リューカデンドロンとは?その種類やそれぞれの特徴・花言葉をご紹介!

リューカデンドロンとは?その種類やそれぞれの特徴・花言葉をご紹介!

リューカデンドロンという花を見たことがあるでしょうか?日本ではあまり見ない、個性的な見た目で人気です。サファリサンセットやプルモサスなど、たくさんの種類があるので、お気に入りを見つけてくださいね。リューカデンドロンの種類や特徴、花言葉をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.リューカデンドロンとは?
  2. 2.リューカデンドロンの種類
  3. 3.リューカデンドロンの楽しみかた
  4. 4.リューカデンドロンの花言葉
  5. 5.リューカデンドロンの誕生花
  6. 6.まとめ

リューカデンドロンの楽しみかた

ワイルドフラワーと呼ばれる、その個性的な形をいかして、ドライフラワーやスワッグとしても人気です。もちろん、切り花をそのまま飾っても素敵ですね。

ワイルドフラワーとは?

ワイルドフラワーとは、さまざまな自然環境の中で自生する、野性の花の総称です。日本ではあまり見ることのない、個性的な形の葉や蕾をしていたり、綺麗な花を咲かせます。丈夫で花持ちの良さも特徴です。

野性の花

Photo by2315319

写真:プロテア

店頭で見かけることは少ない花ですが、インターネット販売では多くの種類を見ることができます。ワイルドフラワーでは、人の顔程ある大きさで特徴的なプロテアが人気です。

①ドライフラワーで楽しむ

花を乾燥させて長く楽しむ

ドライフラワーとは、自然の花や葉、茎、果実などを乾燥させたもののことです。乾燥させることで、生花より長く飾って楽しむことができます。また、水を与える必要がないので、手入れが楽です。昔ながらの押し花にしてみたり、最近ではスワッグにするのも人気です。ドライフラワーは一生ものではありません。2ヶ月程で花色が落ちてくるので、時期がきたら取り替えてあげてくださいね。

古代ヨーロッパやエジプトでも使われていた

ドライフラワーは、17世紀頃のヨーロッパで、冬でも花を楽しむために使われていたものです。花の少ない冬に、室内でも長く飾って楽しむことができました。また、古代エジプトでも、王の棺からドライフラワーの花冠が見つかっています。

②スワッグで楽しむ

壁掛け飾りとして楽しむ

スワッグとは、壁掛けの飾りのことです。昔は、魔除けや幸運を呼ぶものとして飾られていました。壁に飾るのが一般的ですが、棚などに寝かせて置いても絵になります。これひとつ部屋にあるだけで、ナチュラルな雰囲気になりますね。雑貨屋やカフェなどで見かけたことがないでしょうか。

作りかた

生花で花束をつくり、そのまま逆さに吊るしておけば、ドライフラワーになります。その際、本来の花束とは逆の見え方になるので、作るときのデザインに気をつけましょう。また、リボンではなく麻ひもでくくるとナチュラルな雰囲気になります。

リューカデンドロンの花言葉

写真:プラティスター

『もの言わぬ恋』
『閉じた心を開く』
『沈黙の恋』
『絢爛たる情熱』

花を葉に隠す姿から花言葉がつけられています。また『絢爛たる情熱』は、豪華絢爛と言われるように、美しく、きらびやか、ぜいたくで華やかの意味です。これもまた、葉に隠された花姿から連想されますね。

リューカデンドロンの誕生花

写真:サマーサン

  • 1/22
  • 8/10
  • 9/4

まとめ

リューカデンドロンは、普段よく見かける花とは違って個性的なので、お店に並んでいると目を引く花です。切り花として飾るだけでも部屋の印象が変わりますね。生花を楽しんだ後は、ドライフラワーやスワッグにしてさらに長く飾ってみてはいかがでしょうか。

RR16
ライター

RR16

花や木を見るのが好きです。花言葉や由来、それにまつわる神話など、花について深く知れることが楽しいです。

関連記事

Article Ranking