ムスカリの花言葉とは?青や黄色など豊富な品種も詳しくご紹介!

ムスカリの花言葉とは?青や黄色など豊富な品種も詳しくご紹介!

ムスカリは、青紫色のぶどうのような姿が魅力です。育てるのが難しそうな花姿をしていますが、基本的に場所を選ばず栽培でき、初心者でも比較的簡単に育てられます。そんなムスカリには、どのような花言葉があるのでしょうか。ムスカリの花言葉について見ていきます。

記事の目次

  1. 1.ムスカリとは?
  2. 2.ムスカリの花言葉とは
  3. 3.ムスカリの種類
  4. 4.まとめ

ムスカリとは?

出典:BOTANICA

ムスカリは、ぶどうの房のように密集して咲きます。栽培しやすいという特徴から園芸植物として人気を集めています。トラブルを引き起こす病虫害も少なく、初心者が初めて栽培する花としてもうってつけです。

ムスカリの基本情報

出典:BOTANICA

名前 ムスカリ
学名 Muscari neglectum
分類 キジカクシ科ムスカリ属
分布 南西アジア、地中海沿岸(地中海沿岸が中心)

 

ムスカリの特徴

出典:BOTANICA

ムスカリの名前の由来は、ギリシャ語の「ムスク」です。香水の香りの一つとして知られる「ムスク」が由来します。一見すると青紫のぶどうのように見えること、加えてヒヤシンスと近縁関係にあることから、グレープヒヤシンスと言われることもあります。

Photo byCapri23auto

これがヒヤシンスです。非常に似ています。

ムスカリの種類

フリー写真素材ぱくたそ

ムスカリはおよそ40〜50種も分布し、濃紫から白まで幅広く花色があります。花色の種類も多いのですが、羽毛のような花が咲くものや、2色咲の花など花姿も豊富です。

ムスカリの開花時期

出典:BOTANICA

ムスカリの原産地は地中海沿岸地方や西アジアです。多年草のためいつでも咲いているイメージがありますが、開花時期は3月~5月中旬にかけて咲きます。春先、暖かくなった頃によく見られるでしょう。

ムスカリの花言葉とは

出典:BOTANICA

多くの花は「花言葉」をもっています。もちろん、ムスカリにもありますよ。ここからは、ムスカリの花言葉について見ていきましょう。

明るい花言葉

フリー写真素材ぱくたそ

ムスカリの花言葉の中で、明るい意味を持ったものは

  • 明るい未来
  • 寛大な愛
  • 通じ合う心
の3つです。ヨーロッパでは、ムスカリを代表する色「青」をブルーブラッドと呼びます。ブルーブラッドには、貴族の血統という意味があります。明るい花言葉が生まれてくる理由は、前途洋々で広い心を持った貴族をイメージしたからかもしれません。
 

暗い花言葉も

出典:BOTANICA

ムスカリには明るい花言葉だけでなく、全く正反対の暗い花言葉もあります。

  • 絶望
  • 失望
  • 失意
花言葉では、「紫色」は悲しみのシンボルで使われることが多いようです。「青紫」という色を持つムスカリも、その例にもれなかったのかもしれません。

色別の花言葉はない

出典:BOTANICA

ムスカリは、明るい花言葉と暗い花言葉両方の意味を持っています。ムスカリには、青紫の他にもピンクや白といった色も存在します。それでは、色別の花言葉はあるのでしょうか?実は、ムスカリは色によって花言葉は分けられていません。ムスカリを代表する「青紫」の意味が、ムスカリ全体の花言葉となっているようです。

次のページではムスカリの種類についてご紹介します!

次のページ

ムスカリの種類

関連記事

Article Ranking