手入れ不要なグランドカバー15選!手間いらずで管理が簡単な植物は?

手入れ不要なグランドカバー15選!手間いらずで管理が簡単な植物は?

グランドカバーに求めるものはなんでしょうか?手入れが簡単で、雑草よりも強い常緑の植物で、増えすぎることなく…というすべての条件を兼ね揃えた植物はむずかしいですが、今回は理想に近づけるべく、手入れが簡単、手間いらずでおしゃれなグランドカバーを集めてみました。

手入れが簡単!おすすめのカバープランツ①【リシマキア・ヌンムラリア】

Photo by Les Serres Fortier

リシマキア・ヌンムラリアの鮮やかなライムグリーンは、花壇の中でもひときわ目を引きます。グランドカバーとしても人気の植物なので見かけることも多いでしょう。適性環境であれば、次々に茎を分岐させて新しい芽を出していくたくましさは、雑草を圧倒する勢いです。予定のスペースが埋まるまでは手入れ不要で問題ないでしょう。

栽培のポイント

  • 宿根草 草丈:5~100cm グランドカバー期間:4~11月
  • 耐暑性:強い 耐寒性:強い 特徴:手間いらずでおしゃれ感がある
  • 注意点:休眠期は葉が枯れるため見栄えがよくない
リシマキアの育て方!植え方・植え替えのやり方や増やし方をご紹介!のイメージ
リシマキアの育て方!植え方・植え替えのやり方や増やし方をご紹介!
リシマキアという植物をご存知でしょうか。黄色などのカラーリーフを庭一面に広げるような品種もあり、おしゃれなナチュラルガーデンを作るのにはぴったりです。今回はそんなリシマキアの植え方、育て方や植え替え方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

手入れが簡単!おすすめのカバープランツ②【グレコマ】

Photo by patrick_standish

写真:グレコマ・バリエガタ

グレコマの別名カキドオシ(垣通し)は、垣根を通り越してお隣に侵入するようすからきています。その名に違わず、つる状の茎をぐんぐん伸ばして成長し、辺りを緑で埋め尽くします。地面はもちろんですが、画像のようにロックガーデンでも活躍できそうですね。常緑多年草ですが、冬期に若干落葉することもあります。

栽培のポイント

  • 常緑性多年草 草丈:5~100cm グランドカバー期間:通年
  • 耐暑性:強い 耐寒性:強い 特徴:手入れ不要 冬期は葉が紫に色づく
  • 注意点:風の強い場所だと発根しても定着しにくい
グレコマとは?その特徴や育て方を解説!肥料の与え方・増やし方まで!のイメージ
グレコマとは?その特徴や育て方を解説!肥料の与え方・増やし方まで!
斑入りのかわいい薄緑色の葉が人気のグレコマは、寄せ植え・ハンギング・グランドカバーなどに利用できる多年草の植物です。グレコマの葉や花の特徴、種類、栽培方法、肥料の与え方、株分けなどの増やし方、さらには増やさないコツなどをご紹介します。

手入れが簡単!おすすめのカバープランツ③【アジュガ】

Photo by Indiana Ivy Nature Photographer

写真:アジュガ・チョコレートチップ

グランドカバーとして手間いらずで大人気のアジュガは『十二単』とあでやかな別名をもっています。これは花穂が階層になっていることからつけられています。雑草の入る隙を与えず、密生して常緑のまま通年を過ごす、カバープランツとしては最強の植物だといえるでしょう。今回ご紹介する中でも一番のおすすめです。

栽培のポイント

  • 常緑性多年草 草丈:5~15cm グランドカバー期間:通年 
  • 耐暑性:強い 耐寒性:強い 特徴:常緑で手間いらず 花も美しい
  • 注意点:まれにうどんこ病を発生する場合がある

手入れが簡単!おすすめのカバープランツ④【ラミウム】

Photo by daryl_mitchell

写真:マクラツム ビーコン・シルバー

葉の美しさからおしゃれな寄せ植えなどにも使われるラミウムですが、とても丈夫で人気の植物です。画像のビーコンシルバーのほかにもいくつか種類があり、そのどれもが斑入りだったり個性的なカラーリーフです。数種のラミウムを組み合わせてグランドカバーにするのもよいかもしれませんね。

栽培のポイント

  • 常緑性多年草 草丈:10~30cm グランドカバー期間:通年
  • 耐暑性:強い 耐寒性:強い 特徴:病害虫の心配なし 手間いらず
  • 注意点:葉に独特の匂いがある

関連記事

Article Ranking