ヒメシャガの育て方や管理方法を解説!枯らさないための管理のコツは?

ヒメシャガの育て方や管理方法を解説!枯らさないための管理のコツは?

ヒメシャガの育て方を紹介します。小振りで小さな庭や鉢植えでも株をふやすことができます。ヒメシャガは岩や石の間から根幹を場してたくましく育ちます。環境になれたらあまり手がかからず、数年に一度の株分けで育ちます。育て方の詳細と枯らさないコツを紹介します。

記事の目次

  1. 1.ヒメシャガとは?
  2. 2.ヒメシャガの育て方
  3. 3.ヒメシャガの管理
  4. 4.まとめ

ヒメシャガとは?

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

ヒメシャガは山野に咲く日本産の多年草です。シャガより全体的に小振りであることが名前の由来で、鉢植えや庭植えのどちらでも楽しむことができます。ヒメシャガは日本独特の品種であり、北海道から九州まで分布しています。初夏の季節を彩るきれいな花が群生している姿は見事な景色でしょう。

基本情報

名前(和名) ヒメシャガ(姫射干)
学名 Iris gracilipes
科/属 アヤメ科アヤメ属
分類 山野草
原産国 日本

ヒメシャガは20cm程度と背丈が低く、葉は薄く細身でシャガのような光沢はありません。花は白や紫があり、日本の気候にあった丈夫な花で、育てやすいことが魅力です。日本全国に分布しているため、山野でよく見かけます。ヒメシャガは準絶滅危惧種に指定されているので、自然に自生しているヒメシャガは鑑賞するだけにしましょう。

花言葉

ヒメシャガの花言葉は、「反抗」「友達が多い」です。「反抗」の花言葉はヒメシャガの葉が細くすっと伸びているところからきています。「友達が多い」はどんどん横に広がって株が増えていくことに由来しています。

ヒメシャガの育て方

ヒメシャガは山野草で林や山間の木陰でよく見かけます。同じアヤメ科のシャガは大型で大群生になるのとは対照的に、ヒメシャガは小型で背丈が高くならないため、鉢植えで育てやすいです。日当たりは強すぎない場所を好むので、日陰であっても問題ありません。

育て方①場所

ヒメシャガは自生地に岩場が多い場所を好み、木陰や直射日光が当たらない場所を好みます。庭植えにする場合は直射日光の当たらない日陰や半日陰がよいです。鉢植えの場合は、夏場になってきたら適宜置き場所を変えて、半日陰にすると花の色がきれいにでます。

育て方②用土

ヒメシャガは水はけのよい土を好みます。鉢植えの場合は浅鉢を使い、根茎が土から出てくるぐらいで問題ありません。赤玉土に桐生砂を三割程度混ぜ合わせるとよいです。土の質はあまり問題になりませんが、乾燥を嫌うので、夏の暑い時期の水枯れには、庭植え、鉢植えともに注意しましょう。

育て方③肥料

ヒメシャガの開花時期は、5月~6月です。肥料を与える時期は3~9月頃の間で、月に2~3回水に混ぜて液肥を与えます。液肥は通常1,500~2,000倍程度に薄めますが、夏は3,000倍くらいまで薄めましょう。庭植えの場合は、最初の用土に肥料を混ぜ込んでおけば、その後格別に肥料を与えなくても問題ありません。

育て方④水やり

ヒメシャガは水を好む植物のため、鉢植えの場合は水を切らさないように表面が乾いたら水をあげます。庭植えの場合は、降雨のみで問題ありませんが、夏の猛暑日が続くような場合は注意しましょう。冬は地上部は枯れますが、根の部分は生きているので、乾燥しきらないように気をつけます。

ヒメシャガの管理

ヒメシャガは丈夫な草花でよく増えます。庭植えの場合は横に広がって問題なければそのままにして楽しみましょう。根茎が思わぬところ出るため、広がりすぎる場合は秋に根茎をカットして植え替えます。きれいに花を並べる花壇には向いてません。鉢植えの場合は、根詰まりしやすいので株分けをして環境を適切に保ちましょう。

植え替え時期

ヒメシャガの植え替えは、およそ2~3年に1回の割合で行い、季節は2~3月が適しています。鉢植えの場合は、一回り大きな鉢と新しい用土を用意し、密生した株を分けて鉢に余裕があるように植えると、株が密になって花が付いたときに見た目がきれいです。庭植えの場合も、定期的に掘り起こして植え替えると花つきがよくなるでしょう。

増やし方

ヒメシャガは放置していてもよいのですが、庭で増えすぎて他の植物を侵害することがあるので、適宜株分けをして管理しましょう。種ができるので、種まきでも増やすことができます。種を採るつもりがなければ、株の負担を軽減するために、花が終わったあとは花茎を切りましょう。

種まき

ヒメシャガの果実は6月~7月にかけて熟します。種の保存は難しいので採取した後すぐに蒔くとよいです。一般的な種蒔き用の用土は、ピートモスやバーミキュライト、小粒赤玉土です。種を蒔いたあとは乾燥させないように管理して発芽を待ちます。半日陰の状態を保ちながら、育てましょう。

株分け

ヒメシャガは2~3年に一度くらいで株分けをするとよいでしょう。株分けの時期は花が終わったあとで暑さがひどくならないうちに行います。株は自然に分かれている部分で分けたり、大きい株は新芽を3~4つ付けるようにしてナイフでカットしながら地下茎を分けます。

ヒメシャガを枯らさないコツ

ヒメシャガは湿り気の好きな植物で、石や岩の上を這って短い根が伸びる性質があります。石や岩などの障害物を置けると環境に慣れやすいです。鉢植えの場合は特に植え付けてから土に慣れるまでは注意して見守ります。水のあげすぎも枯れる原因になるので、鉢植えの場合は二重鉢にして砂床をつくるとよいでしょう。

病気や害虫

ヒメシャガは比較的病気や害虫の発生が少ないです。時折ハダニが発生することがあります。定期的な防虫が効果的で、葉に防虫剤を吹き付けるとよいでしょう。冬は上部の葉が枯れるので、適宜取り除いて風通しをよくして害虫の好む環境を作らないようにします。

まとめ

初夏に咲くヒメシャガは、半日陰で育てると花の色がきれいにでます。緑の多い季節の中でヒメシャガの群生は目の保養になるでしょう。ヒメシャガは切り花にして部屋の中に生けて楽しむことができます。風炉の時期に茶室でよく見かけることがあり、初夏の季節を感じさせる花です。

buusencho_sunu
ライター

buusencho_sunu

分かりやすい文章を書きたいと心がけていますが、まだまだ修行中です♪

関連記事

Article Ranking