メロゴールドとはどんな果物?食べ頃の見極め方や上手な食べ方を紹介!

メロゴールドとはどんな果物?食べ頃の見極め方や上手な食べ方を紹介!

メロゴールドはグレープフルーツから品種改良された果物です。酸味や苦みが抑えられ、さわやかな甘みが特徴の柑橘類です。スウィーティーとは姉妹品種で、メロゴールドのほうが大きく熟すと濃い黄色になります。どんな果物なのか、食べ頃や上手な食べ方について説明します。

記事の目次

  1. 1.メロゴールドとはどんな果物
  2. 2.メロゴールドの特徴
  3. 3.メロゴールドの食べ頃はいつ
  4. 4.メロゴールドの食べ方
  5. 5.まとめ

メロゴールドとはどんな果物

Photo bypixbbay

メロゴールドという果物を知っています?グレープフルーツに似ていますが、苦みが少なく甘みが強い果物です。スウィーティーにもよく似た果物で、さわやかな甘みが魅力です。グレープフルーツは大好きという人もいますが、独特の苦みと強い酸味が苦手な人もいますね。グレープフルーツの苦みや酸味がおだやかで、より甘みを強くしたメロゴールドやスウィーティーはこれから注目される柑橘系の果物といえます。

メロゴールドの原産地

Photo byExplorerBob

メロゴールドは1958年カリフォルニア州リバーサイド校で作られた品種です。グレープフルーツの「ホワイト」という品種と、文旦の「ポメロ」を掛け合わせて作られ、1986年にメロゴールドとして発表されました。スウィーティー(オロブロンコ)は姉妹品種です。酸味や苦みが少なくまろやかな味わいという言葉「メロウフレーバー」と、スウィーティーにくらべて濃い黄色の皮の色の「ゴールド」で「メロウゴールド」。そこから「メロゴールド」と名前をつけられました。

メロゴールドのさまざまな呼び名

メロゴールドは寒さに弱く、日本での栽培は不向きの果物です。ほとんどがアメリカで栽培されています。メロゴールドは「メローゴールド」や「メルゴールド」とも呼ばれます。どれも間違いではありません。ここではメロゴールドと呼びますが、元々英語なので発音の関係で色々な呼び方をされています。

メロゴールドの特徴

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

メロゴールドはスウィーティーに似ていますが、スウィーティーよりも一回りほど大きく、600~800gほどもあります。形は文旦のように丸いものもありますが、頭部分が少しとがって扁平ぎみになっているものが多いです。表皮は薄い黄緑色から濃い黄色をしています。白い綿の部分がグレープフルーツより多く、苦みや酸味はグレープフルーツほどには感じません。種は少なく、果肉は果汁が多いです。

メロゴールドの栄養素

メロゴールドはグレープフルーツから品種改良で生まれた品種です。栄養素はビタミンC、ビタミンB1、クエン酸、カリウム、ポリフェノールが含まれています。ビタミンC、ビタミンB1は肌の調子を整えるのに必要な栄養素で、クエン酸は疲労回復に効果的です。また、カリウムはむくみに効果があります。ポリフェノールは抗酸化物質です。より健康に、きれいになりたい女性や男性におすすめの果物です。

メロゴールドのカロリー

Photo bysharonang

メロゴールドのカロリーは1個で100kcalほどです。食物繊維も豊富で、ダイエットに取り入れるのにもぴったりです。ダイエットで食事制限中でも、きちんと必要な栄養素はとりたいですよね。メロゴールドのビタミンは、グレープフルーツの1.5倍あります。また苦みのもととなる、ナリンギンという成分は脂肪の分解を助け、満腹感を得やすい効果があります。特に食前に食べると効果的です。

メロゴールドの注意点

メロゴールドはグレープフルーツに似た果物です。グレープフルーツと同じような成分であるということは、注意しなければいけないことがあります。降圧剤などのカルシウム拮抗剤などを服用している方がメロゴールドを食べてしまうと、薬の働きを強くしてしまい副作用を引き起こす危険があります。症状としては、めまい、頭痛、低血圧などです。服用中の方は医師や薬剤師などの専門家に、グレープフルーツとの飲み合わせを確認してください。

次のページでは、メロゴールドの食べ頃と食べ方をご紹介します。

次のページ

メロゴールドの食べ頃はいつ

関連記事

Article Ranking