女の子の名前にも使える花・植物15選!季節別に特徴・花言葉を紹介!

女の子の名前にも使える花・植物15選!季節別に特徴・花言葉を紹介!

女の子につける名前といえば、どんな名前を思い浮かべるでしょうか。いろいろありますが、女の子の名前というと、やはり花や植物の名前が多いといいます。今回は、女の子の名前に使える花や植物の名前を季節別にまとめてみました。名前付けの参考にしてみてください。

記事の目次

  1. 1.かわいい赤ちゃんにかわいい名前を
  2. 2.珍しい名前の弊害
  3. 3.女の子の名前に使える花・植物15選
  4. 4.女の子の名前に使える花・植物:春編
  5. 5.女の子の名前に使える花・植物:夏編
  6. 6.女の子の名前に使える花・植物:秋編
  7. 7.女の子の名前に使える花・植物:冬編
  8. 8.まとめ

かわいい赤ちゃんにかわいい名前を

Photo bykelin

人名はかわいい赤ちゃんへの最初の贈り物

人名は親が赤ちゃんに贈る最初の贈り物です。長い間お腹の中で大切に育て、陣痛に耐えてようやく出会えた赤ちゃんには、とびきり素敵な、それでいて縁起のよい漢字を使った名前をつけたいですよね。特に女の子だった場合は「かわいい名前をつけたい」と思う方が多いでしょう。かわいい名前で、縁起のよい漢字を使った名前なら最高ですよね。

女の子にはかわいい花の名前を

Photo byJillWellington

女の子につける人名といえば、花の名前が少なくありません。花のように、きれいでかわいい女の子に育ってほしいと思う親は多いでしょう。もちろんそのうえで漢字の画数や花言葉なども考えて、花の名前を実際につける方もいるでしょう。人名とは、かわいい赤ちゃんに親が贈る最初の贈り物です。しっかり考えて素敵な名前を贈りましょう。

珍しい名前の弊害

Photo bybrujaisma

珍しい名前のリスクとは

赤ちゃんへの名前付けの際、「とびきり素敵な名前をつけたい」と思うあまり、珍しい名前にこだわる場合もあります。近年は個性を重視する傾向が強まっていることもあって、珍しい読み方をする名前や、珍しい漢字を使った名前など、インパクトを重視した名前をつけたがる方も少なくありません。その結果、「漢字が読みづらい」「悪い意味で印象に残る」などといった問題も発生しています。

あまりにも読みづらい名前だと相手も困ってしまうよね。間違えると失礼だし。

珍しい名前は悪目立ちするため、からかいの的にされることもあります。

こういったトラブルを防ぐためにも、人名について詳しく知っておこうね。

女の子の名前に使える花・植物15選

Photo byshell_ghostcage

女の子の名前に使う花・植物は、「桜」や「桃」のように、古くから日本人に愛されてきたきれいな花が多い傾向があります。また、春生まれなら春の花、夏生まれなら夏の花という風に、赤ちゃんが生まれた季節にちなむことも多いです。ここからは季節別に分けて、赤ちゃんの名前に使える花・植物の名前を紹介しましょう。

ボタニ子

ボタニ子

それでは次のページからはさっそく「春」の植物や花にまつわる名前を紹介します。

関連記事

Article Ranking