緑のカーテンの上手な作り方!夏に向けて初心者でも簡単にできる方法は?

緑のカーテンの上手な作り方!夏に向けて初心者でも簡単にできる方法は?

緑のカーテンを作って失敗したことはありませんか?思ったように蔓が伸びない、葉が茂らない、実がならない、枯れてしまったなどの経験がある人も多いのではないでしょうか。今回は初心者でも上手に簡単にできる緑のカーテンの作り方をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.緑のカーテンに向いているのはどんな植物?
  2. 2.緑のカーテンにするのに初心者でも作りやすいのは?
  3. 3.野菜は簡単に緑のカーテンにできる?
  4. 4.定番の夏野菜・きゅうりは緑のカーテンにできる?
  5. 5.果物はある?
  6. 6.花を楽しむのは?
  7. 7.土はどんなものを用意したらいい?
  8. 8.水やりはどのくらいの頻度で?
  9. 9.失敗しないためには?
  10. 10.緑のカーテンの仕立て方
  11. 11.害虫対策
  12. 12.まとめ

緑のカーテンに向いているのはどんな植物?

出典:写真AC

緑のカーテンはつる性の植物で作るカーテン

緑のカーテンを作ったことはなくても、見たことのある人は多いのではないでしょうか。緑のカーテンとは窓や壁に支柱とネットを組み、そこにつる性植物のつるを這わせて部屋の中の遮光や涼をとるのに利用するものです。作りたいけど作り方が分からない、という人も案外多いようです。

つる性であれば、どれでもいいという訳ではない

そんな緑のカーテンに向いている植物はゴーヤ、パッションフルーツといった野菜や果物などの実が食べられるものから朝顔のように花を楽しむもの、ヘチマのように食用としても加工品として使えるものなどがあります。気を付けたいのは、つる性のものであればどれでも緑のカーテンにできるというわけではないということです。

緑のカーテンにするのに初心者でも作りやすいのは?

Photo byJamesDeMers

緑のカーテンにできる植物はいくつもありますが、初心者向けの簡単にできるものから上級者向けの作るのが難しいものまで様々です。おすすめは食べられる野菜で、つるむらさきやゴーヤなど簡単に作れるものが多く、収穫して食べる楽しみがあります。果物も同じで食べる楽しみがあり、花であれば綺麗に咲くのが楽しみです。その他のもの、ヘチマなどは食べられるうえに色々な用途に使えます。そういった花や実の楽しみがあると育てることを途中で投げ出さずに済みます。

野菜は簡単に緑のカーテンにできる?

フリー写真素材ぱくたそ

食べられる野菜で簡単で初心者向きなのは、ゴーヤ、つるむらさき、ヘチマです。ヘチマなどは食べる以外にも化粧品やスポンジなど加工品としても使えるのでおすすめです。

野菜の作り方とポイント:ゴーヤ

出典:写真AC
 ​​​​​​​

ゴーヤは特別なお世話は必要ありません。とにかく水と夏の暑さがあれば丈夫に育ってくれます。ただし水はあげすぎないように気を付けましょう。植えるときは株の間隔を広めにとって風通しを良くしましょう。おすすめポイントとしては病害虫がつきにくいことです。そして生命力が強い栄養豊富な夏野菜です。苦いから苦手という人は苦みを抑えた白いゴーヤを植えるか、緑のゴーヤでも収穫を遅めにして黄色く熟してからにすると、苦みがかなり軽減されます。

野菜の作り方とポイント:つるむらさき

出典:写真AC
 ​​​​​​​

つるむらさきは種から育てる場合には、種を一晩水につけておきましょう。種の皮が硬いのでそのままではなかなか発芽できません。つるむらさきには赤い茎のものと青い茎のものがあり、どちらも植えると芽に楽しい野菜です。栄養豊富な野菜で、葉や茎をおひたしやあえ物にして食べます。

野菜の作り方とポイント:ヘチマ

出典:写真AC
 ​​​​​​​

沖縄ではナーベラーと呼ばれる、大きな葉を持つ緑のカーテンに向いている植物です。高温多湿を好む野菜なので、しっかりと気温が上がってから植え付けます。生命力が強く、定期的に追肥をするだけで特別な世話をしなくてもよく育ちます。若い実は食用になり、そのほかヘチマ水は化粧水として、大きく育った実はスポンジなどに加工できる、様々な使い道のある野菜です。

定番の夏野菜・きゅうりは緑のカーテンにできる?

フリー写真素材ぱくたそ

夏の定番野菜といえばきゅうりです。つる性で大きな葉を茂らし、一見するときゅうりもまた緑のカーテンにふさわしいようです。しかしきゅうりは大きな葉や次々と実がなる様子からは想像できないほど繊細な野菜です。そもそもきゅうりは病気になりやすく、葉は大きいですが、夏の暑い盛りには枯れやすく、水切れを起こしやすい野菜なのです。

きゅうりは緑のカーテンにできない?

きゅうりは確かに繊細な植物ではありますが、だからと言ってきゅうりが緑のカーテンにできないというわけではありません。きゅうりも適切な管理を行えば立派な緑のカーテンにできます。植える時期を見極め、暑さに強い品種を選び、水やりや肥料、病気対策に株間を広くとるなど適切な管理をすれば問題ありません。きちんとお世話をすれば夏には緑のカーテンを楽しみながらも美味しいきゅうりが食べられます。しかし、地植えならともかく緑のカーテンにするには簡単にはできない野菜なので、初心者向きとは言えません。

果物はある?

Photo byMichaelGaida

果物にも実は初心者向けの簡単に育てられる植物があります。それがクダモノトケイソウ、別名パッションフルーツです。生命力が強い植物なのでこれと言って難しいお世話もいりません。ただし日がよく当たる場所がおすすめです。日陰で日照不足になるとクダモノトケイソウは実がなる量も減るし、大きさも小さくなってしまいます。水は果物がなっている間はしっかりあげなくてはなりませんが、やりすぎは根腐れを起すので気を付けましょう。

次のページ

花を楽しむのは?

関連記事

Article Ranking