アブラナとは?その特徴や開花時期をご紹介!菜の花とはどう違うの?

アブラナとは?その特徴や開花時期をご紹介!菜の花とはどう違うの?

アブラナといわれたらどんな花を想像しますか?春の季節になると一面に黄色い花を咲かせる菜の花。この花をアブラナと呼ぶ人もいることでしょう。では菜の花ってなんの植物の花だと思いますか?今回はアブラナと菜の花の違い、特徴と開花時期についてご説明していきます。

記事の目次

  1. 1.アブラナってどんな植物?
  2. 2.アブラナと菜の花の違い
  3. 3.アブラナ科の植物【菜の花】の生態
  4. 4.アブラナ科の植物【菜の花】の開花時期
  5. 5.アブラナ科でも属性の違うダイコン属
  6. 6.まとめ

アブラナってどんな植物?

アブラナは油を採取するための植物

Photo by sekido

『アブラナ』と聞いてどんな漢字を想像しますか?『油菜』とほとんどの人が答えることでしょう。その通りアブラナは、油を採取する為に栽培された植物です。アブラナの分類はアブラナ科アブラナ属で、和名は『菜種』です。特徴としては、春の季節に黄色い十字形の花をつける、草丈1mほどの二年生植物(種をまいた翌年に開花、結実する植物)です。このアブラナの種子から採れた油を一般的には菜種油とよんでいます。

アブラナの種子から採れる菜種油

Photo byronhvass

アブラナの種子からとれる菜種油ですが、現在はセイヨウアブラナから採取することが主流となっています。スーパーなどでよく売られている菜種油を精製したキャノーラ油とは違い、圧搾法で絞られた菜種油には独特の香りがあり、好き嫌いが分かれるところです。日本で作られる食用油の6割は菜種油といわれています。

アブラナと菜の花の違い

菜の花はアブラナ科アブラナ属の植物の総称

Photo by torugatoru

問題です。上の画像は何の植物の花だと思いますか?

えっ?これってアブラナですか?いつもは菜の花って呼んでますけど

むずかしいでしょうか?ではヒントを出しましょう。下の4つの画像を見てから答えて下さい。

カブの花【アブラナ科アブラナ属】

出典:写真AC

ブロッコリーの花【アブラナ科アブラナ属】

出典:写真AC

キャベツの花【アブラナ科アブラナ属】

出典:写真AC

白菜の花【アブラナ科アブラナ属】

出典:写真AC
 ​​​​​​​

4つとも同じに見えたんですけど、全部違う野菜の花なんですね。

そうなんです。だからアブラナ科アブラナ属の植物の花の総称として、すべてを『菜の花』と呼んでいるんです

じゃあ、正解は菜の花でいいんですね!

そうです。アブラナ科アブラナ属の植物は30種ほどあるんですよ

そんなにあるんですね!菜の花って今まで全部同じ植物だと思っていました。ということは、冒頭で説明のあった「アブラナ」というのは総称で、「アブラナ」という名前の植物はない…?あれ?

いいえ、アブラナも『菜種』という植物の品種の一つです。学名として『Brassica rapa subsp. oleifera』という名前がついていますよ。そしてアブラナも他の植物たちと同様にアブラナ科アブラナ属の植物として、菜の花と呼ばれているんです。

菜の花と呼ばれるアブラナ科アブラナ属の植物

アブラナ科に分類される植物は300種以上。そのうち菜の花と呼ばれるアブラナ科アブラナ属に分類されるものは30種ほどあり、そこからさらに栽培品種が作り出されています。よくみかける野菜では、キャベツ・ブロッコリー・カブ・水菜・チンゲン菜・小松菜・白菜・野沢菜といったところでしょうか。アブラナ属の植物は、つぼみと葉や茎は菜花として食用に、種は植物油、花は観賞用にと人々の生活に欠かせないものとなっています。

次のページ

アブラナ科の植物【菜の花】の生態

関連記事

Article Ranking