タマリュウの育て方!植えつけのコツや、枯らさず上手に増やす方法とは?

タマリュウの育て方!植えつけのコツや、枯らさず上手に増やす方法とは?

タマリュウは、どんな場所でも育てることができ冬でも枯れず踏みつけにも強い丈夫な植物なので、駐車場の目路や庭など芝生の代わりとしてグランドカバーにもよく利用されています。そんなタマリュウを枯らさず上手に育てる方法や増やし方を解説していきます。

記事の目次

  1. 1.タマリュウとは
  2. 2.リュウノヒゲとは
  3. 3.タマリュウとリュウノヒゲとの違いは?
  4. 4.タマリュウと同じ園芸品種の種類
  5. 5.タマリュウの育て方
  6. 6.タマリュウの植えつけのコツ
  7. 7.タマリュウが枯れないようにするには
  8. 8.タマリュウの増やし方
  9. 9.まとめ

タマリュウとは

 出典:写真AC
 

リュウノヒゲの仲間

グランドカバーとしてよく利用される

タマリュウはユリ科の常緑多年草でリュウノヒゲの仲間です。濃い緑色の細長い葉が密集して生え、こんもりと茂ります。成長が早く繁殖力があり丈夫で日陰でも育てやすく増やし方も簡単です。雑草が生えにくいため庭や公園などのグランドカバーとしてよく利用されています。

タマリュウの花

小さな薄紫色の花をつける

タマリュウは、6月~7月ごろになると花茎を伸ばし小さな薄紫色の花を房のようにつけて咲かせます。

タマリュウの実

光沢のある青い実

 出典:写真AC

花が咲き終わると緑色の実がなり、だんだん色が変化して秋には光沢のある青い色になります。

リュウノヒゲとは

 出典:写真AC

リュウノヒゲの特徴

日本原産の常緑多年草

リュウノヒゲは、日本や東アジアに自生する常緑多年草です。葉は細長く、長さは約30cmほどまで成長し地面を覆うように広がり茂らせます。暑さや寒さに強く、根茎を伸ばして繁殖するため増やし方も簡単です。日陰でも良く育ち手間もかからず簡単に育てられます。

花の開花は7月~8月

リュウノヒゲの開花時期は7月~8月ごろで、花穂を伸ばし小さな花を下向きに咲かせます。花の色は白や淡い紫色があります。花が咲き終わると秋ごろから冬までの長い間光沢に光る青い実をつけます。

「ジャノヒゲ」とも呼ばれる

リュウノヒゲは、ユリ科のジャノヒゲ属に分類されるため「ジャノヒゲ」とも呼ばれています。「ジャノヒゲ」は「蛇の髭」からきており、リュウノヒゲという名前も葉の形が「竜の髭」に似ているところからついたようです。

タマリュウとリュウノヒゲとの違いは?

葉の長さと太さに違いがある

リュウノヒゲを小さく改良した園芸品種

タマリュウはリュウノヒゲを園芸用に小さく改良した品種です。リュウノヒゲの葉の長さが15cm~30cmくらいなのに対しタマリュウの葉の長さは5cm~10cmほどで、葉幅が少し太めです。小さく丸い玉のような形に葉が茂る様子から「玉竜」と名前がつきました。

タマリュウと同じ園芸品種の種類

タマリュウの他にもリュウノヒゲの仲間で園芸用に品種改良された種類がありますのでご紹介します。

ハクリュウ(白竜)

葉の全体に白い斑が入る種類

ハクリュウ(白竜)は、タマリュウと同じ種類のリュウノヒゲの園芸品種で白い斑が葉の全体に入ります。葉は細長く、長さは約20cmまで成長します。6月~8月ごろに白い小さな花を咲かせ、冬に黒い果実をつけます。丈夫で育てやすく斑入りの葉が雰囲気を明るくするので花壇や庭のアクセントになり人気があります。

コクリュウ(黒竜)

 出典:写真AC

オオバジャノヒゲの園芸品種

コクリュウ(黒竜)は、リュウノヒゲと同じジャノヒゲ属のオオバジャノヒゲの園芸品種です。葉の色が黒いのが特徴で長さは約20cmまで成長します。6月~8月ごろに小さな白い花を咲かせ、秋から冬に黒い実をつけます。丈夫なので日陰でも育ちますが、日当たりの良い場所は葉の黒さが増していきいきとします。

次のページ

タマリュウの育て方

関連記事

Article Ranking