アンスリウムの育て方!上手な管理方法とトラブルへの対処方法を徹底解説!

アンスリウムの育て方!上手な管理方法とトラブルへの対処方法を徹底解説!

赤やピンクや白などハート型に美しく着色する仏炎苞が特徴のアンスリウムはトロピカルな雰囲気で人気があります。ただ、実際に育ててみると次々と咲かなかったり、葉が黄色くなったりとトラブルも多いのも事実です。そこで、この記事では上手な育て方やトラブルへの対処法を解説します。

記事の目次

  1. 1.アンスリウム(アンスリューム)とは
  2. 2.アンスリウムの種類
  3. 3.アンスリウム・アンドレアヌム
  4. 4.アンスリウムの管理方法
  5. 5.アンスリウムの剪定方法
  6. 6.アンスリウムの植え替え方法
  7. 7.アンスリウムの冬越し
  8. 8.アンスリウムのトラブル対処方法
  9. 9.アンスリウムの増やし方
  10. 10.アンスリウムの楽しみ方
  11. 11.まとめ

アンスリウム(アンスリューム)とは

基本情報

アンスリウムはサトイモ科/アンスリウム属の常緑多年草

アンスリウム(アンスリュームともいいます)は中南米か西インド諸島に600種以上存在する常緑の多年草です。赤や白、ピンク色などカラフルな花びらにみえる部分は苞(ほう)とよばれる部分が大きくなったものです。花は真ん中から伸びるひも状の肉穂花序(にくすいかじょ)に小さなめだたない花がさきます。花期は5月から10月頃です。

アンスリウムは室内用の観葉植物

耐陰性がつよく室内の日当たりがよくない場所でも丈夫に育ちます。しかし耐寒性はよわく冬でも20度くらいの室内が最適です。一般には鉢植えで育てます。ハート形の常緑の光沢ある葉とカラフルな赤や白やピンク色の苞が魅力のアンスリウムはお部屋をトロピカルな雰囲気にさせてくれるので「母の日」や「新築祝い」などのプレゼントに人気があります。

アンスリウムの種類

アンスリウムにはカラフルな苞(ほう)を楽しむ種類と葉を楽しむ種類もあり多種多様です。とりわけ、花に見えるアンスリウムは「アンスリウム・アンドレアヌム」と呼ばれています。苞が目立たずに葉に特徴があり美しい種類もあります。

花(仏炎苞)を楽しむアンスリウム

花に見える仏炎苞がカラフルなアンスリウムですが、苞の大きさもハート型の形状もたくさんの種類があります。また苞の真ん中から伸びるひも状の突起である肉穂花序(にくすいかじょ)も様々な色があります。

葉を楽しむアンスリウム

葉を楽しむアンスリウムは苞が目立ちません。葉が大きく長い「ベイチー」や葉脈が美しい「クリスタリナム」や半つる性の「ポリスキスツ」など独特な雰囲気があり貴重です。ただし、なかなか流通されていないので手に入れることが難しいです。

アンスリウム・アンドレアヌム

花(苞)が美しいアンスリウム・アンドレアヌムにはたくさんの種類の色合いがあります。熱帯を思わせる原色系からシックな色合いもあります。

アンスリウムの色

人気の赤色

定番で光沢のあるはなやかな赤はいちばん人気です。みどりの葉とコントラストがよいので部屋にトロピカルな風をはこびます。大輪のものから小さめでも花つきのよいものまで種類が豊富です。はなやかな赤色が魅力の「レッドチャンピオン」、大輪の「ダコタ」などが人気です。

かれんな印象のピンク

ピンク色のアンスリウムは女性にとても人気があります。花数が多くはなやかなピンク系といえば「ピンクチャンピオン」です。大輪で花数は少なめですが大鉢で豪華に咲かせたい方は「フェスカ」や「パンドラ」がおすすめです。

清楚な白色

白色のアンスリウムはさわやかな印象で暑い夏の部屋に涼しさをはこびます。白色からみどり色へと咲きすすむと変化する「シャレードホワイト」や赤系の「シエラ」の白色版の「シエラホワイト」は花数もおおく小鉢でコンパクトにまとまっています。

かわりだねのアンスリウム

ほかにも紫系、茶色系、みどり色や二色にまざったアンスリウムなどたくさんの品種があります。代表的な赤、ピンク、白にしても肉穂花序(にくすいかじょ)とよばれるまんなかから伸びたひも状の突起も黄色やピンク色やダークな色合いなど掛け合わせで様々な種類が作出されています。まわりの仏炎苞との組み合わせでまだまだかわったアンスリウムが生まれそうです。

関連記事

Article Ranking