1月23日の誕生花は何?特徴・花言葉や誕生石に記念日もご紹介!

1月23日の誕生花は何?特徴・花言葉や誕生石に記念日もご紹介!

1月23日の誕生花は、縁起のいい姿で人気の「マンリョウ」です。特徴や育て方について、くわしく見ていきましょう。マンリョウ以外の誕生花や誕生石、この日に生まれた有名人など、1月23日にゆかりのあるものもあわせてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.1月23日の誕生花は?
  2. 2.マンリョウの特徴2選
  3. 3.マンリョウの育て方
  4. 4.1月23日の誕生花(マンリョウ以外)
  5. 5.1月23日にゆかりのあるもの
  6. 6.マンリョウはギフトにぴったり

1月23日の誕生花は?

1月23日の誕生花は「マンリョウ」

出典:写真AC

江戸時代から庶民の間で親しまれてきた「古典園芸植物」、マンリョウが1月23日(1/23)の誕生花です。あざやかな赤色をした、大きな実が印象的です。縁起のいい名前と華やかな姿から、正月飾りとして床の間に飾られたり、金運を高める木として庭先に植えられたりします。夏に開花する花は白く可憐で、濃いグリーンの葉とのコントラストも美しい庭木ですよ。鉢植え向けの品種が開発されてからは、鉢での栽培にも人気です。

名前 マンリョウ(万両)
別名 ハナタチバナ(花橘)
園芸分類・形態 花木・低木
原産地 日本、朝鮮半島、中国など
開花の時期 7月
花の色
暑さ / 寒さ 強い / 普通
特徴 日陰でも育つ、常緑性、開花期が短い

マンリョウの特徴2選

特徴①実のようすからつけられた名前

出典:写真AC

赤い実を価値のあるものとして名付けられた「センリョウ(千両)」という植物があります。マンリョウはそのセンリョウよりもさらに実が大きいことから、「千」よりも価値のある「万」のついた、「マンリョウ(万両)」という名前になりました。真冬に赤く美しい実をたくさんつけるようすが、裕福な印象を抱かせたのですね。

特徴②おめでたい印象の花言葉

出典:写真AC

マンリョウの花言葉は「言祝ぎ(ことほぎ)」「慶祝」です。正月飾りとして飾るのにぴったりの、おめでたい花言葉ですね。盆栽仕立ての小さな鉢は、お祝いのギフトとしても人気があります。グリーンの葉や赤い実のかわいらしい姿が、玄関先や部屋の雰囲気を華やかにしてくれますよ。

マンリョウの育て方

出典:写真AC

マンリョウは古くから栽培されており、日本の気候にもよくあった植物です。水やりや肥料の手間も少なく、庭木の栽培に不慣れな人でも、比較的簡単に育てられますよ。「栽培環境」や「水やり」「植え付け」など、栽培方法のポイントをくわしく解説していきましょう。

育て方①栽培環境

出典:写真AC

マンリョウの栽培には明るい日陰で、強い風の当たらない場所が適しています。自生地の環境に近付けることが、元気に育てるコツですよ。鉢植えは年間をとおして屋外に置き、春と秋は半日陰、夏は直射日光の当たらない場所、冬は強風の当たらない場所で管理しましょう。土壌は腐植質に富んだ、水はけのいいものを好みます。

育て方②水やり・肥料

出典:写真AC

マンリョウはあまり水やりを必要としない植物です。庭植えの場合しっかりと根付いたのを確認した後は、自然に降る雨に任せていいでしょう。鉢植えも極端な乾燥状態にだけ気をつけて、表土が乾いたらその都度水を与えます。肥料は庭植え・鉢植えいずれの場合でも、ほとんど必要ありません。苗で購入して株を大きく育てたい場合は、2月中旬~3月に緩効性化成肥料を施すのがおすすめです。

育て方③植え付け・植え替え

出典:写真AC

マンリョウは根腐れを起こしやすいので、水はけのいい土で育てましょう。市販されている培養土のほか、赤玉土と腐葉土、鹿沼土を配合したものでもよく育ちます。鉢植えは2年に1回のペースで、ひとまわり大きな鉢への植え替えが必要です。4月~5月の晴れた日を選んで行いましょう。細根が少ないため、誤って根を切ってしまわないように注意してくださいね。

育て方④仕立て直し

出典:写真AC

マンリョウは枝数が少ないため、剪定の必要はありません。ただ長期間育てていると下葉が落ちて腰高になり、不格好になることがあります。そういった場合は葉のついた部分と茎が同じ長さになる位置で、とり木して仕立て直しするのがおすすめです。5月~6月に樹皮をはぎ、十分にしめらせた水ゴケを巻いてポリシートで包みます。鉢に植え付けるのは、秋に発根してからです。

1月23日の誕生花(マンリョウ以外)

出典:写真AC

1月23日の誕生花は、マンリョウだけではありません。ここでは複数ある誕生花の中から、可憐な花姿で春を告げる「フクジュソウ」と、花はもちろんシルバーリーフも観賞価値のある「シロタエギク」について、特徴や花言葉を見ていきましょう。それぞれ幸福感にあふれた、素敵な花言葉を持った花ですよ。

1月23日の誕生花①フクジュソウ

出典:写真AC

フクジュソウ(福寿草)は早春に開花する、華やかな黄色が愛らしい花です。旧暦の正月の頃(現在の2月)に花を咲かせはじめるころから、「ガンジツソウ(元日草)」「ツイタチソウ(朔日草)」とも呼ばれます。根はゴボウのようにたくましく、薬用としても使われます。花言葉も「幸福」「しあわせを招く」「永久の幸福」と、どれもギフトにぴったりです。名前がおめでたいので、正月飾りにもよく利用されますよ。

福寿草(フクジュソウ)の花言葉は?名前の由来や開花時期なども紹介!のイメージ
福寿草(フクジュソウ)の花言葉は?名前の由来や開花時期なども紹介!
福寿草は春を告げる花として人気の植物です。おめでたい名前で人気の植物であっても、福寿草の名前の由来や花言葉は意外に知られていません。本記事では、そんな福寿草の開花時期や特徴、花言葉や名前の由来を詳しくご紹介していきます。

1月23日の誕生花②シロタエギク

出典:写真AC

シロタエギク(白妙菊)は南ヨーロッパ原産の多年草です。白く粉をふいたような葉や茎はシルバーリーフと呼ばれ、花と同じく観賞価値があります。ハボタンやパンジーなどと寄せ植えをすると、素敵な冬花壇になりますよ。「ダスティーミラー」という別名も、ロマンティックで素敵ですね。花言葉は控えめな花姿にぴったりな、「あなたを支える」「おだやか」です。

シロタエギク(白妙菊)とは?育て方と上手な寄せ植えのやり方を解説!のイメージ
シロタエギク(白妙菊)とは?育て方と上手な寄せ植えのやり方を解説!
花壇や寄せ植えに人気のシルバーリーフのシロタエギク(白妙菊)。英名ではダスティーミラーともよばれます。冬っぽさを演出することもできる白い粉をふいたような葉や茎、レース状の葉形が特徴的です。そんなシロタエギクの育て方と上手な寄せ植えの方法をまとめてみました。

1月23日にゆかりのあるもの

出典:写真AC

最後は誕生石や記念日など、1月23日にゆかりのあるものを見ていきましょう。今日が誕生日のエドアール・マネは、19世紀のフランス人画家です。それまでの形式にとらわれない自由で個性的な色彩が特徴で、印象派の創設に多大な影響を与えました。その功績から、「近代美術の父」とも呼ばれていますよ。代表作は「草上の昼食」「オランピア」「笛を吹く少年」などです。

1月23日の誕生石

出典:写真AC

1月23日の誕生石は「アレキタイプ・ガーネット」です。ガーネットの変種で、自然光では青緑色、人工光では赤紫色に変化するという「変色効果」を持ちます。誕生石の中でも特に希少な石で、アクセサリーとしての流通も多くはありません。ギフトにするのはやや難易度が高いですが、神秘的な美しさでファンの多い宝石ですよ。

1月23日生まれの有名人

出典:写真AC

1月23日生まれ(星座はみずがめ座)の有名人は、以下のような人々です。東京都出身の湯川秀樹さんは、日本で初めてノーベル賞を受賞した理論物理学者です。中間子理論構想を発表し、実際に中間子が発見されるより10年以上も早く、その存在を予言していました。

  • エドアール・マネ(フランスの画家)
  • 湯川秀樹さん(理論物理学者)
  • 葉加瀬太郎さん(ヴァイオリニスト)

1月23日の出来事・記念日

出典:写真AC

アーモンドの日

1月23日は「アーモンドの日」です。カリフォルニア・アーモンド協会が2008年に制定しました。日本人の成人女性は、1日あたり約23粒がアーモンドの摂取目安量です。そのことから、「1(日)23(粒)」で1月23日が記念日となりました。栄養の豊富なアーモンドは、近年ミルクやチョコレートなどでの食べ方も注目されていますね。

マンリョウはギフトにぴったり

出典:写真AC

マンリョウは真っ白な花とあざやかな赤い実、グリーンの葉が美しい庭木です。日本の環境に適応しているため栽培も比較的簡単で、初心者でも扱いやすいのが魅力です。盆栽や小さな鉢植えでの流通も多いので、ギフトとしても人気があります。「言祝ぎ」「慶祝」といった花言葉も、大切な人に贈りたくなるポジティブなフレーズですね。

おもち
ライター

おもち

抱えきれないくらい大きなクチナシの花束をもらうのが夢。

関連記事

Article Ranking