑩植え替え
  12. 12.ハスカップの育て方⑪収穫
  13. 13.ハスカップの魅力
  14. 14.まとめ

ハスカップってどんな果物?

ハスカップ

出典:写真AC

ハスカップは東アジア原産の低木で落葉果樹です。和名はクロミノウグイスカグラ(黒実鶯神楽)。低木とはいえ樹高は1m~2mあります。株本から広がるように枝が伸び、葉は旺盛に茂るのが特徴です。ブルーベリーに似た青い果実で、栄養価が高く「不老長寿の実」としてアイヌの人たちがその効能を認めていたといわれています。酸味とほのかな苦みがあります。

ハスカップの産地は寒いところ

かつては北海道各地で自生していましたが、今は栽培がほとんどです。日本では北海道と一部の地域でしか育てられていません。主な栽培場所は、勇払原野のような有機物が堆積した湿地帯や標高の高い寒冷地です。同じ仲間のウグイスカグラは暖地でも見かけますが、ハスカップは暖地での栽培は向きません。

ハスカップの育て方①苗木選び

ハスカップ苗木
Photo by titanium22

ハスカップは自家受粉しづらいため、違う品種の樹を近くに植えるとよいでしょう。ですから最低2本は植えたいところです。

ハスカップの育て方②植える時期と場所

植え付け
Photo bysumma

植え付けは地域にもよりますが11月~3月頃がよいでしょう。地植えも鉢植えも、できるなら半日蔭が望ましいです。半日蔭とは午前中に日が当たり、午後は日陰になるような場所です。ただし寒冷地の場合は、一日中日当たりがよい場所を選びます。寒さには強いですが暑さに弱いので、夏場は涼しい環境になるよう心がける必要があります。

ハスカップの育て方③土づくり

土づくり
Photo byFree-Photos

土壌は水はけがよくて保水性が高いことが大切です。ブルーベリー同様、酸性を好みます。地植えの場合、直径50cm、深さ50cm以上の穴を掘ります。そこにピートモス、鹿沼土、腐葉土を混ぜ込んだものを入れてから植え付けましょう。鉢植えは直径、深さ共に50cm以上の鉢を準備します。用土は小粒の赤玉土7~8に対し、酸度未調整のピートモスを3~2の割り合いで混ぜたものを使います。

ハスカップの育て方④植え付け

ワラ
Photo by ketou-daisuki

ワラなどを使ってマルチングしましょう。

地植えも鉢植えも深めに植え付けるのがハスカップを植える際の特徴です。植えた後は株元をワラなどで覆います。根を浅く張る性質があるため、乾燥を防ぐためにしっかりとマルチングしましょう。

ハスカップの育て方⑤病気と害虫対策

ハスカップ

出典:写真AC

アブラムシやハマキムシ、カイガラムシ類の害虫が発生することがあります。害虫は見つけしだい捕殺します。病気はさほど気にする必要はありませんが、水の与えすぎや湿度が高すぎると枝枯れ病や灰色かび病になることもありますので、過湿に注意しましょう。病気の被害が大きくなりそうな場合は落葉果樹専用の薬剤を散布します。

ハスカップの育て方⑥肥料

肥料
Photo by salchuiwt

有機質肥料か速効性化成肥料を2月と10月に与えます。鉢植えの場合は6月にも与えましょう。肥料の窒素比率が高すぎると、栄養が葉にばかりいって実つきが悪くなるので注意しましょう。

ボタニ子

ボタニ子

次のページでは、水やりや増やし方、収穫についてもご紹介します。

次のページ

ハスカップの育て方⑦水やり

関連記事

Article Ranking