リューカデンドロンとは?その種類やそれぞれの特徴・花言葉をご紹介!

リューカデンドロンとは?その種類やそれぞれの特徴・花言葉をご紹介!

リューカデンドロンという花を見たことがあるでしょうか?日本ではあまり見ない、個性的な見た目で人気です。サファリサンセットやプルモサスなど、たくさんの種類があるので、お気に入りを見つけてくださいね。リューカデンドロンの種類や特徴、花言葉をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.リューカデンドロンとは?
  2. 2.リューカデンドロンの種類
  3. 3.リューカデンドロンの楽しみかた
  4. 4.リューカデンドロンの花言葉
  5. 5.リューカデンドロンの誕生花
  6. 6.まとめ

リューカデンドロンとは?

葉っぱを見て楽しむ植物

リューカデンドロンは、花や蕾が苞葉(ほうよう)の中に隠されている珍しい植物です。苞葉とは、蕾を包むように葉が変形した部分のことです。そのため、色付いた苞葉を花のかわりに鑑賞して楽しみます。丈夫で長持ちするため、切り花としても人気です。また、切り花を買ってきて挿し木で増やしていくこともできます。

個性的な見た目

リューカデンドロンは、日本の道端ではまず見かけないような個性的な花です。南アフリカ原産で、日本へ輸入されるものはオーストラリアからのものが多いです。

庭木や鉢植えとして

リューカデンドロンは原産地の通り、温暖な地域からの輸入品が多いです。ですが、最近では国内でも栽培できるようになったので、お庭の仲間に入れてみてはいかがでしょうか。成長すると1〜2mにもなり迫力があります。寒い地域なら、鉢植えにして、冬の時期は部屋の中に移してあげてくださいね。

リューカデンドロンの基本情報

分類 ヤマモガシ科リューカデンドロン属
学名 Leucadendron
和名 リューカデンドロン
別名 ギンヨウジュ(銀葉樹)  レウカデンドロン
英名 Silver tree
開花時期 5〜8月
原産地 南アフリカ

  • ギリシャ語で、Leucaは「白い」、dendronは「木」を意味します。
  • 背丈が1〜2mのものが多いですが、10mを超える種類のものもあります。

リューカデンドロンの種類

リューカデンドロンには、何十もの品種があります。まずは、どんな花なのか見てみてみましょう。どれも個性的なので、お気に入りを見つけてみてくださいね。今回はそのたくさんある種類の中から、10品種ご紹介します。

①サファリサンセット

リューカデンドロンで検索すると、よく目にするのがこのサファリサンセットです。シンプルながらも、緑色の葉と赤く染まった苞葉がひときわ目をひきます。

②プルモサス

プルモサスは、苺のような、松ぼっくりのような蕾が特徴的です。ドライフラワーにすると、綿毛のようにフサフサになります。クリスマスリースに使うのにも人気の品種です。

③ストロベリーフェア

ストロベリーフェアは、その名前のようにまるで苺(ストロベリー)のような、ピンク色の蕾が特徴的な品種です。切り花でもスワッグでも絵になりますね。

④ジェイドパール

シルバーの実が特徴的で、クリスマスリースに人気です。

⑤エイミー

まるで花びらのような、赤と白の苞葉の中に本当の花が隠されています。

⑥エボニー

黒のような、紫のような、それでいて暗めの赤みがかった葉が特徴的です。これ1本飾るだけで、存在感があります。

⑦パープルヘイズ

薄紫の葉に、松ぼっくりみたいな蕾、そしてその蕾に黄色い小さな花が咲きます。

⑧トータム

まるで小さなバラのような蕾が特徴的です。

⑨レッドデビル

赤く染まる葉が印象的です。

⑩ハーベスト

黄色い小さな花を中心に、花びらのような葉が囲みます。白、赤、緑の葉の色付きが絶妙です。

写真:プルモサス

いかがでしたか?どれも個性的な花ですね。インスタグラムでは、サファリサンセット、プルモサス、ジェイドパール、ストロベリーフェアが人気です。店頭でこれだけのものを1度に見ることは難しいですが、インターネット販売なら好きなものを探せるでしょう。常緑低木で葉が落ちることがなく、時期を問わず1年中楽しめるのも人気の理由です。

次のページでは、リューカデンドロンの楽しみ方を紹介するよ!

関連記事

Article Ranking