アイスプラントの育て方・栽培方法!水やり・温度など管理のコツは?

アイスプラントの育て方・栽培方法!水やり・温度など管理のコツは?

アイスプラントという植物を知っていますか?栄養満点で成人病予防の効果も期待できる魅力的な野菜です。サラダや天ぷらなど、おいしい食べ方がたくさんあります。そんなアイスプラントの種まきから肥料の与え方までの栽培方法や、温度管理のしやすい栽培時期などをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.アイスプラントとは
  2. 2.アイスプラントの育て方
  3. 3.アイスプラントの栽培方法
  4. 4.アイスプラントの管理のコツ
  5. 5.アイスプラントの食べ方
  6. 6.アイスプラントの花の画像
  7. 7.まとめ

アイスプラントとは

アイスプラントという植物を知っていますか?葉の上に雪がかかっているような見た目をしていて、白色やピンク色の花を咲かせる野菜です。栄養満点で、有効成分が豊富に含まれていることから、アイスプラントは成人病予防にも効果的といわれています。そんなアイスプラントの、種まきから肥料までの育て方や、サラダや天ぷらなどのおいしい食べ方をご紹介します。

アイスプラントの基本情報

科名 ハマミズナ科
属名 メセンブリアンテマ属
別名 ソルティーナ、シオーナ
原産地 南アフリカ、ヨーロッパ、西アジア
耐寒性 強い
耐暑性 普通

アイスプラントの特徴

アイスプラントは表面に雪が積もっているような、不思議な見た目をしています。この雪のように見えている部分は「ブラッダー細胞」と呼ばれ、塩類を隔離する役割をもつ細胞です。そのため、アイスプラントはサラダなど生での食べ方をすると、ほのかな塩の味がする野菜です。

アイスプラントに含まれる有効成分

アイスプラントには有効成分がたくさん含まれています。サラダなどの食べ方をすると、成人病予防に効果的とされているだけでなく、生活習慣病や抗老化作用も期待できる野菜です。アイスプラントの有効成分と効用をご紹介します。

抗脂肪肝ビタミン

フリー写真素材ぱくたそ

アイスプラントは抗脂肪肝ビタミンと呼ばれる「イノシトール類」が多く含まれており、生活習慣病予防や成人病予防など、さまざまな効果が期待できます。また、血糖値を低下させたり、老化予防ができたりと注目されている野菜です。

ミネラル

Photo byPhotoMIX-Company

アイスプラントはミネラルも多く含んでいます。ミネラルは、6大栄養素の1つで、カルシウムやマグネシウムのように、わたしたちの体に必要な栄養素です。ミネラルは、新陳代謝を高める効果も期待できます。

βカロテン

フリー写真素材ぱくたそ

アイスプラントに含まれるβカロテンは、レタスの約3倍以上も含まれているといわれています。βカロテンは、抗発がん作用がある有効成分です。他にも、髪や皮膚の健康維持など、アンチエイジングの作用も期待できます。

アイスプラントの名前の由来

Photo byArtTower

アイスプラントは日本語にすると「氷の植物」という意味になります。見た目が、雪が積もり凍っている植物のように見えることから、アイスプラントという名前がついた野菜です。また、凍っているように見える「ブラッダー細胞」という部分に塩を含んでいることから、別名「ソルティーナ」や「シオーナ」という塩を連想させる名前でも呼ばれています。

アイスプラントの花言葉

アイスプラントには「あなたの容姿はわたしを凍らせる」「冷淡」という花言葉がついています。氷の植物といわれる通り、氷にちなんだ花言葉がぴったりですね。雪が積もっているように見える部分が、鳥肌を立てている様子に似ていることからついた花言葉ともいわれています。

ボタニ子

ボタニ子

次のページでは、育て方について紹介するよ!

関連記事

Article Ranking