ミニひまわりの育て方!種まきから開花させるまでの管理のコツをご紹介!

ミニひまわりの育て方!種まきから開花させるまでの管理のコツをご紹介!

小さくてかわいい見た目が人気のミニひまわり。難しい手入れを必要としないので、初心者の方でも簡単に育てることができます。今回は実際に種から育てたミニひまわりの栽培日記を通して、育て方のコツを失敗例も合わせて詳しくご紹介します!

記事の目次

  1. 1.ミニひまわりとは
  2. 2.ミニひまわりの種類
  3. 3.ミニひまわり栽培の基本情報
  4. 4.ミニひまわり栽培のポイントと注意点
  5. 5.実際に種から栽培してみました!
  6. 6.ミニひまわり栽培1日目:種まき
  7. 7.ミニひまわり栽培6日目:発芽
  8. 8.ミニひまわり栽培8日目:間引き
  9. 9.ミニひまわり栽培25日目:本葉
  10. 10.ミニひまわり栽培53日目:蕾の摘み取り
  11. 11.ミニひまわり栽培57日目:開花前
  12. 12.ミニひまわり栽培60日目:開花
  13. 13.ミニひまわり栽培62日目以降:その後の様子
  14. 14.ミニひまわり栽培での反省点
  15. 15.まとめ

実際に種から栽培してみました!

ここからは実際にプランターと鉢で栽培した様子を日記形式でご紹介します!今回はポットでの育苗をせずに、直接プランターと鉢に種をまきました。夏に向けてきれいな花が咲くように栽培をします。

栽培者のプロフィール

龍 みなです。
園芸の経験年数:2年
ミニひまわり小夏の栽培経験:初めて
栽培地:関東地方
ひとこと:夏と言えばやっぱり向日葵。まだまだ初心者ですが楽しく栽培に挑戦します!

ミニひまわり栽培1日目:種まき

(5月20日)

それでは種まきを始めます!今回植えた種はアタリヤのミニひまわり「小夏」という60日で開花する早咲きの品種です。草丈25cm、花の大きさが10cmになります。

ボタニ子

ボタニ子

栽培の目安は、60cmのプランターに5~8株、12cmの鉢で1株だよ。

種の大きさは1cmほどで、このような形をしています。量は少ないので、1袋だと多く育てることは難しそうです。

種が青い色をしていますが、これは種に殺菌剤が塗られているため、誤飲をしないように色が付けされています。

使うものを準備します。プランターは50cmのもの、鉢は12cmのものを使用しました。土は市販の培養土に赤玉土の小粒を20%ほど入れました。

プランターに鉢底石を2cm敷き詰め、8分目まで土を入れてならします。深さ1cmの穴をプランターに均等に4か所あけ、種の尖った方を下にして2粒ずつまき、土をしっかりかけます。

鉢で栽培をするものは、中心に1cmの深さの穴をあけて2粒種をまきました。

種まきの後は水をたっぷりあげて、発芽までは半日陰に置き、乾燥させないように管理します。

ミニひまわり栽培6日目:発芽

(5月25日)

6日目に発芽しました!発芽率はほぼ100%でした。発芽後は日なたに移します。

ミニひまわり栽培8日目:間引き

(5月27日)

全ての芽が発芽し、込み合ってきたので間引きを行います。元気な芽を残し、もう一つの芽を間引きします。

プランターは全部で4株、鉢は1株になるようにします。土を軽く押さえてそっと引き抜いて間引きを行いました。

ミニひまわり栽培25日目:本葉

(6月13日)

本葉が6枚となり、だいぶ大きくなりました。摘心をするタイミングはここになりますが、今回はここでの摘心は行わずに、蕾を摘み取って花を増やす方法と、最初の花の後に摘心をする方法を行います。

ボタニ子

ボタニ子

このあとから梅雨の時期になって、1か月も日が当たらない日が続いたよ。ミニひまわりは大丈夫かな・・。

ミニひまわり栽培53日目:蕾の摘み取り

(7月11日)

53日目で小さな蕾ができました!鉢のミニひまわりのみ、蕾の摘み取りを行います。摘み取りをしたことで花の量や大きさはどうなるか、今後観察していきます。

プランターも小さな蕾が付きました!こちらは一つ目の花を大きく育てたいので蕾の摘み取りは行いません。現在のプランターのバランスを見ると、4株では少なかったかな・・と思いました。

葉にあまり元気がなかったので、肥料を与えました。ここでは液体肥料のハイポネックスを使用しました。月に2回を目安に、肥料はあげ過ぎないように注意します。

病気発生!

鉢植えのミニひまわりの下の葉を見ると、黄色くなり茶色い斑点ができていました。調べると、ベト病の疑いがあります。葉はすぐに除去しましたが今後が心配です。

ボタニ子

ボタニ子

やっぱり梅雨で日光に当たらなかったのが原因みたいだね!負けずに花が咲いてほしいね!

ミニひまわり栽培57日目:開花前

(7月15日)

蕾が大きくなり、黄色い花が見えてきました!開花まであと数日。楽しみです!

ミニひまわり栽培60日目:開花

(7月18日)

ついに開花しました!黄色くきれいな花が咲きました。背丈は18cm、花の大きさは8cmです。標準よりかなり小さなものになってしまったのは、日照不足が影響していそうです。

(7月20日)

プランターの全ての花が咲きました!予想より小さな花になってしまったこともありますが、もっと密集して植えたほうがきれいだったなと反省しました。

鉢のミニひまわりも無事に花が咲きましたが、完全に開ききらずに一つ目は終わってしまいました。脇芽も小さいですがきちんとついているので、このまま咲いてくれることを祈ります・・。

ボタニ子

ボタニ子

葉っぱの色もプランターのミニひまわりとは違うね!これからまた元気になってくれるといいな。

ミニひまわり栽培62日目以降:その後の様子

一つ目の開花後、花の下から新しい蕾が出てきました!どの花にもついているので、これから次々に咲きそうです。

(7月28日)

一番上の花が終わり、ハサミで切りって摘心をしました。次の蕾が成長していますが、葉が日に日に元気がなくなっていきました・・。

ボタニ子

ボタニ子

その後プランターのものは2つか3つ花を咲かせて枯れちゃったよ。もっと咲くと思っていたのに残念だね・・。

蕾の摘み取りの効果

蕾を摘み取った鉢のミニひまわりは、とても小さな花が最終的に5つ咲き、摘み取らなかったものより長く咲き続けました。今回の栽培では効果は分かりにくかったですが、やはり花を増やすことはできそうです。

直径2cmと本当に小さな花が咲きました。栽培としては失敗なのかもしれませんが、かわいい花が見られてよかったです!

ボタニ子

ボタニ子

病気にもなって葉も枯れちゃったのに、蕾を摘み取ったものが一番たくさん花が咲いたね!

ミニひまわり栽培での反省点

今回の栽培での一番の問題は、本葉6枚ごろから開花までの間に日光を当てられなかったことでした。無事に開花はしましたが、最終的な花の数も少なく小さなものになってしまいました。種をまく時期をもっと注意したほうがよいと改めて思いました。

栽培してみて分かった注意点

  • ひまわりに日光は絶対必要!
  • 梅雨の時期も考えて種まきをする日を決める。
  • 密集して咲いている方がきれいなので、鉢の大きさを考えて多めにまく。
ボタニ子

ボタニ子

初心者の人でも育てやすいミニひまわりだけど、日光と栽培時期だけはしっかと注意点を守って植えましょう!

まとめ

いかがでしたか?今回の栽培では残念ながら多くの花を見ることはできませんでしたが、短期間ですがかわいい花を楽しめました。さまざまな品種があり自分好みの植え方ができるミニひまわりは、初心者の方でも楽しく栽培ができます。育てる環境に合わせて、ぜひミニひまわりを栽培してみましょう!

ハイポネックス原液 800ml

参考価格: 598円

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon598円
楽天
龍 みな
ライター

龍 みな

花や野菜を育てること、パン作りが大好き。 休日は一眼レフを持って花や風景を撮りにいろいろな場所に出かけています。

関連記事

Article Ranking