ヒャクニチソウ(百日草)とは?名前の由来や特徴・花言葉をご紹介!

ヒャクニチソウ(百日草)とは?名前の由来や特徴・花言葉をご紹介!

初めてガーデニングに取り組みたいと思っている方、必見です。育てやすくて種類豊富な、ヒャクニチソウの基本情報をご紹介します。ヒャクニチソウの種類や名前の由来、主な種類を見ていきます。加えて花言葉についてもチェックしましょう。

記事の目次

  1. 1.ヒャクニチソウとは?
  2. 2.ヒャクニチソウの特徴
  3. 3.ヒャクニチソウの名前の由来
  4. 4.ヒャクニチソウの種類
  5. 5.ヒャクニチソウの花言葉
  6. 6.まとめ

ヒャクニチソウとは?

Photo by9883074

ヒャクニチソウは、英語ではジニアと呼ばれているメキシコ原産の一年草です。草丈は20~100cm、夏の暑さに強いため育てやすく、豊富な種類でガーデニング初心者にもおすすめです。一重咲き・八重咲・絞り咲きなど、咲き方がさまざまなのも魅力といえます。

ヒャクニチソウの特徴

Photo byjggrz

出典:Pixabay

ヒャクニチソウの特徴として、鮮やかな花弁の色が挙げられます。カラーバリエーションが豊富で、白・ピンク・赤・オレンジ・黄色・褐色等が挙げられます。気温が少しずつ下がってくる時期には、花弁の色が鮮やかに変化するのも特徴の一つです。長い期間観賞できる丈夫な花ですが、秋ごろの開花を目指して育てるとより鮮やかな開花を楽しめます。

ヒャクニチソウの名前の由来

出典:Pixabay

ヒャクニチソウの名前は、長い開花時期が由来します。ヒャクニチソウを植えている花壇や鉢植えは、次々と花を咲かせます。長い期間華やかな状態を楽しめるという意味を込めて、ヒャクニチソウという名前が付けられているのです。

ヒャクニチソウは名前の通り100日咲くの?

Photo by T.Kiya

ヒャクニチソウはその名のとおり100日間花が咲き続けるのかというと、そうではありません。一輪の寿命は長めですが、100日間咲き続けるというのは難しいでしょう。開花期間が5月~11月の初旬までと長く、ポンポンとたくさんの花を咲かせます。100日間一つの花が咲き続けるのではなく、長い期間花壇がにぎやかな状態が続くという意味合いであることを覚えておきましょう。

関連記事

Article Ranking