手入れ不要なグランドカバー15選!手間いらずで管理が簡単な植物は?

手入れ不要なグランドカバー15選!手間いらずで管理が簡単な植物は?

グランドカバーに求めるものはなんでしょうか?手入れが簡単で、雑草よりも強い常緑の植物で、増えすぎることなく…というすべての条件を兼ね揃えた植物はむずかしいですが、今回は理想に近づけるべく、手入れが簡単、手間いらずでおしゃれなグランドカバーを集めてみました。

記事の目次

  1. 1.グランドカバーってなんだろう?
  2. 2.多年草?宿根草?一年草?どれがグランドカバー向き?
  3. 3.グランドカバーの増え方と管理
  4. 4.手入れが簡単!おすすめのカバープランツ①【リシマキア・ヌンムラリア】
  5. 5.手入れが簡単!おすすめのカバープランツ②【グレコマ】
  6. 6.手入れが簡単!おすすめのカバープランツ③【アジュガ】
  7. 7.手入れが簡単!おすすめのカバープランツ④【ラミウム】
  8. 8.手入れが簡単!おすすめのカバープランツ⑤【ディコンドラ】
  9. 9.手入れが簡単!おすすめのカバープランツ⑥【コンボルブルス・サバティウス】
  10. 10.手入れが簡単!おすすめのカバープランツ⑦【バコパ】
  11. 11.手入れが簡単!おすすめのカバープランツ⑧【ネモフィラ】
  12. 12.おしゃれで手入れ不要な球根植物①【ギボウシ】
  13. 13.おしゃれで手入れ不要な球根植物②【アマドコロ】
  14. 14.グランドカバーにもなる人気のハーブ①【ナスタチウム】
  15. 15.グランドカバーにもなる人気のハーブ②【タイム】
  16. 16.グランドカバーにもなる人気のハーブ③【コモンセージ】
  17. 17.グランドカバーにもなる人気のハーブ④【ラムズイヤー】
  18. 18.グランドカバーにもなる人気のハーブ⑤【アルケミラ・モリス】
  19. 19.まとめ

おしゃれで手入れ不要な球根植物①【ギボウシ】

Photo by Dornenwolf

写真:1mを越える大株になる寒河江(サガエ)

ほかの植物とは違い、圧倒的な存在感でグランドカバーの役割を果たすギボウシですが、手間いらずの大型カバープランツとしておすすめします。株が小さいうちはまれに虫による食害もありますが、大株になってしまえば怖いものなしです。シェードガーデン、日当たりのよい場所、どちらの環境でもOKの万能植物です。アメリカではパーフェクト・プランツと呼ばれています。

栽培のポイント

  • 球根植物 草丈:50~150cm グランドカバー期間:4~10月
  • 耐暑性:強い 耐寒性:強い 特徴:手間いらず 基本的に放任でOK
  • 注意点:花の咲き終わった後は花茎から切り取ること 冬期は地上部が枯れる

おしゃれで手入れ不要な球根植物②【アマドコロ】

Photo by cultivar413

すっきりとした姿のアマドコロは、別名のナルコユリとして生け花などでご存じの方も多いでしょう。和風でも洋風でもどちらの庭にも馴染む、ナチュラルガーデンには欠かせない人気の植物です。病害虫の心配も無く、手入れ不要なところもありがたいですね。増えすぎた枝を切り花として楽しむのもよいでしょう。

栽培のポイント

  • 球根植物 草丈:20~50cm グランドカバー期間:4~10月
  • 耐暑性:強い 耐寒性;強い 特徴:手入れ不要
  • 注意点:春に元株の近辺に新芽を出す 冬期は地上部が枯れる

グランドカバーにもなる人気のハーブ①【ナスタチウム】

Photo by mmmavocado

一年草のナスタチウムは別名キンレンカ(金蓮花)といい、おしゃれで独特な形の葉は、蓮の葉をおもいきりミニサイズにしたようです。雑草の生える間もないほど、あっという間に増殖していくようすは圧巻です。夏の終わりのこぼれダネで秋口に発芽することもあります。温かい地域では越冬できますので挑戦してみてはどうでしょうか。

栽培のポイント

  • 一年草 草丈:20~150cm グランドカバー期間:5~10月
  • 耐暑性:普通 耐寒性:弱い 特徴:おしゃれ感がありよく増える 
  • 注意点:ハモグリバエが発生しやすい

グランドカバーにもなる人気のハーブ②【タイム】

Photo by M. Martin Vicente

写真:ゴールデンクイーンタイム

ハーブでおなじみのタイムはグランドカバーとしても役立ちます。常緑小低木という扱いですが、草丈も低く、ハーブガーデンの縁取りにも適しています。タイムの仲間にはクリーピングタイムといわれる這性のタイプや、斑入りといったさまざまな品種があります。蒸れに弱いので、日当たりのよい場所で乾燥気味に育てるとよいでしょう。

栽培のポイント

  • 常緑小低木 草丈:20~30cm グランドカバー期間:通年
  • 耐暑性:普通 耐寒性:強い 特徴:芳香がある ハーブとして利用
  • 注意点:蒸れに弱い

グランドカバーにもなる人気のハーブ③【コモンセージ】

Photo bydeluna

写真:トリコロールセージ

草丈の高いイメージのセージですが、コモンセージの仲間はそれほど大きくならず、狭いスペースのグランドカバーに向いています。ほかのグランドカバー植物の勢いにはおよびませんが、常緑小低木ということで安定した姿を保ってくれます。成長がゆっくりめですので、植えつけには数株をまとめて植えたほうがよいでしょう。

栽培のポイント

  • 常緑小低木 草丈:15~30cm グランドカバー期間:通年
  • 耐暑性:強い 耐寒性:強い 特徴:芳香がある ハーブとして利用
  • 注意点:蒸れに弱い

グランドカバーにもなる人気のハーブ④【ラムズイヤー】

Photo by hammershaug

Photo by Dr. Boli

写真:花穂を立ち上げたラムズイヤー

羊の耳のようなモフモフとした葉は、思わず触らずにはいられません。おしゃれ度の高いラムズイヤーは夏から秋にかけて花茎を立ち上げると先端に紫色の花穂をつけます。上品なシルバーリーフは花壇の縁取りとしてもおすすめです。梅雨時や雪が続くと、一部分がべったりとして枯れてしまうことがありますのご注意ください。

栽培のポイント

  • 耐寒性多年草 草丈:15~30cm グランドカバー期間:4~11月
  • 耐暑性:普通 耐寒性:強い 特徴:おしゃれ感がある
  • 注意点:蒸れに弱い 梅雨時、冬期は地上部が枯れることもある

グランドカバーにもなる人気のハーブ⑤【アルケミラ・モリス】

Photo by Goosefriend

冷涼な気候を好むアルケミラ・モリスは北関東以北での栽培が好ましいでしょう。ハーブガーデンでは定番で人気の植物ですが、暑さと蒸れに弱い特性があります。おしゃれな葉の形もさることながら、ライムグリーンの密生した花は控え目で背景として溶け込み、ほかの植物ともきれいに調和します。

栽培のポイント

  • 耐寒性多年草 草丈:20~50cm グランドカバー期間:通年
  • 耐暑性:弱い 耐寒性:強い 特徴:ハーブガーデンで人気 おしゃれ感がある
  • 注意点:蒸れと暑さに弱い 関東以南では栽培が難しい

まとめ

Photo byHans

写真:ラミウム・ガレオブドロン バリエガツム

雑草除けや泥はね防止として、比較的手入れが簡単で手間のかからないグランドカバーをご紹介してきました。とはいうものの、生きている植物ですから個体差や環境によっては思うように栽培できないこともあるかもしれませんが、あせらず根気よく生育を見守りましょう。手入れ不要のカバープランツをうまく利用して、すてきな庭をつくりたいものですね。

藤茶話
ライター

藤茶話

失敗の多い園芸オタク。今年はギボウシの庭をつくります!

関連記事

Article Ranking