ヒャクニチソウ(ジニア)の育て方!切り戻し方法など手入れのコツは?

ヒャクニチソウ(ジニア)の育て方!切り戻し方法など手入れのコツは?

ヒャクニチソウ(ジニア)は、100日間咲き続けるといわれたことがその名の由来です。育て方も簡単、色や品種も豊富で寄せ植えや切り花としての人気が高まっています。ここでは、ヒャクニチソウ(ジニア)の育て方や切り戻し方法についてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ヒャクニチソウ(ジニア)とは?
  2. 2.ヒャクニチソウ(ジニア)の育て方
  3. 3.ヒャクニチソウ(ジニア)の切り戻し方法
  4. 4.ヒャクニチソウ(ジニア)の手入れ
  5. 5.ヒャクニチソウ(ジニア)の寄せ植え
  6. 6.まとめ

ヒャクニチソウ(ジニア)とは?

ヒャクニチソウ(ジニア)は、開花時期が初夏~初秋であることから、大変長く楽しめる花です。キク科の植物で耐暑性があり、夏の日射しにも負けずに美しい色の花を咲かせます。また、秋は花の色が一層鮮やかになり、見頃の最高潮を迎えます。魅力あふれるヒャクニチソウの基本情報を見ていきましょう。

ヒャクニチソウ(ジニア)の基本情報

科属名 キク科ヒャクニチソウ属
形態 一年草
原産地 メキシコを中心に南北アメリカ
草丈 15~100cm
開花期 5月~11月上旬
花色 白、黄、緑、赤、ピンク、オレンジ
耐寒性 弱い
耐暑性 強い

ヒャクニチソウ(ジニア)は、100日間花が咲き続けるといわれたことが由来しています。これまでは仏花のイメージが強く、あまり花壇に植えられることはありませんでした。しかし、近年ではさまざまな品種が発売され、ガーデニングや寄せ植え、切り花などに大活躍しています。

近年新品種が次々と登場しているヒャクニチ(ジニア)は、単色のみではなく複色などカラーバリエーションが豊富です。丈も高生から倭生と多くの品種があります。お店ではポット苗だけでなく、切り花も数多く流通しています。開花期は初夏~晩秋と長く、100日以上であることが大きな魅力です。

ヒャクニチソウ(ジニア)の花言葉

Photo bylil_foot_

ヒャクニチソウ(ジニア)の花言葉は、色は問わず「不在の友を思う」「遠い友を思う」「注意を怠るな」があります。これは100日間ともいわれる開花期の長さに由来しているのでしょう。時間の経過とともに会えない人に対する思いが強くなることや、注意力が薄れることからきているようです。ヨーロッパでは「友情」のシンボルであり、過ぎ去った日々を振り返るとき、強く思い出すのは友との絆である、という解釈があります。

ヒャクニチソウ(ジニア)の種類

ヒャクニチソウ(ジニア)の種類は20種ほどと多くあります。そのなかでも手に入れやすい代表的な3品種をご紹介します。

ジニア・エレガンス

草丈は80~100cmの大輪種で、花色は赤、白、黄色、ピンクの他に、別の色で花弁が縁取られているタイプがあります。咲き方も八重咲きやポンポン咲き、カクタス咲きとさまざまです。江戸時代の末期に日本へ渡来しました。最も仏花として広まっているヒャクニチソウ(ジニア)の品種です。

ジニア・リネアリス

細い葉が特徴であるジニア・リネアリスには「ホソバヒャクニチソウ」という和名があります。茎が分岐していき、草丈は30~40cmです。花径が4~5cmほどの一重咲きの花を6月~10月頃に咲かせ、こんもり大きく育ちます。花色は黄、白、オレンジで、カラーバリエーションはあまり多くありません。しかし、うどんこ病に対する耐性があるため病気にかかりにくく、洋風のガーデニングに人気があります。

ジニア・プロフィージョン

ジニア・リネアリスとジニア・エレガンスの2つの品種をかけあわせ、新たに作られた園芸品種です。エレガンスの特徴である豊富なカラーバリエーションと、リネアリスの特徴である耐病性と矮性を引き継いでおり、ガーデニングや寄せ植えに組み入れやすいことから人気が高まっています。草丈は30cmで、花色は白、黄、オレンジ、ピンクがあり、花径は6cmほどです。一重咲き、八重咲きの花を咲かせます。

関連記事

Article Ranking