キッチンガーデンとは?家庭菜園との違いと栽培におすすめの野菜をご紹介!

キッチンガーデンとは?家庭菜園との違いと栽培におすすめの野菜をご紹介!

新鮮な野菜や香り高いハーブをいつでも簡単に採れたら素敵だと思いませんか?そんな願いをかなえてくれるのがキッチンガーデンです。記事ではキッチンガーデンとは?家庭菜園との違いと栽培におすすめの野菜、キッチンガーデンの作り方などを紹介します。

    記事の目次

    1. 1.キッチンガーデンとは?
    2. 2.家庭菜園とは?
    3. 3.キッチンガーデンと家庭菜園の違い
    4. 4.キッチンガーデンの作り方
    5. 5.初心者におすすめのキッチンガーデン野菜
    6. 6.まとめ

    キッチンガーデンとは?

    Photo byMabelAmber

    キッチンガーデンとは、食用植物(野菜、ハーブなど)やコンパニオンプランツ(野菜と愛称のいい草花)などを育てて収穫と観賞のどちらも楽しむガーデニングの一種です。一般に台所用の食用植物を育てることを指します。

    家庭菜園とは?

    家庭菜園は、主に野菜を育て収穫することを楽しむ農業の一部としての園芸です。主に家の畑などで農作物を栽培することを家庭菜園といいますよね。

    キッチンガーデンと家庭菜園の違い

    この2つの言葉のニュアンスの違いをまとめてみました。キッチンガーデンでもあり、家庭菜園でもあるといったような畑もあるように、明確な線引きがあるわけでもないので、参考までにみてくださいね。

    ①アクセス面の違い

    キッチンガーデン

    (上の動画にはいつでも手近なところから食材の野菜やハーブを採ってこれるアクセスのいいキッチンガーデンの特徴が表れています。)

    キッチンガーデンは日々の料理にいつでも使える野菜やハーブを調達する目的があるため、家庭菜園に比べると台所からのアクセスがいい家のそばの庭や、ベランダ、キッチン周りの室内などに作られます。

    家庭菜園

    家から離れた市民農園を利用することもある家庭菜園

    家庭菜園はすぐには収穫しない作物をつくることも多いため、家から距離のある畑や、市民農園なども多く、アクセスの良さはそれほど優先しません。(もちろん、家の庭に畑を作って栽培するのも、家庭菜園といえます。)

    ②美的要素の違い

    キッチンガーデン

    キッチンガーデンは人目につく家の近くに作られるのが一般的なため、新鮮な野菜などを得るためだけでなく、目でも楽しめるように美観を意識した作り方をするのが一般的です。コンセプトはフランスの伝統的なポタジェ(花、ハーブ、果樹、野菜などを一緒に植えて外観の美しさを工夫した庭)に近いです。

    家庭菜園

    美観よりも作物の収穫を優先する家庭菜園

    家庭菜園は、作物をできるだけたくさん美味しく作ることに比重が置かれているので、美観はそれほど重視しません。作物の葉が害虫や病気で枯れたりしないように世話をするのは、収穫まで作物を無事に育てるためです。ガーデニングとは違い規模の小さい家庭農園と言えます。

    ③栽培規模の違い

    キッチンガーデン

    キッチンガーデンは、野菜やハーブなどが常時利用できることを意識した作り方になるため、ベランダや自宅の庭など場所が制限されてきます。そのため栽培スペースを広く取れないことも多く、栽培規模も小さめになる傾向になります。キッチンガーデンは、栽培規模は小さくても、パスタを茹でているうちにバジルが必要と気が付いたら、バジルを手近ですぐ摘めることが優先です。上の写真のように室内の鉢植えキッチンガーデンでもいいのです。

    家庭菜園

    家庭菜園の野菜畑だと栽培規模も大きめにできます。

    家庭菜園は、ジャガイモや白菜、タマネギなど、将来の食材である作物を育てることも多く、家の近くにある必要がないことから、家から少し離れた畑や借り受けた市民農園などを利用することができます。キッチンガーデンより栽培規模が大きい傾向になります。

    キッチンガーデンの作り方

    室内キッチンガーデンの作り方

    Photo byFinmiki

    室内キッチンガーデンであれば、キッチン周りの棚や窓辺の空きスペースにハーブの鉢植えを置くだけでもオシャレで便利なキッチンガーデンになります。また最近では便利な水耕栽培キットも市販されていますので、室内でもトマトやレタスなどを手軽に栽培でき、いつでも食べることができます。必要な時に収穫して利用できるのが魅力なので、初心者の方は室内栽培から始めてみてはいかがでしょうか。

    ベランダキッチンガーデンの作り方

    都市部の住宅だと十分なスペースの庭が無いことも多いようです。そういった場合はベランダを利用してのキッチンガーデンを作ってみてはいかがでしょうか。目隠しフェンスに囲まれたプライベート空間に、カラフルなプランターを吊るしたり、レイズドベッドを設置して鮮やかな緑の野菜やいい香りのハーブを育てるのも素敵です。ベランダでのキッチンガーデニングは収穫するにも便利です。

    屋外キッチンガーデンの作り方

    庭は広いが、畑を起こすのは大変だし景観も重視したいという初心者の方にも、簡単に設置できて見た目が美しいレイズドベッドでのキッチンガーデニングはおすすめです。地面より栽培床面が高くなっているので、作業も楽になります。

    アイデアキッチンガーデンの作り方

    袋栽培

    上の写真はトマトと栽培の愛称のいいコンパニオンプランツのバジルを土の入った袋で育てるキッチンガーデンです。元肥の入った土の袋にトマト苗とバジル苗を植えて簡単にできます。ジャガイモや大根、長芋などもこの方法で育てられます。ベランダにも置けプランターも不要です、初心者の方にも簡単に作れます。

    再生栽培

    上の写真は豆苗一度食べた後捨てずに水につけ再生栽培したものです。ブロッコリーのスプラウトやカイワレのスプラウトでも同じことができます。室内に何種類か並べてスプラウトのミニキッチンガーデンをつくってみてはいかがでしょうか。

    水耕栽培

    土をいじるのは苦手という方でも、水耕栽培なら美観も収穫も満足感を得やすいです。水耕栽培キットは手作りもできますが、市販の水耕栽培キットを利用するともっと簡単です。室内でもベランダでも水耕栽培のキッチンガーデンを作れます。

    関連記事

    Article Ranking