ヤマブキ(山吹)とは?その特徴と育て方をご紹介?見頃の季節はいつ?

ヤマブキ(山吹)とは?その特徴と育て方をご紹介?見頃の季節はいつ?

日本に広く分布しているヤマブキは、近所の公園でも見かけることがあります。古くから日本人に愛されていたため、和歌にも数多く詠まれています。育て方も簡単で、自宅の庭で毎年花を楽しんでいる人も多いですね。本記事ではヤマブキの特徴や見頃の季節をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ヤマブキの特徴とは
  2. 2.ヤマブキの種類は2種類
  3. 3.ヤマブキの名前の由来は「山振り」と「山春黄」
  4. 4.ヤマブキの育て方
  5. 5.ヤマブキの名所
  6. 6.太田道灌のヤマブキ伝説
  7. 7.まとめ

ヤマブキの特徴とは

春になると黄色い花を咲かせるヤマブキを、近所の公園で皆さんも見かけたことはあるのではないでしょうか。目に入るやまぶき色はとても鮮やかで、桜とともに春の季節が進んだことを知らせてくれます。ヤマブキは北海道から九州まで広く日本に分布していてバラ科ヤマブキ属落葉性の低木です。花は一重咲きと八重咲きがあります。万葉集に詠まれるほど古くから親しまれるヤマブキは、別名「面影草」とも呼ばれています。

ヤマブキの開花時期

ヤマブキの開花は4月から5月です。ソメイヨシノが花吹雪になるころ、桜の木の足元で黄色の花を美しく咲かせます。しなやかな枝に花をたくさん付けて風に揺らす姿が美しい晩春の花です。

ヤマブキの見頃

ヤマブキの見頃は4月下旬から5月上旬です。花持ちは良く比較的長く咲いています。そのため、観光名所にもなる場所が全国に数多くあります。初夏の風の中に揺れるヤマブキを眺めて、一日過ごしてみるのもいいですね。

やまぶき色の由来になった

やまぶき色の由来はヤマブキの花です。平安時代にはすでに使われていた伝統色名です。平安時代には女性の重ね着の配色美「襲色目(かさねいろめ)」の1つにもなりました。「花山吹」の襲色目は春の柔らかい雰囲気を表現しています。また、小金色が似ているところから大判、小判の隠語としてやまぶき色は用いられていました。

ヤマブキの種類は2種類

一重咲きヤマブキ

一重ヤマブキはヤマブキの基本種です。晩春に満開になる姿は多くの人を癒してきました。日本が原産国のひとつでもあり、日本全国の公園や丘陵地、低山などで見ることができます。

一重ヤマブキの特徴

樹高は1mから2mほどになります。枝はしなやかに細く、葉っぱは縁がギザギザしています。葉の全体に毛が生えているためザラザラとした触感があります。また、ヤマブキの葉は表の色が濃い緑色に対し裏は淡い緑色が特徴です。一重咲きの花は5弁です。開花時期は4月下旬から初夏にかけて咲きます。9月頃に暗褐色の実を付けます。

白い花はシロハナヤマブキ

白いヤマブキを見たことがありますか。こちらは「シロハナヤマブキ」と呼ばれる白い種類のヤマブキです。花びらが4枚の「シロヤマブキ」とは別種になるですが、混同されやすいですね。花びらの数が5枚と4枚で見分けて下さい。

八重咲きヤマブキ

八重咲きのヤマブキは一重咲きに比べて、生育が旺盛で直立の株は大きく育ちます。花の大きさは2~3㎝と一重咲きと変わりません。一重ヤマブキより少し遅く開花します。木全体に花を咲かせる姿が美しく古来から日本人に愛されています。

八重咲きは実が付かない

八重咲きヤマブキに実は付きません。雌しべは花弁化していて、雄しべは退化したためです。そのため、地下茎を伸ばして成長していきます。

ヤマブキの名前の由来は「山振り」と「山春黄」

ヤマブキの名前の由来は諸説ありますが、有名なものは2つです。

山振りが訛った説

ひとつは「山振り:ヤマフリ」が由来とされています。細くしなやかな枝が風に揺れる様子からかつて「山振り」と呼ばれ、いつからかヤマブキに訛ったという説です。

山春黄が変化した説

2つめは「山春黄:ヤマハルキ」が由来とされる説です。開花の時期になるとたくさんの黄色い花を咲かせる様子から「山春黄」と呼ばれていました。これがいつのまにかヤマブキに変化したとされています。

次のページ

ヤマブキの育て方

関連記事

Article Ranking