手入れ不要なグランドカバー15選!手間いらずで管理が簡単な植物は?

手入れ不要なグランドカバー15選!手間いらずで管理が簡単な植物は?

グランドカバーに求めるものはなんでしょうか?手入れが簡単で、雑草よりも強い常緑の植物で、増えすぎることなく…というすべての条件を兼ね揃えた植物はむずかしいですが、今回は理想に近づけるべく、手入れが簡単、手間いらずでおしゃれなグランドカバーを集めてみました。

手入れが簡単!おすすめのカバープランツ⑤【ディコンドラ】

Photo by tgrauros

写真:シルバー・フォールズ

シルバーで涼しげなようすから、ディコンドラをグランドカバーに使ってもさほど圧迫感は感じられません。踏まれる力には強くないので芝生代わりに使うことはできませんが、進入禁止の場所を一面埋め尽くすにはもってこいの植物でしょう。垂れ下がるようすもすてきなので、高さのある花壇の縁取りに使うのもおすすめです。

栽培のポイント

  • 常緑性多年草 草丈:5~100cm グランドカバー期間:通年
  • 耐暑性:強い 耐寒性:強い 特徴:手間いらず
  • 注意点:風の強い場所では発根間もない根が定着しなかったり、茎同士がからまることがある
ディコンドラ(ダイコンドラ)の育て方!水やりの管理・増やし方など!のイメージ
ディコンドラ(ダイコンドラ)の育て方!水やりの管理・増やし方など!
ディコンドラは育て方が簡単で、可愛らしい小さな円い葉を密生させて広がる、酷暑続きの夏にも耐えてくれる強い植物です。そのためグラウンドカバープランツとして、寄せ植えの素材などにも広く利用されています。そんなディコンドラの育て方をまとめました。

手入れが簡単!おすすめのカバープランツ⑥【コンボルブルス・サバティウス】

Photo by PlantRight1

写真:ブルーカーペット

紫の小花が次々と咲いていくようすはとても上品で、おちついた庭におすすめしたい植物です。茎の先から次々と発根するタイプではないのですが挿し木でも増やせます。植えるのでしたら花壇から石垣にかけてのような、垂れ下がれる場所が最適です。寒さに弱いので関東以南での栽培がおすすめです。

栽培のポイント

  • 宿根草 草丈:10~80cm グランドカバー期間:4~11月
  • 耐暑性:強い 耐寒性:弱い 特徴:垂れ下がるような場所に最適
  • 注意点:過湿を嫌う 肥沃な土を好む

手入れが簡単!おすすめのカバープランツ⑦【バコパ】

Photo by Starr Environmental

白い花はとても小さく、おしゃれというよりは素朴なイメージのバコパですが、ひかえめな雰囲気でほかの植物の引き立て役となってくれます。草丈が低いので、花壇でしたら最前列でのグランドカバーおすすめです。病害虫の心配はありませんが暑さに若干弱いので、半日かげの場所で栽培するのが望ましいでしょう。

栽培のポイント

  • 宿根草 草丈:10~20cm グランドカバー期間:4~11月
  • 耐暑性:弱い 耐寒性:普通 特徴:手入れ不要
  • 注意点:蒸れに弱い

手入れが簡単!おすすめのカバープランツ⑧【ネモフィラ】

Photo by okoysm

写真:ネモフィラ・インシグニス

Photo by nekonomania

写真:ネモフィラ・ペニーブラック

Photo by Clive G'

写真:ネモフィラ・マクラ―タ

ここ数年、公園などですっかり人気物になった感があるネモフィラです。おなじみのインシグニスのほかにも小輪黒花のペニーブラックや、立性のマクラータといった品種があります。一年草で暑さに弱いネモフィラですが、ここは期間限定と割り切って、たくさん種をまかれてみてはいかがでしょうか。翌年の春、庭に出るのが楽しみになりますよ。

栽培のポイント

  • 一年草 草丈:10~20cm グランドカバー期間:4~6月
  • 耐暑性:普通 耐寒性:弱い 特徴:手入れ不要
  • 注意点:水分が多いと徒長する
ネモフィラの育て方!種まきの時期・やり方から上手な増やし方まで解説!のイメージ
ネモフィラの育て方!種まきの時期・やり方から上手な増やし方まで解説!
青空のように爽やかなブルーが美しいネモフィラはとても人気がある花です。全国にある群生地には毎年多くの人が訪れます。そんなネモフィラの育て方を知りたいという方のために、種まきの時期から、育て方や増やし方まで詳しくご紹介します。

次のページ

おしゃれで手入れ不要な球根植物①【ギボウシ】

関連記事

Article Ranking