レモンタイムの育て方!鉢植えで上手に育てるコツは?耐寒性はある?

レモンタイムの育て方!鉢植えで上手に育てるコツは?耐寒性はある?

レモンタイムとは、タイムの仲間で香りがレモンに似ています。香りの刺激が少なくさわやかで、ハーブティーやポプリ、入浴剤など使い道も多いです。湿度には弱いですが耐寒性は強い、レモンタイムの育て方や鉢植えのコツなどをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.レモンタイムとは
  2. 2.レモンタイムの特徴
  3. 3.レモンタイムの育て方
  4. 4.レモンタイムの増やし方
  5. 5.レモンタイムの剪定
  6. 6.まとめ

育て方②植え替え

Photo by sabamiso

レモンタイムは根張りが速い植物です。毎年か2年に1度は植え替えしてください。植木鉢の裏から根が出ている場合は根づまりしているため、時期を待たずに植え替えましょう。大きく育てるなら一回り大きな植木鉢に植え替えます。根や葉が傷んでいる場合は清潔なはさみでカットします。

育て方③水やり

Photo bypixel2013

地植えは植え付けて1カ月は水やりをしますが、それ以降は雨で十分です。鉢植えは土がしっかり乾いてからたっぷり水やりします。乾燥を好むハーブのため、乾かし気味で管理してください。長雨が降るときは、鉢は屋根の下で管理し、地植えは雨除けシートをかぶせて根腐れを防ぎましょう。

育て方④日当たり

Photo byLarisa-K

基本的に屋外の日向で育てます。日陰でも育ちますが風通しはよくしましょう。夏の暑さには強くあないため、日陰に移すか寒冷紗で遮光してください。室内で育てる場合は日当たりのよい窓の近くで育てます。あまりにも日が当たらないと徒長する、水はけが悪くなる、根腐れするなどのトラブルが発生します。

育て方⑤肥料

Photo by salchuiwt

レモンタイムの成長期は春と秋です。その時期に肥料をあげます。地植えは必要ありませんが、与える場合は最初に緩効性化成肥料を混ぜ込みます。鉢植えは月に1回液肥を与えましょう。冬場は成長が遅くなるため、緩効性化成肥料を1錠置き肥すれば十分です。与えすぎると香りが薄くなります。

レモンタイムの増やし方

Photo byOpenClipart-Vectors

レモンタイムの増やし方は2種類あります。株分けと挿し木です。レモンタイムは繁殖力が旺盛で、丈夫なハーブのため、どちらの増やし方も成功率が高いです。真夏や真冬以外は時期を選ばずにできます。挿し木は剪定するとき、株分けは植え替えるタイミングがおすすめです。

株分け

Photo byJillWellington

根張りがよい植物で、1年~2年に1度の植え替えが必要です。そのタイミングで株分けをするのが増やし方の1つです。植木鉢から取り出して株を分け、傷んだ根を清潔なはさみでカットします。古い土をとりのぞき、新しい土を使い、植え付けてから1カ月は明るい日陰で管理しましょう。

挿し木

Photo byvjgalaxy

レモンタイムは多年草低木で、茎が木化します。普通の茎からでも挿し木できるため、茎を5cmくらい切って余計な下葉を落とします。30分~1時間くらい水揚げさせて、挿し木用の土で苗用のポットに植え付けましょう。水の中で発根したのを確認してから植え付けてもかまいません。

レモンタイムの剪定

Photo byCarlottaSilvestrini

レモンタイムは過湿を嫌い蒸れに弱い性質があります。梅雨や夏前に思い切った剪定が必要です。鉢植えも思い切って切り戻して株の形を整えるとよいでしょう。地植えの場合は高さが半分か1/3になるくらい切り戻してかまいません。剪定したものはきれいに洗って乾かして、ドライハーブとして使えます。

まとめ

Photo by graibeard

レモンタイムの育て方や鉢植えのコツなどをご紹介しました。グランドカバーとしてだけでなく、レモンに似たさわやかな香りで、使い道の多いハーブです。耐寒性も強く、冬に枯れてしまっても春にはまた新芽が出ます。夏の湿度にだけ気を付ければ気軽に地植えできるため、ぜひ育ててみてください。

ほおずき
ライター

ほおずき

最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございました。観葉植物歴は30年以上です。食べ終わった種を埋めておいたら巨大化したアボカドなどを含め、ガジュマルやコウモリラン、トックリランやウツボカズラなど、現在25鉢の観葉植物と暮らしています。最近機嫌のよいウツボカズラが、小さいつぼをたくさんつけています。

関連記事

Article Ranking