ラムズイヤーとは?特徴や花言葉からハーブとしての効能までご紹介!

ラムズイヤーとは?特徴や花言葉からハーブとしての効能までご紹介!

銀の葉が美しいラムズイヤーは、ガーデニングで人気の植物です。寄せ植えやクラフト素材としても大活躍してくれます。本記事では、ラムズイヤーの特徴や種類、花言葉についてご紹介します。ふんわりとした手触りのラムズイヤーの魅力に迫りましょう。

ラムズイヤーとは?

記事の目次

  1. 1.ラムズイヤーとは?
  2. 2.ラムズイヤーの特徴
  3. 3.ラムズイヤーの花言葉
  4. 4.ラムズイヤーのハーブとしての効能
  5. 5.ラムズイヤーのお手入れ方法
  6. 6.まとめ

出典:BOTANICA

ラムズイヤーは、トルコやイランなどに分布する耐寒性多年草で、ハーブの一種です。白いふわふわした「シルバーリーフ」は、ほのかにパイナップルのような香りがします。

学名と別名

 

学名 Stachys byzantina(スタキス ビザンチナ)
和名 綿千代呂木(ワタチョロギ)
園芸分類 シソ科イヌゴマ族

名前の由来

出典:写真AC

葉や茎などの表面に白い産毛が生えており、触るとふわふわしたモールのような感触です。その様子が、上の写真のような羊の耳に似ていることから、羊の耳(lamb's earrs)と呼ばれるようになりました。

確かに羊の耳のように、ふわふわしていて形もそっくりですね

開花時期

出典:BOTANICA

開花時期は5月中旬~7月の初夏です。6月頃に伸びた茎の先に、小さなピンク色の花をたくさんつけます。開花するまでは優しい雰囲気の葉を、開花時期にはかわいらしい花を楽しめます。1年中、観賞を楽しめる魅力的な植物といえるでしょう。

お花が咲く時期までは葉がおしゃれで楽しめるね。ピンク色のお花が咲くのが楽しみですね!

種類

シルキー・フリース

通常のラムズイヤーよりも葉は小さめで、草丈も30cmしないくらいの小さな品種です。シルバーリーフの葉が美しく、コンパクトな寄せ植えに使いやすいのがポイントです。濃い紫色の花を咲かせます。

プリムローズ・ヘロン

園芸用に作られた品種で、鮮やかなライムグリーンの葉が魅力です。抜群の美しさですが性質が弱く、やや育てにくいという弱点もあります。しかし、弱点を持っていても人気の高い品種です。

シルバーカーペット

もともと銀色に近いラムズイヤーの葉を、さらに銀色に近づけた園芸用の品種です。高い人気を誇りますが、あまり出回っていません。いつ出会えるかわからないため、見つけたときに購入するのがおすすめです。

ラムズイヤーには種類があるんですね!特徴が違うので用途に合わせて選んでみましょう

ラムズイヤーの特徴

葉っぱがふわふわ

出典:BOTANICA

丸みのある葉で、草全体がやわらかな産毛で覆われています。ふわふわした手触りが大きな特徴です。この葉に夢中になる人も多いといわれています。

おしゃれな雰囲気

シルバーリーフの見た目は落ち着いた雰囲気があり、お庭のグランドカバーや寄せ植えに利用されます。自己主張の強いはっきりとした色ではないため、寄せ植えにするとまわりの花も引き立ち、見る人におしゃれな印象を与えるでしょう。

すてきな寄せ植えですね。ラムズイヤーも引き立ち他のお花たちも色鮮やかに見えますね。

クラフト素材としても人気

ラムズイヤーの葉は肉厚で、クラフト作りにも人気の素材です。ミモザやバラ、ラベンダーなどのドライフラワーと合わせてリースやスワッグにするなど、いろいろと楽しめるでしょう。自然乾燥しても、それほど色が退色しない点も魅力といえます。

ラムズイヤーをふんだんに使ったこのリースもすてきですね。作りたくなりますね。

ラムズイヤーの花言葉

出典:BOTANICA

「あなたに従う」

羊は、羊飼いに付き添う従順な生き物だと考えられています。そんな羊に似たラムズイヤーには「あなたに従う」という花言葉がつけられました。ラムズイヤーにぴったりの花言葉といえるでしょう。

ラムズイヤーのハーブとしての効能

出典:BOTANICA

ハーブの一種でもあるラムズイヤーは、かつては食用として用いられていました。現在は食用としては栽培されていないようです。どのような効果が期待されていたのかは、観賞用となった今では知る手立てはないといえます。健康によいなどの効果効能ではなく、その優しい香りを活かしてクラフト素材や園芸で効果的に使うのがおすすめです。

ラムズイヤーのお手入れ方法

水やり

出典:写真AC

ラムズイヤーを地植えした場合、水やりは雨水のみで問題ありません。鉢植えの場合は、土が乾いたらお水をあげましょう。多湿が苦手なため、水のあげすぎは注意が必要です。

肥料

ハイポネックス マグァンプK 中粒 200g

参考価格: 555円

出典: Amazon
Amazon555円
楽天

植え付けの際に、土に緩効性化成肥料を混ぜておきましょう。地植えなら肥料を多く必要とする植物ではないため、追肥は不要です。プランターの場合は、生育期の春から夏の間(3~5月頃)に液体肥料をあげましょう。

まとめ

出典:BOTANICA

ラムズイヤーは、ふわふわした見た目とかわいい花を咲かせる魅力的な植物です。寄せ植えやグランドカバーでガーデニングに取り入れたり、ポプリやリースの素材にしたりするのも楽しいでしょう。お手入れもとても簡単です。ぜひ、ラムズイヤーの魅力に触れてみてください。

Hitomi
ライター

Hitomi

お花が大好きなhitomiです。自宅ではガーデニングやプリザーブドフラワーのアレンジを楽しんでいます。宜しくお願いいたします。

関連記事

Article Ranking