南天(ナンテン)の剪定方法を図解で紹介!タイミングや切り方は?

南天(ナンテン)の剪定方法を図解で紹介!タイミングや切り方は?

南天(ナンテン)は赤い実が特徴の常緑低木です。どこから切っても育つ生命力のある植物ですが南天の樹形をきれいに保つには伸びすぎた葉や幹を間引く作業が必要になります。複葉の剪定の仕方や時期など樹形を整える剪定の方法を図を使ってご紹介します。

記事の目次

  1. 1.南天(ナンテン)の原産地
  2. 2.南天(ナンテン)の特徴
  3. 3.南天(ナンテン)の剪定
  4. 4.南天(ナンテン)の剪定手順を図解でご紹介!
  5. 5.南天(ナンテン)の育て方
  6. 6.まとめ

南天(ナンテン)の原産地

Photo by shrk

ナンテンは中国や日本が原産の常緑低木で、1712年にケンペル(E.Kaempfer)によってヨーロッパへ紹介され、今では白い実のつく「白南天」や紅葉が楽しめる「オカメ南天」など100種類以上もあります。お正月の門松やお祝い事にそえられる縁起のよい植物の代表です。

魔除け

Photo by pelican

ナンテンは「難を転ずる」という意味があるので鬼門の方向やトイレの横に植えられ、魔除けや火災よけとして玄関横の植栽や生け垣として利用されます。ナンテンの赤い実は冬の庭のアクセントに利用され華やぎのある植栽として重宝されています。

南天(ナンテン)の特徴

ナンテンは低木で自然に生えているときは1~3mほどに育ち、花びらは6枚(6弁)の小花で初夏の空に向かって穂状の白い蕾(つぼみ)をつけます。花盛りの時は6本ある雄しべの黄色がよく目立ちます。実は緑色から徐々に赤く染まっていき、秋から冬にかけて花穂は真赤になります。

ナンテンの実の特徴は、色が緑色から赤に変わる穂状で、葉よりも高い位置にあり空に向かってついています。赤い実のなる間違えやすい木にはアオハダ、モチノキ、カナメモチなど種類も多くありますが、ナンテンとの違いは夏の終わりから9月頃に実をつけ、葉のつけ根から垂れ下がって見える点でしょう。

Photo byGoodfreephotos_com

モチノキ

南天(ナンテン)の薬効

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

ナンテンの真赤な実は煎じて飲むと「咳止め」なり、「のどあめ」の原料に使われています。葉には殺菌・防腐の作用があり乾燥させてお茶として楽しめます。昔から薬用の木として重宝されていました。

南天(ナンテン)の葉の飲用には注意

ナンテンの葉はアルカロイドという有毒成分が含まれ、多量に摂取すると知覚や運動神経の麻痺を引き起こす恐れがあるとされています。鎮痛薬や風邪薬にも含まれている成分で、これらの薬剤と併用するときは注意が必要です。

Photo by Kanko*

ナンテンの葉は複葉です。複葉は中心の軸を葉軸、葉の部分を葉柄とよび、枝分かれする軸の先に3~4cmの葉をつける形が組み合わさったつくりです。ナンテンの複葉は軸がしっかりとしていて葉柄が三枚あり幹から三回でている三回三出複葉とよばれる付き方をしています。

ナンテンの木は常緑の低木で1~3mの高さになります。大きく育つシンボルツリーとして植えられることの少ない木ですが、放置すると意外に伸びすぎて、一階の屋根を超す高さになることがあります。

関連記事

Article Ranking